FC2ブログ

「とおりいっぺんの色ではないからこそ人生」人工ボディ技師・福島有佳子

本日もお越しいただき
ありがとうございます




11月26日放送の
NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」を見ました




密着取材の相手は
先天的な障害や
事故や病気で失った
体の一部を補う
シリコン製のボディパーツを
制作する
人工ボディ技師
福島有佳子さんです
lif14102116170020-p1_convert_20181129173136.jpg
出典:oreno-trend.biz




当代一と
世界的にも名高い
福島さんの
人工ボディは
単にリアルなだけのものとは
一線を画します





リアルなだけのものであれば
芸術家にだって
ひいては
機械にだって
作れてしまうわけですが

福島さんのそれは
福島さんの手による
完全フルオーダーでありながら

イエス
釈迦(ブッダ)
対機説法(対話術)
彷彿とさせるような
徹底された
カウンセリングのもとに
機能性や
装着感を含めた
個人個人に
限りなく適合するものを
妥協なく
目指しているため
まるで
魂が宿ったかのような
その人のための
その人だけの
人工ボディが
生み出されることになります

body_image-300x200.jpg
出典:atsumorikouwaka.com





「その人の体を
作っているんです
その人の体を
作りたいんです」

という言葉は
メタファー(隠喩)ではなく
本気で福島さんは
そう思ってるんですね




決して長くはない
制限時間の中で
緻密に
丁寧に
相談者の日常や
ひとつひとつの動作
人生観までをも
探り出していく
福島さんは

「どんな会話の中にも
無駄が何もないんですよ
お客様から聞く話って
その人が何を感じて
どう思って生きているかなんて
全然わからないので
だからその人の生活とか動きとか
そういったすべてが
いるんですよ」

そう語ります





この
ホリスティック(全体性)なビジョンは
今月前半に放送された
「誰ひとり、見捨てない」小児神経科医・友田明美
の記事における
友田医師を
思い起こさせますね




アースフルネス的に
「無駄は何もない」の視点を
ひるがえしたなら
「無駄なものしかない」
そこには
同居しているのですが




無駄の集積は
この「2」の世界においては
見る人の目的や
主観者のビジョンによっては
福島さんのように
「宝の集積」にもなりえて






「想いを
形にしたいと思ってる
お客さんの中に
言わない何かがあるんですよ
何かがあるの

こう思っている
ああ思っているとか
つらい思いとか別としても
自分では気づいていない
思ってないかもしれない部分でも
何かが絶対に
経験上にあるような気がして
それを探すの」

と語る
福島さんは




一見すると
無駄でしかない
相談者の人生の
あらゆる集積の中から
その人が
ウソいつわりなく
笑顔になれる

ただそのための手がかりを
探ろうと
日々足掻くんですね





21歳のとき
人工ボディ技師としての
スタートを切ったものの
入った会社の
技術者は
福島さん一人

制作マニュアルなど
いっさい用意されることなく
制作に関するすべてを
自分でどうにかするよう
指令をくだした社長は
その2年後
借金を残して失踪

「障害者を食い物にした詐欺だ」
詰め寄られ
社員が次々と
辞めていくなか
最後に残ったのが
福島さん
ただ一人だったわけですが──

それでも
逃げ出すことなく
踏みとどまった
あきれるほどの
福島さんの底力には
ただただ
敬服するしかありません




そこから
顧客ひとりひとりに
手紙を書き
技術と物とで
代償を支払うことを
決断した福島さんは
振り返ることも
ためらわれるほどの
屈辱を
浴びせられながら
無我夢中で
顧客と
人工ボディとに
食らいつくように
向き合い続けたというんですね




そして
3年が過ぎたころに
ようやく
感謝の言葉が
届くまでの技術を
獲得することになり
28歳の時に
大手の技師装具会社に
迎えられ
現在の工房があります




ぼくはそんな
福島さんの
一人の人生の
あらゆるすべてに
寄り添うような
独自の塗装工程の
その流儀に
人生のうまみのようなものを
見ずにはいられません




「確かにキレイじゃないんですよ
私の作るものは
ムラも多いし
いろんなムラが入って
ひとつの皮になっているイメージなので
とおり一遍の色に
しないようにしている
だからこそ
生きてみえるようになるのかなあと
思ってる」





ぼくらの人生も
まったくおんなじです




とおり一遍の
色ばかりではない
喜怒哀楽
悲喜こもごもが
あるからこそ
人生は
「生きてみえる」に
違いありません





今日も
ありがとうございました





人気ブログランキング

「結果」のみで人を断罪することなかれ~脚本家・坂元裕二~

本日もお越しいただき
ありがとうございます




11月12日放送の
NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」を見ました




密着取材の相手は
ぼくの世代以上では
知らぬ人はいないだろう
大ヒットドラマ
「東京ラブストーリー」の脚本を
23歳で手掛け
時代の寵児となったものの
様々な葛藤から
引退し
長い年月を経て
「MOTHER」
「それでも、生きてゆく」
「最高の離婚」
「カルテット」
などの
人間が持つ
深い闇と
その闇を
ほのかに照らすような
あたたかい
ともしびを描いた
名作テレビドラマを
世に送り出した
脚本家の
坂元裕二さんです
10071243_784227_convert_20181116151148.png
出典:www.orangenews.hk





自称
天才派ではなく
努力派でもなく
あがき派
忍耐派
だと語る
坂元さんは

「オレは違うところに行きたいんだ…とか
探している…とか
別の場所へ…とか
かっこいいこと言ってる人って
見えていない人だと思う」

「集大成とか言われたらもうダメなの
それは自分の未知なる泉が枯れちゃってるから
汲んである泉で作ってるから
集大成とか言われちゃうんです」


などなど
本質の
さらにその中心点を
射抜くような
鋭利なまなざし

今回記事にしていくために
書き留めた言葉
すべてあれば
ほかに何もいらないんじゃないかと
思えるほどの
脚本家を志す人間の
核となり
こころえとなりえる
厳しくも
深くにささる
確かな至言ばかりでしたね




「スキです」
という言葉に
好きという気持ちが
宿るのではなく
その言葉の
周囲を取り巻く
鋳型となるものを描いてこそ
物語に
本物の「スキです」が宿るし
それこそが
脚本だ
というお話は
小説家を目指してたころに
教えてほしかったなあと
苦笑いしてしまった
これまた重要な本質ですね

とはいえ
その頃の自分だったら
坂元さんが語ったことの
大切さを
とらえられなかったに
ちがいありません





病的なまでに
ストイックに
自分にウソをつくことを
避ける
坂元さんに
「フィクションなのに
うそをつかないとは
どういう意味か?」

という質問を
ディレクターが
投げかけるのですが
それを受けて




お話の都合や
作者の都合で
作られた物語では
作者の物語になってしまう

ぼくの物語ではなく
この人たち(登場人物たち)の
物語であり
どんなに面白いストーリーよりも
本当にその人たちが
生きているように見える
そんな物語を作りたい

といった返答をしたり




社会ありきで
人物を書くのではなく
人物や
その繋がりを
探求することで
社会や世の中が
自然と
立ち上がってくる

といった言葉や




「多数派か少数派かっていったら
少数派のために書きたい
10元気な人が
100元気になるための作品は
たぶんたくさんあるけど
僕はマイナスにいる人が
せめてゼロになる
-5が-3ぐらいになる
という作品を目指してる」

という言葉に
坂元さんの
ゆるぎない人間賛歌
見るような
そんな気がしてなりません





坂元さんは
自動車の
整備工場を営む
両親のもとで
三人兄弟の長男として
育ちました




年の離れた
弟に対し
どう接していいのかわからず
弟が自分を慕い
追いかけてくるのを
わかっていて
逃げてしまった
そのとき
弟が車に撥ねられた
その光景を
今でも忘れることができず
弟ともう一回
やり直したいという
後悔の念を
ずっと抱えてきたと
そう語ります




23歳で
トレンディドラマの
名手と呼ばれ
数字さえ出せば
それでいいと
もてはやされる現状に
ひたすらに
嫌悪感を抱いていた
坂元さんは




27歳で
テレビ業界を去り
新たな試みとして
映画監督に挑んでは
挫折し
小説家に挑んでは
挫折し
生活のために
再び
テレビの現場に
戻ったものの
自分の書きたいものや
方向性が
定まらぬまま
35歳のときに
「娘が誕生する」
という
転機を迎えます





共働きで
一人での子育てに
追われる坂元さんは
「子供が生まれるまでは
自分は作家なんだから
遊ぶことが大事なんだとか
友達と酒飲んだり
刺激を受けたりすることが
作家としての生き方なんだと
思っていた」
ものの
それが
間違いであり
「日常」にこそ
本当に大事なことが
潜んでいることに
育児をとおして
気づいた

そう語ります




その経験を活かして
書き上げられた
43歳のときに
発表された作品
「MOTHER」では
娘を虐待する
母親が
描かれるのですが
放送当初は
虐待する母親に対し
罵倒の声が
多く寄せられた
といいます




ですが
坂元さんは
「それはちがう」
断定します

ここからの言葉は
ぼくが
このブログ
「アースフルネスライフを生きる」をとおして
お伝えしてきた言葉

そのものでした






「虐待という事実は
当然否定すべきことだけど
何も知らずに簡単に
あの母親を否定することはできない
結果だけ見て
手を出したひどい女だ
ひどい母親だって断罪することは
ぼくにはできなかった」








ドラマは
反響を呼び
生きづらさを抱える
多くの視聴者から
「他人事とは思えなかった」
「救われた」

といった声が
寄せられたといいます



こうして
坂元さんは
ようやく
「脚本を書く理由」という
暗闇のなかの
ともしびを
見つけ出し
そのともしびを頼りに
歩むべき道を
歩き始めました




というのも
束の間
テレビドラマの脚本に
「泉の枯渇」を
感じ始めた
坂元さんは
新たな挑戦として
舞台の脚本へと
歩み始め
未知の泉を
汲み始めることができた
坂元さんは
ちょっとだけ
うれしそうでした






今日も
ありがとうございました





人気ブログランキング

「誰ひとり、見捨てない」小児神経科医・友田明美

本日もお越しいただき
ありがとうございます



11月5日放送の
NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」を見ました。



密着取材の相手は
児童相談所への相談件数が
過去最多の13万件を
記録する昨今にあって
ADHD自閉症
虐待などで負った
子供のこころの傷を
診続けてきた
小児神経科医
友田明美さんです
d18219-123-348441-0.jpg
出典:prtimes.jp





友田さんは
虐待が
脳に与える影響

世界で初めて実証し
研究の分野でも
最先端を行くそうなのですが

親のDVや
親同士のケンカ
マルトリートメントによる
自己防衛反応として
脳の聴覚野や視覚野が
受けるダメージ(受ける感覚)を
軽減させるため
委縮することがあり
なおかつそれは
回復させることができる

ということを発見した
第一人者でもあるようです




友田さんが
研究の一環として
力を入れているものに
親の子育て教室
「ペアレント・トレーニング」
というものがあります

このトレーニングのなかには
ここでもまた
アースフルネスの
生みの片親(もう片親はグーグルアースですね)
「マインドフルネス」

組み込まれていたんですね




友田さんは
子供だけを診るのではなく
子供の親や
家族全体を通して
問題の原因を
探りながら
家族全体の
風通しをよくすることを
大事にする
ことを
理念として
掲げているのですが
このこともまた
一昨日の記事
友資流★歯のメンテナンスと病のホリスティック性
ホリスティック性にも
通ずるところがあります




友田さんが
すべての親子に
伝えたい信念として
次のような言葉がありました




「人間は
失敗しない生き物じゃないですよね
人生の中で
いっぱいトライアル&エラー(試行錯誤)して
そして子供も大人も
成長していくんじゃないですか
私もいっぱい失敗してきたし
最初から完璧な親はいません
赤ちゃんがオギャーと産まれて
0歳になったときに親も0歳
赤ちゃんが育ってよちよち歩きになる
3~4歳の頃に
やっと親も3~4歳の経験になる
人生はライフサイクル
一回しか味わえない
その中で出会えた我が子ですよ
その我が子と貴重な機会を
子育ての機会を
エンジョイしていただきたい
もうそれだけですね」




この
人間賛歌的な
親子論の中で
特にぼくが
アースフルネスイズムを
感じた言葉が
「0歳になったときに親も0歳
赤ちゃんが育ってよちよち歩きになる
3~4歳の頃に
やっと親も3~4歳の経験になる」

という部分でした
この考え方は
自分の見方や
常識に縛られず
常に
あるがままを見ようと
こころがける
マインドフルネス的姿勢を
意味します




終盤には
昨日の記事
なりたい自分は「手段」前進することが「目的」 映画イコライザー
象徴となったワード
「前進」だったり
「誰ひとり、見捨てない」
「関わったら、もう身内ですよ」

といった
そんな
ヒーロー映画の主人公しか
言わないような台詞を
言えちゃう人が
リアルにいるんだ(゚д゚)

という
利他的熱量であふれる
友田さんの姿を
見ることができました




友田さんに比べたら
微力も微力ですが
有料メルマガを
始めた暁には
今よりももう少し
読者の方や
人生に行き詰まっている方に
歩み寄れるような場所を
作ってみたいなと
ぼくのなかに
そんな
前向きな余韻が残された
貴重な放送でした




今日も
ありがとうございました





人気ブログランキング

「私は行為者ではない」歌舞伎俳優・市川海老蔵

本日もお越しいただき
ありがとうございます




10月29日放送の
NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」
見たのですが
まさかの
昨日の記事
ロックバンド「RADWIMPS」に見る
「人間賛歌」と「諸法無我」とアースフルネス
との
シンクロがあり
自分でも
「そう来たか」と
少しだけ驚いております




密着取材の相手は
歌舞伎俳優の
市川海老蔵さんです

勝ち気で
センセーショナルな印象の
世間的なイメージとは
まったく違う

繊細
かつ
孤独で
成熟された精神性が
垣間見れる
そんな
一時間でした
301128ebizo02-thumb-2229x3138-3112_convert_20181101002355.jpg
出典:mj-hall.jp





ぼくにとって
海老蔵さんで
思い出されるのが
数々の女性と
浮き名を流していた
10年以上前の頃の
海老蔵さんです




その頃のぼくは
映画俳優になるべく
養成学校や
ワークショップに
足を運んだり
たくさんの
エキストラの仕事を
こなしていましたが




その頃のぼくが
大ファンだったのが
元グラビアアイドルで
女優でもあり
現在は
一児の母でもある
佐藤江梨子(通称サトエリ)さんでした
1423252915-925995_2.jpg
出典:www.knockoutinc.net





新世紀エヴァンゲリオンの
庵野秀明監督

メガホンをとり
佐藤さんが
主役を演じた
映画「キューティーハニー」
舞台挨拶にまで
駆け付けたものです




そんな佐藤さんと
いつだったか
TVドラマのお仕事で
ご一緒することになり
パーティーシーンの
撮影で
大きなテーブルには
豪華な料理が
所狭しと
並べられていたのですが




佐藤さんが
ひとりたたずむ
エキストラのぼくのほうに
歩み寄ってきた
次の瞬間
「美味しそうですね
こっそり
食べちゃいましょっか」


いたずらっぽく
笑ってくださったんですね




当時は
まさに
天にも
舞い上がりかねない
心境でした笑




そして
疑似恋愛気分のまま
眠りについたぼくを
次の日の朝
待ち受けていた
ニュース速報が
海老蔵さんとの
まさかの
交際スキャンダル

だったのです




ハンカチを
噛む
とは
まさに
あのときのことですね笑




あれから
現在に至るまで
海老蔵さんには
ぼくが語るまでもなく
数々の順境と
数々の試練
とが
待ち受けていました




おそらく
それらは
海老蔵さんを
精神性の深みへと
いざなう
筆舌しがたい
体験だったに
ちがいありません




家族の宿命や
歌舞伎の歴史や
世間の注目や
身勝手なゴシップを
一身に背負ってきた

そんな
人間だからこそ
語りえるような
深い視座を
ぼくは
番組中の
海老蔵さんの
次の言葉に
垣間見ました




「残すのであるならば
名誉的なものでもなく
建物を残すとか
何か事業を
成し遂げたとか
そういうことではなくて
人を残すということが
一番重要なことだと
思いますね」





この言葉には
物質的な価値を
意味しないことは
もとより
跡継ぎである
5歳の長男、勸玄くんに
持てるすべてを
伝授するという
それ以上の
広くて深い
豊かな視座

垣間見えます



続けて
海老蔵さんは
こう言います




「今
私がやっていることは
私がやっている
かのようですが
父や
先祖たちが
行った行為が
そのまま私に
なっているんだと
思うんですね」




この言葉には
「1」の世界
片鱗が
秘められています




私が行為していることは
私が行為している
かのように見えて
実は違う
行為はあっても
行為者は
私ではない





これは
昨日の記事で
ご紹介した
RADWIMPSの名曲
「やどかり」
同様

「縁起」の
三つの骨子

ぼくが考える
三法印(仏教用語)
そのひとつ
「諸法無我(しょほうむが)」の世界観
そのものです




海老蔵さんもまた
数日前の記事
「授かりもの」だけしかない世界だよ
授かりものの
因果の中で
自らの行為が
起こされている
ことを
人知れぬ
深みと
重圧の中で
見い出したのかもしれませんね




今日も
ありがとうございました





人気ブログランキング

「内的行動」と「外的行動」が現実を変える バシャールとバレーボール全日本女子監督・中田久美

本日もお越しいただき
ありがとうございます

昨日は
動画撮影のための
ビデオカメラを検索してみたのですが
最低限のスペックを
備えた商品が
海外製ではありますが
いまは
5000円くらいで買えるんですね(;゜0゜)
いいのかわるいのか…
ちょっとおどろきました





10月15日放送の
NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」
見たのですが
密着取材の相手は
世界バレーで
激闘を繰り広げたことで
記憶に新しい
バレーボール全日本女子監督
中田久美
さんです
無題_convert_20181022121650
出典:www.sports-biz.co.jp



練習前に
選手が
体育館に入ってくる
その表情や
何気ない動作までをも
逃さず
観察眼を光らせ




選手にも
自らにも
言い訳を許さず
やらされてやることを
許さず
教科書どおりを
許さず

「こころなんて
折れてなんぼ」



火中の栗を
拾い続けるがごとく
能動的に
自らに問いかけ続けること

その一点のみを
求め続ける
クラクラするほどの
ストイシズムは




「意識(内)が
現実(外)を形作る」
という
スピリチュアル的な世界観に
真っ向から反して

「行動(能動性)こそが
意識(内的世界)も
現実(外的世界)も形作る」
とでも
言い放つような
力強さがあります




つくづく
この番組は
男前な女性が好きですね笑




こんなときに
思い出されたのが
チャネラーである
ダリル・アンカさんに
憑依し
地球外生命体であることを
公表しているという
バシャールの言葉でした
Bashar1_spacebg_convert_20181022122307.jpg
出典:www.bashar.org/


※( )の言葉は
前の文章がなくても
わかるように
ぼくが勝手に追加しました





映し出されるもの(外)が変わるためには
自分自身(内)が変わらなくてはならないのです。
物質的な現実も同じ仕組です。
物質的な現実は(内が)投影されたものであり
(自身を映した)鏡の部屋なのです。
外の現実に投影されるものが
変わって欲しければ、
それがどんなものであれ、
あなたの内なる現実、
あなたの意識、
あなたのヴァイブレーション、
あなたのあり方を変えることから
始めなくてはならないのです。





ぼくは
この言葉には
加筆と修正が必要
ではないかなと
思ってるんですね




なぜなら
この言い方だと
内的意識のあり方さえ
変えていければ
自分の願望や
実現したい欲求という
外的現実もまた
連動して
オートマチックに
勝手に変化するのだと
言ってるのと
同じになってしまう
からです




自分は何も
外的行動をせずとも
内的行動を
続けてさえいれば
意識する願望が
現実となって
立ち現れてくる


こんな都合がいい話が
あるのなら
中田監督や
選手たちもまた
自己実現のための
反復練習などまったくせず
ぬくい布団の中で
世界バレーの優勝を
意識し続けたことでしょう

昨日の記事
ボランティア尾畑春夫さんの
「利他的精神」に見るアースフルネス

尾畑春夫さんもまた
被災地に向かうことなく
自宅でゴロゴロしながら
被災地がオートマチックに
復興されていく様を
毎日毎日
意識し続けたことでしょう




「2」の世界においては
確かに
「内」と「外」は
疑いの余地なく
存在しております


けれども
アースフルに
「1」の世界のビジョン
拝借するなら
実は
「内」と「外」とは
きれいさっぱり
消失してしまう
んですね




それもそのはず
ぼくたち人間が
「内」と呼ぶ
意識やこころと
「外」と呼ぶ
物質世界は
「目に見えるもの」か
「見えないものか」の
違いがあるだけで
境目なんて
どこにもなく

ぼくらは
「内」にこそ「外」を見て
「外」にこそ「内」を見る
生きもの
だからです




なので
僭越ながら
友資として
バシャールの言葉を
加筆修正させていただくなら
こんなふうになります



映し出されるもの(外であり内)が
変わるためには
自分自身(内であり外)が
変わらなくてはならないのです
物質的な現実も同じ仕組です
物質的な現実は(自身が)投影されたものであり
(自身を映した)鏡の部屋なのです
外の現実に投影されるものが
変わって欲しければ
それがどんなものであれ
あなたの内なる現実と
あなたの外なる現実とを
あなたの内的行動と
あなたの外的行動とを
両方同時に変えることから
始めなくてはならないのです






バシャールさん
生意気言ってすみませんでした!
もしよければ
いつかぼくとも対談してください

今日も
ありがとうございました





人気ブログランキング

ランキングに参加しております。

プロフィール

 友資

このブログの筆者: 友資


初めて訪問された方は、
  vol.1「アースフルネス」ってなに?前編の動画を見ていただくか、


初投稿記事
  「アースフルネス」とは?前編
をクリックいただけましたら幸いです。

以下の
アースフルネス「7」ビジョンについての解説は、
哲学やスピリチュアルに馴染のない方は
難しく感じるかもしれません。
それぞれの世界の動画解説もあるので
まずは動画をみていただくことを
お勧めします。

  「2」の世界(天秤世界&父性世界)についての解説
  「1」の世界(縁起世界&母性世界への扉)についての解説 前編  後編
  「0」の世界(悟り世界&母性世界)についての解説 前編  後編

いずれもこのブログの
骨格を成す記事で、
このブログだけの「公理(ものさし)」でもあります。

カテゴリ

入力した語句が含まれる記事を探せます。

直接に伝えたい用件がある方はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッターもやってます。

アースフルネス「7」ビジョン

画像をクリックすると拡大します
ここをクリック

QRコード

QR