FC2ブログ

ニーチェが歩んだスピノザとの「二人連れの孤独」

哲学に
興味がない方でも
一度は誰でも
耳にする
「神は死んだ」
「永劫回帰」
言葉でお馴染の
フリードリヒ・ニーチェもまた
「スピノザの神」を信じたアインシュタイン
の記事の
アインシュタイン同様
17世紀
オランダの哲学者
スピノザ
共鳴した一人なのですが
Nietzsche187a1_convert_20181127114937.jpg
出典:www.the-philosophy.com



ニーチェは
スピノザ萌えな
自身の想いを
友人のオーヴァーベクへの
手紙の中で
こんなふうに
熱烈に告白しました




僕はすっかりびっくりして
うっとりしているんだ!

僕には先駆者がいるのだ
なんという先駆者だろう!

僕はほとんどスピノザを知らなかった
僕がいま彼をもとめたというのは
ひとつの「本能的な行為」であったのだ

《中略》

むろん相違したところは大いにあるが
それはむしろ時代や文化の
または学術上の相違した点にあるのだ

つまりだね
高い高い山に登ったときのように
ときどき僕の息をつまらせたり
血を流させたりした
僕の孤独が
すくなくともいまは
二人連れの孤独なのだ

──ふしぎだね!




「ニーチェ全集」 書簡集 第1







ぼくは
ひとつは
この手紙の中の

むろん相違したところは大いにあるが
それはむしろ時代や文化の
または学術上の相違した点にあるのだ


という部分に
着目します




ニーチェのこの
時代を超えた
広いまなざしは
とても
「1」の世界的だなあって
思うんですね



どういうことかといいますと
スピノザにしろ
ニーチェにしろ
イエスにしろ
釈迦(ブッダ)にしろ
いかなる先人も
時代や文化の空気
その国のルールや
その地に根付いた
宗教観や人生観が
先にそこにあって

おのおの
その時代や文化に
則した手段や
届けたい対象者に
刺さる表現や構成を
模索しながら

その時代や文化
社会体制や
世間的様相を
かんがみながら
自分がその時点で
保持する
最善の手ふだを
選び出し
言葉や表現を
選んだ
はずだからです





仮に
上記の4人が
2018年の現代を
生きていたなら
その伝達手段は
youtubeだったかもしれませんし
SNSだったかもしれなくて
格式高い
イメージの4人ですが
選ぶ言葉だって
もっと砕けた
拍子抜けするようなもの
だったかもしれませんし
思想哲学も
まったく違ったものに
なっていたかもしれません




みんな
みんな
ケースバイケースで
たとえそれが
利己的なものだろうと
利他的なものだろうと
そのとき
そのときの
その人にとっての
最善と思える
選択の連鎖が
現在にまで
つながってきた
それが
人類史であり

ニーチェが提唱した
「永劫回帰」は
自らの
日々の
選択の連鎖を
全肯定することを
求めます





ただし
自発的な
「超人」としての覚醒と
強靭な自己肯定
とを
求めた
ニーチェに対し

「エチカ」における
スピノザは
自発的であることも
自己肯定も
自己否定も
いっさい
提唱しません





そして
ニーチェの言う
「二人連れの孤独」とは
ただならぬ
思い入れを
禁じえませんが

もはやそれは
春日太一さんが語る 時代劇ブロマンスに見る「愛」の本質
の記事における
椿三十郎(三船敏郎)
宿敵半兵衛(仲代達也)
斬りあいのような
肉体的交わりなき
まぐわい
と言っても
過言ではない
濃密なブロマンスを
思い起こさせます




孤独に
さいなまれ
苦しい思いを
されている方は
ニーチェのように
誰より近くに感じれる
同じ孤独を抱える
誰かと
二人連れの孤独を
歩む
こともまた
ひとつの答えかもしれません





ですが
スピノザの研究者で
大阪大学の
上野修教授
二人の「孤独」には
決定的な違いがある
ことを
こんなふうに述べます
※()はぼくが付け足しました



ニーチェは「神の死」を
引き受けようとして
孤独だったのに対し
スピノザは彼の神とともにいた。

誰の手も煩わせずに
いわば(自分一人で)勝手に
救われていたのである。

上野修著
「スピノザの世界」





晩年
ニーチェが発狂した
その真相は
諸説ありますが
ニーチェは
「スピノザの神(「1」の世界)」の
核心部分
には
共鳴することができず
結局のところ
「一人連れの孤独」
最期のときまで
歩みつづけたのかもしれません





今日も
ありがとうございました





人気ブログランキング

「スピノザの神」を信じたアインシュタイン

本日もお越しいただき
ありがとうございます



昨日の記事
「1」の世界(縁起の世界)の先に
「神」を導き出そうとした哲学者「スピノザ」
では
17世紀オランダの哲学者
スピノザ
取り上げましたが




実は
このスピノザ哲学を
こよなく愛した
著名な物理学者がいます
スピノザと同じ
ユダヤ人である
相対性理論
生みの親
アルベルト・アインシュタインです
43060130_convert_20181120123812.jpg
出典:acfreemasons3821.blog.jp





ユダヤ教の
宗教指導者(ラビ)から
「あなたは神を信じますか?」
質問を受けた
アインシュタインは
「私は
スピノザの神を信じている
それは
この世界の
秩序ある調和の中に
自身があらわされる神であって
人間の運命や
行動にかかわる神ではない」

返答したという
逸話があります




この話を
小耳に挟んだとき
ぞわっと
鳥肌が立ったのを
忘れることができません




なぜなら
相対性理論もまた
「1」の世界的な
発想に基づいた
理論である

ということだけは
数学的な教養がない
ぼくでも
把握できていた
ことだからです



天動説と
地動説にまつわる
人間の思い込み

同様に
それまで
自明の真理であり
常識であり
絶対とされてきた
「時間と空間は
永遠に変わらない」
という
思い込み


グーグルアースのように
より高い地点と
より俯瞰した
全体性から
時間や空間
質量やエネルギーを
とらえ直した

アインシュタインの
アースフルなビジョンは
スピノザなくしては
なかったのかもしれません
(あるいは逆に
そのビジョンの素質を
すでに持っていたからこそ
スピノザに共鳴を
覚えたのかもしれませんね)




この辺のお話に
さらに踏み込んでいくと
もっと面白いお話が
できるのですが
おそらく
あまりに
濃い内容になってしまうので笑
今回は
この程度にとどめて
なんらかの形で
お話ししたいと思います




というよりも
そもそも
「1」の世界
そのものが
いまだに
わからないという方が
ほとんどなのに
読者のみなさんを
さらに
置き去りにしかねません




「1」の世界の
動画解説などと
併せて
お話するのが
もしかしたら
いいかもしれませんね




楽しみに
していてください(^-^)

今日も
ありがとうございました



人気ブログランキング

「1」の世界(縁起の世界)の先に「神」を導き出そうとした哲学者「スピノザ」

見えるものと見えないものは
「道(タオ)」の胎内で踊り続ける 
『老子道徳経』體道第一
の記事の
アースフルネス訳の一部に
こんな箇所がありました




この
「有」と
「無」とは
同じ
母なる「道(タオ)」を
みなもとに
名を異にしているもの
ただそれだけのことさ

言わずもがな
きみのなかにも
「有(肉体)」と
「無(こころ)」とが
宿されているだろう?





老子
この言葉と
類似する哲学を
書き残した人物に
17世紀オランダを
生きた哲学者
バルフ・デ・スピノザ
という人物がいます
o0500048213825489940_convert_20181119140129.jpg
出典:blog.despinoza.nl



ぼくが知る限りですが
「1」の世界
1人称の神
ここまで徹底して
理詰めで
表そうとした人物を
他に知りません




ユークリッドという
古代ギリシアの
数学者の手法に
のっとって
仮に
神が存在すると
仮定するなら
この世界は
こういうロジック(論理)で
成り立ってなきゃおかしい

という
なんとも大胆な
出発点から
神を導き出そうとした
そんな人物なんですね




この手法は
ぼくが
アースフルネス7ビジョンという
このブログだけの
仮定の真理(公理ともいいます)
示すところから
出発して
この世の仕組みを
他者と
共有しようとしたことに
どこか似ています




スピノザは
道(タオ)であり
と呼ぶしか
ほかに言いようがない
それを
プラトン
デカルトなど
先人の哲学者が
使った言葉を
あえて踏襲して
「実体」と呼び定め

有(見えるもの)であり
無(見えないもの)であるものを
「属性」と呼びました




これを例えるなら
「お酒」を
「実体」とするなら
「ビール」
「焼酎」
「ワイン」は
「お酒」から
枝分かれした
「属性」になるわけです




老子の言い回しを
借りるなら
母なる「実体」を
みなもとに
名を異にしているもの
それこそが
「肉体」であり
「こころ」という
属性
なわけです




そして
とどまることなく
姿かたちを
変化させていく
諸行無常の
属性(森羅万象)たち

その様を
スピノザは
「様態」
そう呼びました





感情や
自我など
人間的な要素を
可能な限り
排除しようとした
主著「エチカ」
あまりに難解すぎて
とてもじゃないけど
まったくお勧めできないのですが笑

「1」の世界の
緻密な設計図

その一冊には
込められています




7ビジョンの
「1」の世界の図が
示すとおり
1人称としての

証明しようとした
その設計図(エチカ)
遺稿となった
スピノザは
汎神論者(神以外のほかに何もないとする思想)
理神論者(人格的神を否定する思想)

あるいは
2人称の神を重んじる
多くのキリスト教徒には
無神論者
さげすまされ
権威者に危険視され
命まで狙われた
哲学者ですが




ぼくは
徹底して
人間的な要素を
打ち消し
「1」の世界を
表すという
そのこころみのなかで

実は
スピノザは
「0」の世界
すでにとらえていて
言葉で表すことが
不可能なそれを
どうにかして
表したかった
あるいは
次世代へと
託したかった
その結晶が
「エチカ」だったのではないか

そんなふうに思えて
仕方がないんですよね




哲学的な
理性と論理の
いとなみのなかで
イエス・キリスト
示したような
「0」の世界の
「汎在神」的な境地の
その鋳型を
表現するために
その領域への扉となる
「エチカ」を
書き上げた





そのことを
このブログのなかで
いつの日か
理性的に
証明することが
ちょっとした野望です( ̄▽ ̄)




今日も
ありがとうございました




人気ブログランキング

見えるものと見えないものは「道(タオ)」の胎内で踊り続ける 『老子道徳経』體道第一

「老子」
という
存在したのか
しなかったのかも
定かでない
古代中国の
伝説の賢者であり
思想家であり
哲学者が
残した言葉とされる
全81章から成る
「道徳経」という書物

第一章が
以下のとおりなのですが
ae4bbf432d7a347a7d7b6f051b071f94_XL_convert_20181117164655.jpg
出典:www.revistaesfinge.com





道可道
非常道

名可名
非常名

無名天地之始
有名萬物之母


常無欲以觀其妙
常有欲以觀其徼

此兩者同出而異名

同謂之玄

玄之又玄
衆妙之門



『老子道徳経』全81章
體道第一







いまなお
様々な訳が
発表され
難解だとされてきた
老子の言葉ですが

そもそも老子は
理解を求めて
この一章を
残したのではなく
ブルース・リー
「考えるな、感じろ」
ではありませんが
感じてもらうために
書いたとも
ぼくには思えますね




これを
先人のいくつかの
和訳を参考に
アースフルネス流
超訳したものが
以下のものです



ぜひ
「道(タオ)」の部分を
「神」もしくは
「0」の世界に置き換え
読んでみてください



ぼくが
ブログの中で
「神」
言葉にしたり
「0」の世界
言葉にするものを
感じてもらえるかもしれません







「道(タオ)」
生き方だとか
人生の道しるべ
なんかじゃないんだ

「道(タオ)」
言葉で
言い表せたり
名前が
付けられるもの
なんかでもないんだ




「道(タオ)」
母なる愛を
継受し
湧きいづることになった
すべての言葉と
すべての万物
相対するすべての
無(見えないもの)
有(見えるもの)とは
「道(タオ)」
その胎内で
踊り始めたよ




だからこそ
無(見えないもの)
常に
目には見えない形で
「道(タオ)」
その不可思議を
見てみたいと
欲し

有(見えるもの)は
常に
目に見える形で
「道(タオ)」
その姿形を
見てみたいと
欲し続けるのさ




この
「有」と
「無」とは
同じ
母なる「道(タオ)」
みなもとに
名を異にしているもの
ただそれだけのことさ

言わずもがな
きみのなかにも
「有(肉体)」と
「無(こころ)」とが
宿されているだろう?




両者は別名
「2」の世界とも言い
「2」の世界の
その先には
「道(タオ)」への
扉(「1」の世界)
ひらかれているんだ









今日も
ありがとうございました




人気ブログランキング

「すべてのみえるものは、みえないものにさわっている」染織家・志村ふくみ

本当のものは、
みえるものの奥にあって、
物や形にとどめておくことの出来ない領域のもの、
海や空の青さもまた
そういう聖域のものなのでしょう。

この地球上に
最も広大な領域を占める青と緑を
直接に染め出すことが出来ないとしたら、
自然のどこに、
その色を染め出すことの出来るものが
ひそんでいるのでしょう。




染織家であり
随筆家でもある
人間国宝
志村ふくみさんの著作
「色と糸と織と」から
ひかせていただいた言葉です
志村ふくみの肖像写真_convert_20181114133113
出典:fr.wikipedia.org





ぼくも一時期
白や淡色の洋服を
安価で見つけてきては
ダイロン染料で
タイダイ染めにしたり
ムラ染めにしたりしながら
遊んでいた時期がありましたが
採集した草木だけでの
染め物は
まだ未体験ですね




ところで
最初にご紹介した
志村さんの言葉
志村さんが
何を言わんと
しているのかと言えば──




「0」の世界です




そして
映画「君の名は。」に見る「常世(とこよ)」と「現世(うつしよ)」
記事でいうところの
「常世(とこよ)」「隠世(かくりよ)」
領域のことです




さらには
イエスとパウロの言葉に垣間見る「自己愛」の真実
の記事における
「自己愛」の
領域
とも
言うことができます





すべてのみえるものは、
みえないものにさわっている。

きこえるものは、
きこえないものにさわっている。

感じられるものは、
感じられないものにさわっている。

おそらく、
考えられるものは、
考えられないものにさわっているだろう。





上記の詩は
志村さんが
共鳴することを
禁じ得なかったという
18世紀のドイツを生きた
ノヴァーリスという
詩人の言葉を
志村さんが
引用したものですが




厳密には
ノヴァーリスの原語を
渡辺格司(わたなべかくじ)という
ドイツ文学者が
日本語に訳し
渡辺格司の訳を
大岡信(おおおかまこと)という
詩人が再解釈し
それを志村さんがまた
再解釈したものです




たましいに
ふれるような
共鳴のいとなみは
ノヴァーリスと
志村さんと
渡辺格司さんと
大岡信さんと
ぼくと
読んでくださった
みなさんとが

この記事の中で
時空を超えて
ふれあったように──




ぼくたちは
みえないもの
きこえないもの
感じられないもの
考えられないものを
巡りながら
ずっとずっと
人と人とを
繋いできましたし
これから先も
繋がりの連鎖が
終焉を迎えることは
誰にとっても
心配無用のようです




というよりも
最初から
最後まで
つながりっぱなし




時間も空間も
主観も客観も
超えた領域の中で
ぼくたちは
いつだって
肉体よりも
近いところで
ふれあっています





今日も
ありがとうございました





人気ブログランキング

ランキングに参加しております。

プロフィール

 友資

このブログの筆者: 友資


初めて訪問された方は、
  vol.1「アースフルネス」ってなに?前編の動画を見ていただくか、


初投稿記事
  「アースフルネス」とは?前編
をクリックいただけましたら幸いです。

以下の
アースフルネス「7」ビジョンについての解説は、
哲学やスピリチュアルに馴染のない方は
難しく感じるかもしれません。
それぞれの世界の動画解説もあるので
まずは動画をみていただくことを
お勧めします。

  「2」の世界(天秤世界&父性世界)についての解説
  「1」の世界(縁起世界&母性世界への扉)についての解説 前編  後編
  「0」の世界(悟り世界&母性世界)についての解説 前編  後編

いずれもこのブログの
骨格を成す記事で、
このブログだけの「公理(ものさし)」でもあります。

カテゴリ

入力した語句が含まれる記事を探せます。

直接に伝えたい用件がある方はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッターもやってます。

アースフルネス「7」ビジョン

画像をクリックすると拡大します
ここをクリック

QRコード

QR