FC2ブログ

光と影のあいだにこそ「永遠」はやどる ~シェアリングエコノミーの時代~

本日もお越しいただき
ありがとうございます



ぼくが高校生の頃
当時住んでいた
宮城県仙台市では
国産アメリカンブーム全盛期で
ぼくもそのブームに乗っかって
バイトで貯めたお金で
ホンダの「スティード」という
国産アメリカンを購入し
20年以上が経過して
ブームが過ぎ去った今も
大事に乗り続けているのですが




改造しずぎて
しまったがために
どこのバイク屋に
持ち運んでも
迷惑な顔をされてしまう
チョッパースタイルの
ぼくのバイクを
いやいやながらも
いつも
誠実に
堅実に
請け負ってくれていた
近所のバイク屋さんが
とつじょ
閉店してしまいました
IMG_20180829_092836_convert_20180829210638.jpg
IMG_20180829_092802_convert_20180829210651.jpg



「モト・プラッツ」
頑固一徹な
とっつきにくい店主が
いつも構えていて
メンテナンスの甘さを指摘され
説教を受けることも
しばしばでしたが
独自の
プロフェッショナル論を
真剣に語る
まなざしは
どこか
胸を打たれるものがあり
くせものではありますが
嫌いになれない
そんな店主でした




腕は確かなので
多くのお客さんが
あとを絶たず
若い新人たちに
厳しく指導しながら
いつも忙しそうにしているなあ
という印象の
バイク屋さんだったんですね





ぼくはこの
張り紙を見たとき
「シェアリングエコノミー」
時代の到来と
浸透の進行具合を
感じずにはいられませんでした




シェアリングエコノミーとは
「共有経済」
意味します

ネット社会における
知的財産や
物的財産の
共有によって成り立つ
「ネット経済」のことです




たとえば
ヤフオクやメルカリ
カーシェアリングなんかも
そうですね

youtubeやニコニコ動画
クックパッドやLINE
その他の
多くのネットアプリも
有料会員になることで
追加のオプションが使えたり
広告収入を得ることで
運営されています




もちろん
このぼくも
日々
お世話になっていますし
ヤフオクやメルカリでは
定価では
とてもじゃないけど
手が出なかったような
高品質
高価格の
服やバッグなどが
ユニクロでお買い物するより
安く手に入ることも
少なくありません




なのですが
「これだけのものが…
この価格でか!」

得した気分の反面
「世の中ほんとに
これでいいのかな…」

という
罪悪感を覚える自分が
いつもそこにいるんですね




どうしてかというと
これからさらに
ヤフオクや
メルカリのような
フリーマーケットサービスや
動画や音楽の
無料配信サービスが
発展していったなら
あらゆる「物づくり」に
関わる人の多くは
職を失っていくことになる
からです




バイク屋にしてもそうです
少子化社会にともなって
バイク乗車人口が
減っていることもそうですが
加えて
無料動画サイトや
ネット検索を駆使すれば
あらゆる故障に対する
あらゆる修理法が
閲覧できる時代ですからね

当然ながら
自分でできる修理や
自分でできる塗装
自分でできる改造なら
自分でやろう

という人々が
増えていって当然です




数年前から
モト・プラッツの若手を
見かけなくなり
ここ最近は
店主が一人で
駆け回るようになっていたのも
上記の理由による
業績の悪化と見て
間違いないかと思われます




ようするに
「いいものを作る」会社が
富める時代から
「いい共有システムを作る」会社が
富める時代へと
移り変わる
変遷の時期を
ぼくらは生きている
わけです



システムの
手のひらの中で
転がされる大衆と
一部のネット経済勝者の
さらなる格差社会の
到来です





便利な時代になった
その影には
大きな代償が
潜んでいたんですね
まさに
光と影です



同時に
人工知能の進化は
着々と進み
機械による
人間の管理化が
進行中の昨今
ということもあり
なんだか
ディストピアSFチックな
話になって参りましたが──




ぼくはそれほど
悲観視はしておりません

なぜなら
アースフルなビジョンで
世界をとらえ
宇宙をとらえるなら
どんなにも
闇が深い
宇宙空間にも
星は光輝き
地球もまた
蒼く輝いています



このことは
見方を変えれば
闇という「暗幕」が
バックにある
恩恵があってこそ
ぼくらは
美しい星々(光)を
「満天の星」として
認識できると
見ることができるんですね




そうなのです
いつなんどきも
闇のみで
世界が
塗りつぶされることはないし
光のみで
世界が
塗りつぶされることもない
光と闇が
シーソーのように
ゆらぎながら
「調和」を保っている

それがこの世界の
摂理であり
ルールのようなものです

世界は
「光」にも
「闇」にも
どちらの側にも
行き着くことがない
だからこその
「永遠」なのです

and_convert_20180902134321.jpg
出典:rodopinews.gr



この先
何があろうとも
決して
うしなわれないものが
あることを
ぼくがこのブログ
アースフルネスライフで
証明していきますから
みなさん
振り落とされないように
しっかりと
ぼくの背中に
掴まっていてくださいね




不安ですか?
大丈夫
ふり落とされやしません
ぼくは
スクーターに
抜かされてしまうくらいに
安全運転で有名なので笑





今日も
ありがとうございました




IMG_20161203_234543_convert_20180829224935.jpg
お金かかってそうと
よく言われますが
売っても10万にもならないと思います笑

共有経済の恩恵と
流行らなくなったバイクということで
20年前には考えられなかった価格で
カスタムパーツが
手に入ります

そういう意味では
ヤフオクさん
メルカリさん
ほんとに感謝感謝です




人気ブログランキング

少年のボール横取り騒動に見るアースフルネス

本日もお越しいただき
ありがとうございます

本日は
アースフルな生き方とは
逆行する
「結論を急ぐことの罠」について
最適なニュースを
見かけたので
記事にしてみました






メジャーリーグにおいて
選手からファウルボールを
投げてもらった
少年のボールを
いい大人が強奪した
という出来事が
先月7月22日に
起こったとのことで
大きなニュースになったそうなのですが




goudatu_convert_20180728233730.jpg
出典:rocketnews24.com






このツイート
「When going to a baseball game, DON’T be this guy.」
の意味は
「野球観戦に行く時、この男のようにはなるなよ」
と訳せるようで


rocketnews24.com
の記事によると(以下に転載させていただきます)

まずファウルボールを拾った選手が、
観客席の最前列にいた少年へボールをプレゼントする。
しかし、少年がポロリとこぼし、
後ろに座っていた男性がボールを拾うとまさかの悲劇発生……!

少年にボールを渡すかと思いきや、
なんと無視してそのまま隣に座っていた女性にプレゼントしてしまった。
大人気ない男性の行為に喝だが、
視界に少年が入っているはずなのに渡そうとしない女性も大喝である。




という
ことの顛末なのですが
強奪したとされる
大人の方は
多大な非難を浴び
SNSは
大炎上したそうです






ところが──
です




後日になって
このニュースが
誤報であることが判明します

↓これが
日刊ゲンダイの
7月27日の記事です



球場で少年のボールを横取り…全米非難の男性は冤罪だった




この案件は
アースフルネス的ビジョンを
養うのに
最適なニュースです
(しつこいですね)




ぼくら一般大衆は
ニュースで報道されたことや
憧れの人物や
好感が持てる人物や
頭がいいと感じる人物が
持ち出してきた話や言葉を
あまりにそのままに
発信者の意のままに
ストレートに
受け取りすぎてしまう
わるい癖があります




いかなるもっともらしい
芸能ゴシップや
殺人事件
伝聞が耳に入ったとしても
コメンテーターや
キャスターはもちろんのこと
ぼくら一般大衆もまた
その現場にいて
その一部始終を
目撃していたわけではなく





たとえ一部始終を
目撃していたとしても
みなさんの解釈と
同じ現場にいた
他者との解釈が
そぐわないケースだって
多くあることを
黒澤明監督の映画
「羅生門(1950年公開)」
世に知らしめました

20161211172216.jpg
出典:event-fromnow.hatenablog.com




つまり──
一人残らず
誰もが納得する
誰の目にも明らかな真実なんて
どこにもあるわけもなく

ただただ
ひとりひとりの
「主観フィルター(思い込み)」を通した
「個人の真実」
あるだけなのことなのです



このことは
人のうわさ話や
悪口などが
あまり当てにならないことと
同様です




こういった
小さな誤解やすれ違い
ちょっとした視点の
角度のずれから
戦争にまで発展したり
冤罪が生まれたりすることになるのは
人類史をひもとくなら
人間という生物の性(さが)
としか言いようのない
人間の欠陥点ですが





せめて
アースフルな道を歩む
アスニストなぼくたちは
人の尊厳に
かかわる問題であれば
なおのこと
いつなんどきも
「結論を急がない」という
地上からほんの少し
距離を置いた視点をこそ
忘れずにいたいものです





今日も
ありがとうございました




これは?なんとジャガイモ堀に使った長靴を洗ったタワシが湿った所に何かの芽が出てきたものです、一寸育てて見ようとおもっています。_convert_20180815215009
相方の母が
ジャガイモ堀に使った長靴を洗ったタワシが
いつの間にかこんなことに






人気ブログランキング

アースフルネス「7」ビジョン

画像をクリックすると拡大します
ここをクリック

プロフィール

 友資

このブログの筆者: 友資


初めて訪問された方は、
初投稿記事
  「アースフルネス」とは? 前編
をクリックいただけましたら幸いです。

以下の
アースフルネス「7」ビジョンについての解説は、
哲学やスピリチュアルに馴染のない方は
難しく感じるかもしれません。
わからないところがあれば、遠慮なく質問してください。

  「2」の世界(因果の世界)についての解説
  「1」の世界(縁起の世界)についての解説 前編  後編
  「0」の世界(悟りの世界)についての解説 前編  後編

いずれもこのブログの
骨格を成す記事で、
このブログだけの「公理」でもあります。

ランキングに参加しております。

カテゴリ

入力した語句が含まれる記事を探せます。

ツイッターもやってます。

直接に伝えたい用件がある方はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR