FC2ブログ

「夢をもったことがない人」の強さ ブランドプロデューサー・柴田陽子

本日もお越しいただき
ありがとうございます


9月10日放送の
NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」を見ました

密着取材の相手は
ブランドプロデューサーという
いち企業の
ブランド力や
企業が持っている
潜在能力を
可能な限り引き出す
そんな手助けをする
柴田陽子事務所代表
柴田陽子さんです
0_convert_20180914002150.jpg
出典:news.merumo.ne.jp





ぼくには
コンサルタント
ブランドプロデューサー
その違いが
よくわからなかったのですが

どうやら
コンサルタントは
「受動的なポジション」
からの
アドバイス


ブランドプロデューサーは
「能動的なポジション」
からの
アドバイス

という具合に
分けることが
できるようです




それにしても
これほどまでに
人としての
総合力を
要求される仕事は
他になかなか
ないかもしれません





企業が求める
課題の
その本質

世相を
読み解く力

ビジネス別の
トレンドやノウハウ

ビジネス別に
対応した
隅々まで
目が行き届く
お客目線

徹底した
リサーチ力

これらをもとに
企業を
ブランディングするために
必要な要素を
その全体から
細部に至るまでを
見極める
視野の広さ

加えて
企業を
時代の顔にするための
「キャッチー」な
センスや感性

代表取締役としての
統率力や
決断力



こんな仕事は
よほどの
アースフルな
多角的ビジョンと
ストイックさとを
内在している方でなければ
到底
勤まりそうもありません




漠然と
専業主婦という
展望しかなかった
そんな柴田さんが
どうして
そんな人に
なれたのでしょうか




ぼくは
そんな柴田さんの
総合力の
秘密を

今までに一度も
「夢を持ったことがない」

という言葉と
「道の真ん中を、歩け」
という言葉に
垣間見ました




役員秘書時代
柴田さんは
どうすれば
かかわる人
かかわる人が
気持ちよく
仕事ができるか
喜んでくれるか
気が利いてるか

個別の
リストまで作り
考えられる
気遣いの
可能性の
細部に
いたるまで
考え抜くことを
「NOと言わない柴田さん」
という
自負を持って
自らに
課してきた
そうです



「気遣い」とは
ただひたすらに
目の前で起きている
できごとの
利他的
最善を選択する
という意味で
もっともシンプルな
行為でありながら
もっとも困難な
行為でもあります




この
あまりにシンプルな
「気遣い」の
野太い精神を
道の真ん中を
歩くように
つらぬくことで
必然的に
そのために必要な
経験や能力が
手繰り寄せられていった
その結果の
「総合力」
なわけです



「夢」
ときとして
その夢に
到達するために
必要な
いま目の前に
用意された
クリアすべき課題を
見えなくしてしまう
霧のような作用を
人間に
もたらすことが
よくあります

夢はでかいが
実行が
ともなっていない
ビッグマウスに
おちいってしまうんですね
(過去のぼくもまた
ごたぶんにもれずで笑)




二児の
わが子に対しても
「夢を持つことよりも
目の前にあることの
取り組み方の型
みたいなことを
教えたい」

そう語る
柴田さんは
まさに──

本能的に
マインドフルネスと
アースフルネスの
理想形の
直球ど真ん中

歩いていると
言えるわけです




背負う荷物が
少ないからこそ
シンプル
かつ
ストレートに
強く生きれる




そんな
柴田さんを
見習って
自分にできる
最善の道の
ど真ん中を
堂々と
歩いていきたい

そんな
今日この頃です





今日も
ありがとうございました



IMG_20180403_124144_convert_20180916122041.jpg
イエアメガエル(アメちゃん)
おまえは踏まれるから
道の真ん中歩いちゃダメだぞ





人気ブログランキング

「貸してやるのではなく使っていただく」 信用組合理事長/山本明弘さんに見るアースフルネス

本日もお越しいただき
ありがとうございます


9月3日放送の
NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」を見ました

密着取材の相手は
広島を拠点に
金融のエキスパートとして
全国の金融関係者からも
注目を浴びているという
信用組合理事長の
山本明弘
さんです
bbd3fd8296301a3283987ce75a8e047f_convert_20180907203922.png
出典:check-it-yumeijin.com




いやあ
久方ぶりに
こんなに熱い人を
見かけたなあ
というくらい
パッションの塊のような
圧倒的な方でした




「表面うわっつらだけじゃなく
腰の入った支援をせにゃ
つまらん
それが地域金融機関の
使命じゃろ」

なんていう
パンチラインは
ぼくの
金融マンに対する
勝手なイメージや
先入観を
一撃で
ぶち抜きましたね




通常の
金融機関であれば
避けて通るような
赤字の中小企業や
零細企業
にまで
支援をしながら
15期連続の
増益
とは
金融業界においては
驚異的なことのようです




ですが
そんな山本さんにも
アースフルなビジョンに
欠けていた
若き日がありました




業績をあげることのみに
フォーカスをしぼり
商魂に燃えた
その頃は
相次ぐ融資先が
夜逃げしたと言います




「金」
だけを見て
肝心の
「人」を
見れていなかった

わけです




その頃の自分を
山本さんは
こんなふうに
思い返します

「ちょっと
一歩二歩
下がって
世の中を見る
お客さんを見る
そういう余裕というのが
なかったなあ」




その経験を経た
山本さんは
企業との向き合い方を
変えました

融資の相談が
なくとも
足しげく
企業を見て回り
現場の人々に
寄りそい
耳を傾けるという
そんな地道な積み重ねを
来る日も来る日も
くりかえしました


すると──



会社にとって
不利な情報までをも
現場の人々が
話してくれるようになった

そういうんですね



そうして
うわべではない
生身のその人と
向き合っていく
手ごたえをえた
山本さんは
融資の
適切な
タイミングや
サポートの仕方を
より
つまびらかに
見極めることが
できるようになったと
語ります





このようにして
「表面(資金不足)」だけに
とどまらない
その「裏側」にある
働く人々の
本音や
企業の
現状や
世の中の
経済情勢の変化

といった

全体(地球視点)と
現場(地上視点)とを
柔軟に行き来する
アースフルなビジョンを
信念でもって
獲得し
中小零細の
最後の砦として
走り続けてきた
山本さんが
語る
次の言葉が
今回の記事の
きっかけとなりました




「貸してやるのではなく
使っていただく」






この言葉は
表面だけを
切り取ったなら
「なんて
謙虚な人なんだろう
もっと
偉そうにしてもいい
立場の人なのに」


終わる話です



ですが
グーグルアースのごとく
視点を
高い地点に
羽ばたかせたなら──

実は
山本さんは
「与える存在」
であるのと同時に
「与えてもらっている存在」
でもある
ことが
見えてきます

(融資に対する利息
という意味ではありません)




そうです
山本さんは
中小零細の
困っている立場の人が
あってこそ
先日の記事
「ちょうどいいブス」山崎ケイさんに学ぶアースフルネス
山崎ケイさんのごとく
「自分のMAXを
叩き出すことが
できる」

充足した日々を
享受できている
わけです




おそらくは
山本さんは
そのことを
自らの
血として
肉として
体感されています

でなければ
「使っていただく」
という言葉が
山本さんの年齢や
その立場から
現出することは
どう足掻いても
あるはずもないこと
なのです





今日も
ありがとうございました





IMG_20180606_162633_convert_20180908115210.jpg
私の背中を使ってくださいな







人気ブログランキング

「昆虫」にこころはあるのか? 「昆虫写真家」栗林慧さんに見るアースフルネス

本日もお越しいただき
ありがとうございます


8月27日放送の
NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」を見ました

密着取材の相手は
79歳の昆虫少年こと
昆虫写真家
栗林慧さんです
img_2_convert_20180902121415.jpg
出典:blog.reira-sports.com

ぼくと同じ
チョッパー乗り(しかも三輪)で
昆虫好き
ということで
それだけでもう
強烈なシンパシーを
感じざるをえないのですが





人生の岐路において
いつも自分を救ってくれたものは
「昆虫」だった

そう語る栗林さんの
昆虫写真を
ぼくはテレビで初めて
拝見したのですが
もう
すっかり魅了されましたね




昆虫たちが
まるで何かをこちらに
訴えかけているような
生き生きとした
姿と
自然との融和に
思わず見入ってしまう
力強くも
どこかあたたかい
昆虫たちが
愛おしくなる写真ばかりです

001_convert_20180902150025.jpg
出典:www.iepa.jp

d3be278ddaf79105374dfe1024a8c80d_convert_20180902150238.jpg
出典:blog.penguin-aqua.jp


30_convert_20180902150836.jpg
出典:ambition-photogallery.com





栗林さんは
写真家としての
スランプのとき

女王アリ
産み落とした
ひとつひとつの卵を
ていねいに
慈しむように
舐めて掃除し
カビが生えないようにする
その様子を見て

生まれたばかりの
子牛
の全身を
母牛
慈しむように
舐めてやる様子と
リンクし
自分が伝えるべきは
こういう写真だという
使命を直感し
復活を遂げたと
そう語ります




昆虫にも
「母性」があり
こころがある
としか
思えないと
栗林さんは
感じているわけです




見る人によっては
気持ちわるいだけの
単なる「虫けら」でしかない
昆虫たちですが

栗林さんにとって
昆虫は
「古い友人」だと
そう言うんですね




つまり
「虫けら」と見る人にとって
昆虫は
こころを持たない
存在
となり

栗林さんにとって
昆虫は
こころを宿した
存在
ということに
なるのですが



いったい
どちらが
正しいことを
述べているのでしょうか




このことは
アースフルに
ズームアウトして
読み解くなら
「どちらも正しい」
言うことができるし
「どちらも正しくない」とも
言うこともできます




なぜなら
初投稿記事
「アースフルネス」とは? 前編
でぼくが書いたとおり




どんなに科学が
進歩しようとも
マインドフルネスの
極のビジョンで
あるがままの限界点を
フォーカスできたとしても

ぼくら人間が
虫の体に入れ替わって
虫として生きることはできないし
昆虫も昆虫で
ぼくら人間の体に
入れ替わって
人間として生きることは
できない以上




昆虫のこころは
昆虫の中にあるのではなく
いつだって
「昆虫にもこころはあると
信じるその人の中にだけ
昆虫のこころは
存在することになる」

というわけです




でもぼくは
それでいいじゃない!って
思うんです

こころはあるよって
見た方が
楽しく生きれる人は
そうしない理由は
ほかにありません





そのことによって
栗林さんのように
昆虫に対して
優しくなれるなら
自然に対して
優しくなれるなら

ひいては──
人に対しても
優しくなれるなら
それに勝るものなんて
どこにもないはず




今日も
ありがとうございました





IMG_20180801_173720_convert_20180902170012.jpg
フトアゴヒゲトカゲ(たまきちゃん)
ヒョウモントカゲモドキ(しびっと)

そんな昆虫たち(生餌)の
恩恵を授かって
こいつらは生きてます






人気ブログランキング

「遺品整理士」横尾将臣に見るアースフルネス

本日もお越しいただき
ありがとうございます


7月23日放送の
NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」を見ました

密着取材の相手は
遺品整理士の
横尾将臣さんです
86ffe9b63b5a5ceae2ea8869877a156b_convert_20180815140457.jpg
出典:blog.goo.ne.jp





核家族化の流れと
比例するように
孤独死の数が
加速していく
現代社会にあって

遺族の依頼を受け
亡きその人が暮らした家の
遺品の数々を整理する
遺品整理士というお仕事が
注目されているようなのですが




遺品整理士として
大阪に拠点を置く
横尾さんは
遺品を整理していくのと
同時に
「遺族の心」をも
整理していくといいます





アースフルなビジョンで
抽象度を上げるなら
(ズームアウトするなら)
そもそも
物質的なものと
非物質的なもの(こころ)とは
二輪車が
片輪だけでは
走れないのと同様に
切り離そうにも
切り離せない
命ある限りの並走者であり
運命共同体です





自分の部屋だったり
自分の持ち場を
掃除すると
なぜだか
スッキリした気持ちになるのは
しごく当然の結果
なんですね





部屋の中が
ごちゃごちゃしてるほうが
むしろ居心地がいい
そんなタイプの人は
その状態がむしろ
(こころが)整理された状態で
勝手に掃除されたりすると
むしろ落ち着かなくなる
ともいいます




みなさんの
肉体のみならず
みなさんの
周囲を取り巻く物質もまた
みなさんのこころに
影響を与えている
というわけです




けれどもここで
疑問がわきますよね

「じゃあ
どこまでの範囲の物質が
自分のこころと
繋がってるの?」
って




実はここには
明確な境界線が
まったくない
んですね





まあるい地球が
小さく見えるところまで
おおきくおおきく
ズームアウトしたなら──

この宇宙の
すべての物質が
みなさん一人一人の
こころと
並走していることが
どうしたって
見えてきちゃうという
驚愕の事実




いつなんどきでも
想像力が
未知なる宇宙空間に
ひとっとびできることが
そのことを
証明してくれています





ふと
映画「AKIRA(1988年公開)」にて
「宇宙そのもの」になった
主人公の親友「鉄雄」が
「ぼくは… 鉄雄」
問わず語りをするラストが
思い出されました
b3e135481427ce7db56c6003567df2bbf8b11c3d_00_convert_20180815143954.jpg
出典:aminoapps.com




宇宙そのものになった
ラストの映像が
メタファー(比喩的表現)として
宇宙になった一人の人間を
表現するまでもなく──

記事中盤の事情により
そもそもぼくら
ひとりひとりの人間は
ハナッから
「宇宙そのもの」
でしかないのかもしれません






今日も
ありがとうございました




2020年の東京オリンピックを控えた
2019年の東京が舞台という設定の作品です
(くりかえしますが1988年公開の作品です)




人気ブログランキング

「驚き」が世界を変えていく 多田克彦

7月30日放送の
NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」を
見ました。
(7月23日放送の番組に関する
記事の下書きもあるのですが
先にこちらからすみません)

密着取材の相手は
岩手県遠野市の
農業経営者
多田克彦さんです。



img_f49059d4-057e-453a-89bf-9aacb46c5af9_convert_20180805155404.jpg
出典:premium.toyokeizai.net




若かりし頃
牛肉の輸入自由化により
愛情と丹精を込め
育てあげた牛の値段が
8分の1になってしまうという
受け入れがたい逆境を
むしろ力に換え
農協を脱退し
自らの足で
自らの販路を確保していき
道なき道を切り開いていった──





そんな
農業ベンチャーの
先駆け的存在の多田さんは
今もなお
独自の農法や
アプローチ力や
経済リテラシーを武器に
農民の尊厳を守りつつ
地元遠野を愛しつつ
遠野全体の
活性を願って
世界に向けて
発信できる
遠野だからこそできる
新たな食材開発や商品開発
新たな販路開拓に
いそしみます。




そんな型破りな
多田さんが
取材中に言ったひと言が
忘れられません。





「驚きが世界を変えていく」




ぼくもまた
「驚き」
突き動かされてきた人間なので
多田さんが
仰ってることの意味が
よくわかります。




どうやら
「驚き」には
理屈をすっ飛ばして
人間のこころを
躍動させる
エネルギーみたいなものが
秘められているようなんですね。





「驚き」は
人を「行動」へと
躍動させる
「起爆剤」

そんなことを
思うわけです。




そして
ここで
アースフルなビジョンで
もう少しズームアウトしてみるなら
人を心底
驚かせることができる人は
(わ!と大きな声を出すとかじゃないですよ笑)
その前に自らが
心の底からの
「驚き」を体験した人です。

「驚き」の震度の強さは
そのまま
その人の次なる
「驚かせる」の震度の強さに
還元される──





ここでいう「驚き」は
「感動」とか
「魂のふるえ」とか
「人知を超えた何か」
言い換えても
いいかもしれません。





ウソいつわりなく
驚いたことがある人でなければ
人を驚かすことなんて
できるはずもなく
驚いた「そのこと」だからこそ
驚いたその人は
「そのこと」を誰かに伝えたいと
抑制の効かない衝動のまま
「行動」に突き動かされます。






うろ覚えですが
哲学者の池田明子さんが
どうすれば人は
あたり前の日常
あたり前の「自分」という存在について
「(哲学的に)考える」ことができるのか?
という問いに対し
あたり前の日常
あたり前の「自分」という存在
に対する
「驚き」しかない

そんなニュアンスのことを
何かの著書のなかに
書き記していた覚えがあります。




つまり
過去の
名のある哲学者たちも
名もなき哲学者たちも
多くの人が
気にも留めない
特異な部分に
こころの奥深くが
激震するほどに
「驚いた」からこそ
「考える」という「行動」を
衝動のままに
始めていった

というわけですね。





むろん
「驚き」の対象となるものも
受けた「驚き」の震度
人それぞれ
さまざまで
それは哲学に限らず
ありとあらゆる「驚き」は
この世界の
いたるところで
起爆し続けています。





一杯のラーメンに
驚いたその人は
自分もまた
この味かそれ以上の
美味いラーメンを
作れるかもしれないと
行動を始めるかもしれません。

野球選手の
奇跡的なピッチングに
驚いたその人は
自分もまた
この選手かそれ以上の
いいピッチャーに
なれるかもしれないと
行動を始めるかもしれません。

ユーチューバーだって
ダンサーだって
絵描きだって
職人だって
弁護士だって
なんだってそうです。





そんなふうにして
アースフルに
地球における「人類史」を
とらえて見るなら
動物の骨を
道具にできることを発見した(驚いた)
猿が暮らしていた
その頃から──


↓映画「2001年宇宙の旅」より
1204409-2001-a-space-odyssey_convert_20180805171713.jpg
出典:caseycalouette.com



人類史とは
「驚き」の波及と連鎖が
途切れることなく
紡がれてきた結晶だとも
言えるのかもしれません。






無題
雨の日はいつもテンションMAX








人気ブログランキング

アースフルネス「7」ビジョン

画像をクリックすると拡大します
ここをクリック

プロフィール

 友資

このブログの筆者: 友資


初めて訪問された方は、
初投稿記事
  「アースフルネス」とは? 前編
をクリックいただけましたら幸いです。

以下の
アースフルネス「7」ビジョンについての解説は、
哲学やスピリチュアルに馴染のない方は
難しく感じるかもしれません。
わからないところがあれば、遠慮なく質問してください。

  「2」の世界(因果の世界)についての解説
  「1」の世界(縁起の世界)についての解説 前編  後編
  「0」の世界(悟りの世界)についての解説 前編  後編

いずれもこのブログの
骨格を成す記事で、
このブログだけの「公理」でもあります。

ランキングに参加しております。

カテゴリ

入力した語句が含まれる記事を探せます。

ツイッターもやってます。

直接に伝えたい用件がある方はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR