FC2ブログ

vol.57 神の自己愛(真情)を垣間見た数学者 岡潔 後編

本日もお越しいただき
ありがとうございます



新しく動画を投稿しました
前回vol.57の続きです
後年の岡潔の活動や
主著「春宵十話」の言葉を引きながら
岡潔が垣間見た「真情」の世界
アースフルネス的に
考察してみました





vol.57
神の自己愛(真情)を垣間見た数学者 岡潔
後編

wst1903140001-p113.jpg







下のブログランキング
クリックいただけましたら
活動の励みになります(^^

人気ブログランキング




また
「youtube画面」において
「チャンネル登録」していただき
「ベルマーク」を押すと
最速で動画投稿のお知らせを
受け取ることができます





質問やご意見など
youtubeからでも
ブログからでも
お待ちしております






「自己愛」に貫かれた世界のコーナーでした
今日も
ありがとうございました
関連記事
スポンサーサイト

コメント

なおたんさん

なおたんさん、お疲れ様てす^^

ぼくも「はるさめ」もよぎったのですが、
はるさめというとどうしても「はるさめサラダ」の感じがして、
そう読むのを避けてしまいました笑
誰か正解を知ってる方がいたら教えてほしいです

「人は極端になにかをやれば
必ず好きになるという性質をもっています。
好きにならぬのが むしろ不思議です。」

なるほど、ほんとそうかもしれませんね。
人が取り組んでるそれを好きになりきれないケースは、
極端さがまだ足りないのかもしれません。
極端になれるものを見つけた人というのは、
とても幸運ですね。

こんにちは♪


岡潔について アタシも少しだけ自分で調べてみました(笑)

名言もイロイロとありましたね(*´ω`*)

天才と呼ばれる領域に達すると理論だらけに
見える数学も
情緒と繋がりがあると見えるのかもしれませんね♪


アタシは岡潔のこの名言が心に響きました
「人は極端になにかをやれば
必ず好きになるという性質をもっています。
好きにならぬのが むしろ不思議です。」


あっ!「春雨の曲」ですが・・・
「はるさめ」って読み方ではないですか?
アタシは そー読んでしまいましたが(笑)
違うかもです( *´艸`)
非公開コメント

ランキングに参加しております。

プロフィール

 友資

このブログの筆者: 友資


初めて訪問された方は、
  vol.1「アースフルネス」ってなに?前編の動画を見ていただくか、


初投稿記事
  「アースフルネス」とは?前編
をクリックいただけましたら幸いです。

以下の
アースフルネス「7」ビジョンについての解説は、
哲学やスピリチュアルに馴染のない方は
難しく感じるかもしれません。
それぞれの世界の動画解説もあるので
まずは動画をみていただくことを
お勧めします。

  「2」の世界(天秤世界&父性世界)についての解説
  「1」の世界(縁起世界&母性世界への扉)についての解説 前編  後編
  「0」の世界(悟り世界&母性世界)についての解説 前編  後編

いずれもこのブログの
骨格を成す記事で、
このブログだけの「公理(ものさし)」でもあります。

カテゴリ

入力した語句が含まれる記事を探せます。

直接に伝えたい用件がある方はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッターもやってます。

アースフルネス「7」ビジョン

画像をクリックすると拡大します
ここをクリック

QRコード

QR