FC2ブログ

闇は死なない けれども光もまた死ぬことはない

本日もお越しいただき
ありがとうございます



現地の方たちは
今なお
予断を許さない
状況に置かれている
北海道胆振東部
震源地とした
震災なのですが




ツイッターの
タイムラインに
北見市の
こんな素敵な画像が
流れていました







ぼくは
この光景が
たくさんのSNS利用者の
共感を呼び
拡散されたこと
そのものが
現状の北海道
ひいては
日本中の人々への
れんさんからの
というよりは──

この
「「光」と「闇」という
対になる二つのもので
構成された世界
そのもの」
からの
エールに思えて
なりません




このことは
光と影のあいだにこそ「永遠」はやどる
の記事でも
お話しした
以下の抜粋
そのものです




いつなんどきも
闇のみで
世界が
塗りつぶされることはないし
光のみで
世界が
塗りつぶされることもない
光と闇が
シーソーのように
ゆらぎながら
「調和」を保っている

それがこの世界の
摂理であり
ルールのようなものです






ぼくらは
いつだって

闇は死なない
けれども
光もまた
死ぬことはない


そんな世界の
まんなかで
光を灯すことを
決して
やめることがない
のです




今日も
ありがとうございました






人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト

コメント

ひまわりさん

興味がない、という意味ではぼくも同じです。

厳密には、自動的に呼吸が行われていることと同じくらいにあまりに自明なことなので、興味があるなしの対象ですらない、ということです。

なのですが、その当たり前を伝えることが、以前のコメントでもお話しした通り、ぼくにとっては何より一番難しいんですね。

そしてぼくは、それがすべての人に伝わるものでもないことを身をもって理解しております。

一生をかけても、一人にも伝わらないかもしれません。

ですが、伝わらなかったならそれはそれでいいのです。

なんの悔いもありません^^

最善は尽くしますけどね。じゃないとせっかくの人生ゲームがつまらなくなってしまうので。

こんばんは

この世は「対」という原理によって構成されていると思います。

光と影はその象徴です。

そしてその光と影は別々のようでありながら表裏であり、また一体であるとも思います。

永遠も同じで私たちは有限に生きていますが、無限の世界もあるのでしょう。そこに永遠という無限も存在するとは思います。

でも個人的にはこの世には永遠は存在しないと今は思っています。(もちろん観念としてではなく存在として)

あるとしたら有限がなくなる世界(死)かなと。

永遠自体を今の私は興味がないのであまり深くは追及はしていないのですけどね。
非公開コメント

アースフルネス「7」ビジョン

画像をクリックすると拡大します
ここをクリック

プロフィール

 友資

このブログの筆者: 友資


初めて訪問された方は、
初投稿記事
  「アースフルネス」とは? 前編
をクリックいただけましたら幸いです。

以下の
アースフルネス「7」ビジョンについての解説は、
哲学やスピリチュアルに馴染のない方は
難しく感じるかもしれません。
わからないところがあれば、遠慮なく質問してください。

  「2」の世界(因果の世界)についての解説
  「1」の世界(縁起の世界)についての解説 前編  後編
  「0」の世界(悟りの世界)についての解説 前編  後編

いずれもこのブログの
骨格を成す記事で、
このブログだけの「公理」でもあります。

ランキングに参加しております。

入力した語句が含まれる記事を探せます。

ツイッターもやってます。

直接に伝えたい用件がある方はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR