FC2ブログ

億単位の骨董品ですらもが0円になりうる世界「ゲティ家の身代金」

昨年公開された
リドリー・スコット監督作に
「ゲティ家の身代金」
という映画があります
※少しだけネタバレあります
bacd2704e3ad7dedfe425565484f99ef-1_convert_20181014235753.jpg





1973年
石油で財を成した
世界一の大富豪ゲティ
14人いる孫の一人が
1700万ドル(当時で50億円)
身代金目的に
誘拐されるところから
物語は
始まりますが




他の孫たちの
さらなる誘拐と
身代金要求の
連鎖を防ぐため──
という口実で

ゲティは
かたくなに
1円たりとも
支払わない
ことを
表向きは
表明しますが




当時のドル価値に
換算すると
1.4兆円という
莫大な総資産を持ちながら
極度の吝嗇家(けち)としても
知られるゲティの
そのこころの内は
「まだ(金が)足りない」
という野望に
燃えていました




金にまつわる
あらゆる
人間の
おぞましさを
味わいつくしてきた
ゲティが
孫の奪還作戦に
任命した
元CIAチェイスとの
対話の中で
資産価値の高い
骨董品を手に
こんなことを語る
場面があります




「だから私は
物が好きなんだ
オブジェや
古代の遺品や絵画
(それらのものは)
目の前にある
姿のままで
決して変わらない
失望させない
美しい物に備わった
純粋さは──
人間にはない」




ところが
残念ながら
変わるのです





ゲティにとって
骨董品が
美しいまま
純粋であり続けるのは
それが
「資産価値」のあるもの
だからで
手持ちの骨董品に
「資産価値なし」という
判定が下されたなら
ゲティは
なんの迷いもなく
屋敷の暖炉に
その骨董品を
放り込むか
誰かにあげてしまうことでしょう



仮に
ゲティが
骨董品もろとも
ひとり無人島に
送り込まれたなら
骨董品は
暖をとるための
薪になり
家屋の素材になり
食べていくための
武器や道具となる
でしょう




人間のこころが
永遠不変のものでない限り
この
「2」の世界において
永遠不変に
純粋で
美しいものなんて
ひとつもなく




いつだって
本当の純粋性と
本当の美しさは
「2」の世界を
超えた領域にしか
存在せず




ぼくら人間は
いつだってその
「2」の世界を
超えた領域への
扉となる
いつもの日常の
一瞬の裂け目に
垣間見る
「奇跡」や
「神秘」のなかにだけ
それを見つける
のです





今日も
ありがとうございました





人気ブログランキング

ありのままではいられない自分もまたありのままの自分

本日もお越しいただき
ありがとうございます




2019年に
続編が公開される予定の
「アナと雪の女王」
誰もが知る
名シーンに





背負わされた
負の宿命を
正に転回させた

雪の女王エルサ

「ありのままの
自分になるの」

「これでいいの」


歌い上げるシーンが
ありますが
frozen_elsa-2048x1536_810_500_75_s_c1_convert_20180929145246.jpg
出典:www.lifesitenews.com




この言葉を
「1」の世界の
ビジョン
を通して
読み解くなら
「ありのままの自分になる」
必要性は
最初からない

とも言えるんですね




なぜなら
ゆりかごから
墓場まで
すべての人が
例外なく
「ありのままの自分」
でしかない

からです




「ありのままでは
いられない自分」

「これでいいとは
思えない自分」
もまた
「ありのままの自分」

というわけですね





そのことに
気づいたエルサは

「この先
新たな自分を
発見しようとも
自分を
見失うことが
あろうとも
いかなる自分が
待ち受けていようとも
それすらもが
自分でしかない」


という意味を込めて
「ありのままの
自分になる」と
宣言したのかも?
しれません




今日も
ありがとうございました



IMG_20180915_130333_convert_20180929144833.jpg
「明日はまた30度超えるらしいぜ」
「マジかよ~」





人気ブログランキング

映画「カメラを止めるな!」に見るアースフルネス

本日もお越しいただき
ありがとうございます



遅ればせながら
原案:劇団PEACE「GHOST IN THE BOX!」
監督・脚本・編集:上田慎一郎
話題の映画
「カメラを止めるな!」
見てきました
※ネタバレは
しないように
気を付けてあるつもりですが
確証はありません笑

30_orig_convert_20180909144949.jpg
出典:kametome.net



とある廃墟にて
ゾンビ映画の
撮影に臨む
監督や役者たちに
予想だにしなかった
アクシデントが
ふりかかるところから
映画は
始まるのですが




かつてない
考え抜かれた
構成の
未知なる映画体験に
おどろきと
わくわくとが
最後まで
止まりませんでしたね




最初に味わった
あらゆる体験が
まったく正反対の
体験へと転回され
まったく見えていなかった
同じできごとの
あらゆる
多角的な側面が
エンターテイメントとして
人間ドラマとして
回収されていく様は
極上の
アースフルネス体験
そのものでした




ぼくは
このブログにて
「結論を急がない」ことの
大切さを
書き記してきましたし
これからも
何度でも
書き記すことになる
アースフルに生きるための
骨子になるところと
とらえていますが




とはいえ
生きていれば
今すぐに
「結論を
急ぐしかない」
「結論を
出し続けるしかない」

そういう場面に
遭遇することも
状況によっては
避けて通ることが
できません




映画は
そのことも
ぼくに対し
再認識させてくれました




ビデオカメラは
ボタンひとつで
止めることが
可能な機械ですが

「人生」
ライツ!
カメラ!
アクション!

掛け声もなく
勝手に
始まり

なんの演技プランも
台本もないままに
頼んでもいないのに
勝手に
「自分」という役が
配役され

頼んでもいないのに
性別や容貌
得手不得手や
舞台設定は
準備されていて

頼んでもいないのに
多様な共演者が
目の前に
現れることになり

手持ちの手札で
共演者たちと
なんらかのドラマを
作り上げていくことを
余儀なくされ

黙っていても
ひきこもっていても
物語は
勝手に
進行していくことに
なっていきます





物語は
人の数だけ
誕生しては
エンドロールを
迎えることを
くりかえし──




この
あまりに乱暴な
配役抜擢と
うむを言わさぬ
物語の進行は
誰にも
止めることが
できないわけですが




みっともない役で
あろうとも
大根役者と
呼ばれようとも
「カメラを止めるな!」の
出演者たちのように

常識と偏見とに
汚染された
現代の生ける屍たちを
蹴散らし
既成概念を
切り裂きながら
「自分」という
キャストが
「自分」らしくあるために

役名「自分」を
いつ迎えるとも知らぬ
カット!の声がかかる
その日まで
どうにかこうにか
演じ切ろうでは
ありませんか





短いようで
長い
長いようで
やっぱり短い
「ワンカット」
たった一回だけの
あなただけの
物語を




今日も
ありがとうございました




i-img1200x1200-1535821435wdzcmx1342550_convert_20180909164846.jpg
出典:page.auctions.yahoo.co.jp
Tシャツ
やっぱり買おうかな





人気ブログランキング

「月をさす指は月ではない」ことを理解していたブルース・リー

本日もお越しいただき
ありがとうございます

昨日は
ブログを投稿し終え
少し寝て
夜勤の時間に
目が覚めると
辺りは
すさまじいまでの
轟音が
吹きつけておりました

台風の脅威を
改めて
思い知らされた
一夜でしたね

みなさんは
ご無事だったでしょうか




さて
気を取り直して
今日も
ぼくにできることをやります

かつて
アクションスターである
ブルース・リー
「考えるな、感じるんだ」
映画「燃えよドラゴン」の中で
稽古中の弟子に
言い聞かせましたが
hqdefault_convert_20180902235452.jpg
出典:www.youtube.com


そのあとには
こんな台詞が
続くんですね

「(お前がしていることは)月を指でさすようなものだ」




この言葉と
同じ意味を持った言葉が
初期仏教から派生した
大乗仏教のなかにあります

宗派などによって
微妙にニュアンスが
違うので
今日はその中でも
代表的な
「禅宗」の例えから引きます



「月をさす指は月ではない」



この
月と指のたとえの
言葉の真意は
諸説ありますが
ぼくは
この「指」のことを
「先入観優位」の状態として
とらえます

これは
アースフルネス的に
地上に近接した
ビジョンを意味します




空に浮かぶ
あのまあるい物体は
確かに
「月」と呼ばれている
ものだけれど

最初から
「月」を「月」として
ラベリングしてしまったなら
「月」の真実は
わからない

だから
「考えるな(先入観を捨てろ)
感じるんだ(観察するんだ)」

というわけです

「感じる」と「観察」は
「今この瞬間をとらえる」
という意味では
同義的な言葉ですからね




ですが
ぼくは
「考える」という
いとなみは
とても大事なことだと
位置付けています





「考える」
いとなみを経て
開拓され
救われた
アースフルなビジョンは
数知れません



なのですが
「考える」が
先攻する
となると
事情が変わってきます

「考える」の先攻は
どうしたって
「先入観優位」を
孕んでしまう
からです

「考える」の前に
「観察する」が
先攻する
ことが
大事なポイント
なんですね




「観察」が先攻する
思考の癖を
ものにしていけば
「考えなきゃ!」と
わざわざ意識することなく
「考える」という行為は
必要なときに
必要なタイミングで
オートマチックに
起動される
からです





そしてこの
「観察」の
延長にある
「考える」こそが
「アースフルなビジョンの
起動」

そのものです




そんなふうにして
今月の
お月見の日を
迎えたなら
今まで見てきた
あたりまえの「月」が
今までとは
ちょっとちがって
見えるかもしれません




などと思いながら
マックの月見シリーズの
クーポンを眺める
台風一過
猛残暑の予感の
昼下がりでした






今日も
ありがとうございました




IMG_20180803_164226_convert_20180903000032.jpg
ブルース・リー的に
ホアアアアアアと威嚇してるように
見えなくもありません





人気ブログランキング

「ゼロからのスタート」をアースフルする★映画「泣き虫しょったんの奇跡」

本日もお越しいただき
ありがとうございます




9月7日から公開の
「泣き虫しょったんの奇跡」
という映画の予告を
たまたま目撃したとき
153010179989610135177_convert_20180825235417.jpg
出典:95138197.at.webry.info


主演の松田龍平さんから
発せられた
こんな台詞から
今日の記事の
インスピレーションを
得ました




「ぼくはもう
一生プロになれない
将棋しかやってこなくて
ぼくはゼロになった」





日本将棋連盟の
規定による
年齢制限によって
プロ入りできずに
奨励会を
退会処分になった
そんなシーンで
使われる台詞のようです




ですが
予告で見た限りだと
主人公はその後
再起をはかって
「ゼロからのスタート」
決行することが
わかります





みなさんは
「ゼロからのスタート」と
耳にすると
どんなシチュエーションを
思い浮かべるでしょうか




「泣き虫しょったんの奇跡」
のように
夢かなわなかった
人生の敗者が
新たな道を
歩むべく
最初の一歩を
踏み出したとき
でしょうか




それとも
思いがけぬ逆風
あるいは
思いがけぬ順風により
それまで考えもしなかった
新たな道筋が
目の前に用意された
そんなときでしょうか




それとも
走ることを
生きる道としていたものが
生涯走ることのかなわない
未来を左右するレベルの
大きい傷を負った
その地点からの
再起のときでしょうか





これらの視点は
グーグルアースに
なぞらえるなら
地上に最も近い地点に
フォーカスした視点です






確かに
その位置から
見渡したならば
上にあげた
シチュエーションの
すべては
「ゼロからのスタート」
ほかありません




では
その地点から
もう少しだけ
ズームアウトしてみてください

街の全体像や
それを取り囲む
山並みが
見えるくらいの
地点まで
視界が広がって来ると
実は
「ゼロからのスタート」は
存在しないことが
見えてくる

ことになるんですね




それもそのはず
だって
まったく違う方向に
舵を切ることになった
ゼロ地点の
「その前にも」
その人の人生は
存在していて
積み上げてきた
経験や知識
流した
血と汗と涙や
築かれた人間関係が
「ゼロからのスタート」
であるはずの
ゼロ地点においても
疑いの余地なく
刻まれているからです





そこから
さらにさらに
ズームアウトし
まあるい地球の
その全貌が
見えるところまで
ビジョンを
広げてみてください

するともっと
面白いものが
見えてきます





通常ぼくらは
過去から未来へと
ひとつの直線をたどるように
この世界を生きている

いつもの日常を
認識しているわけですが──





いつなんどきも
認識される
「過去」と「未来」は
「いま」
もしくは
「現在」という
ゼロ地点から見た
過去と未来
それしかありません




どういうことかと言いますと
思い出のアルバムも
過去の歴史の記録も
2020年
東京オリンピックの展望も

「過去」「未来」とされる
そのどれもがすべて
いつなんどきでも
「いま」「現在」からしか
アクセスできないもの

なんですね




よってぼくらは
実は
ひとつの直線を
進んでいるわけではなく
始まりも
終わりもない
瞬間瞬間の
「ゼロからのスタート」の
連続を
生きている存在

と言っても
過言ではないわけです





今回は
3パターンの視点を
ピックアップしてみましたが
どの地点
どの角度から
見える世界も
そのどれもすべてが
正解です

このことは
ぼくがこれまで
書いてきた記事
これから
書いていく記事
すべてに
当てはまることです




そんなわけで
どの地点
どの角度から
見える世界を
切り取り
生きるべきかは
いつだって
あなた次第だし
いつだってそこは
誰にも犯しえない
「聖域」なのです
(都市伝説ふうに)
E996A2_convert_20180825231215.jpg
出典:dekaribon.blog.so-net.ne.jp




今日も
ありがとうございました





昨日の東京の夜は
すさまじい雷鳴をともなった
すさまじい雨が降り注ぎました
あきれるほどに
泣き虫なお天気でした






人気ブログランキング

プロフィール

 友資

このブログの筆者: 友資


初めて訪問された方は、
初投稿記事
  「アースフルネス」とは? 前編
をクリックいただけましたら幸いです。

以下の
アースフルネス「7」ビジョンについての解説は、
哲学やスピリチュアルに馴染のない方は
難しく感じるかもしれません。
わからないところがあれば、遠慮なく質問してください。

  「2」の世界(因果の世界)についての解説
  「1」の世界(縁起の世界)についての解説 前編  後編
  「0」の世界(悟りの世界)についての解説 前編  後編

いずれもこのブログの
骨格を成す記事で、
このブログだけの「公理」でもあります。

メルマガ登録ページはこちらから

ランキングに参加しております。

カテゴリ

入力した語句が含まれる記事を探せます。

直接に伝えたい用件がある方はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッターもやってます。

QRコード

QR

アースフルネス「7」ビジョン

画像をクリックすると拡大します
ここをクリック