FC2ブログ

vol.11 この世によくなりたくない人なんていない 「0」の世界ってなに?3/4

本日もお越しいただき
ありがとうございます




新しく動画をアップしました
今回は
母性と父性の役割を通して
今回のタイトルの意味と
「0」の世界を読み解いています




vol.11
この世によくなりたくない人なんていない
「0」の世界ってなに?3/4


E383A0E382B9E382AB_convert_20190223120928.png






下のブログランキング
クリックいただけましたら
活動の励みになります(^^

人気ブログランキング




また
「youtube画面」において
「チャンネル登録」していただき
「ベルマーク」を押すと
最速で動画投稿のお知らせを
受け取ることができます





質問やご意見など
youtubeからでも
ブログからでも
お待ちしております






アースフルネス「7」ビジョンの解説のコーナーでした
今日も
ありがとうございました
関連記事

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

なおたんさん

長々だなんて、
そんなこと気になさらないでください^^
レスポンスが少ないブログなので、
こうしてコメントをくださる方がいることは、
とてもうれしいことです。

続きが気になる動画だなんて、
自分では一度も思ったことがなかったので新鮮です笑

「1」の世界のビジョンの件は、
なんといいますか、
ものごとを捉えるOSみたいなものが、
まったく違うビジョンなんですよね。
天動説が信じられていた時代の人々が、
地動説を受け入れがたかったように、
理屈を超えた厚い壁があって、
けれども、
一度自転車に乗れるようになると乗れない状態に戻れないように、
OSがそういうビジョンに組み変わる(アップデート?)と、
それが当たり前になってしまいます。

「1」のビジョンは、
実はぼくもとても好みです(*´ω`*)
なんでしょうかね、
「2(リアル)」と「0(神秘)」のハーフ&ハーフな立ち位置が、
なんとも言えない叙情感をもたらしてくれるのかもしれません。

仮に平和な世界が地球に訪れるとするなら、
それは「1」のビジョンをマジョリティとして世界中で共有できさえすれば十分で、
「0」のビジョンは、
それを欲する人だけが求めればいいだけのことなんでしょうね。


こちらこそ、
なおたんさんとの必然性に感謝です!
お礼の動画は、
予定では27日にアップするつもりです^^

続きが気になります(。´・ω・)


友資様 こんばんは♪

先程「1の世界」から本日までの動画を
改めて拝見させて頂きました。

「1の世界」の事ですが アタシも
友資様が仰っているように
「宇宙は1つ」「砂漠」=「宇宙」
「舞い上がった砂のひとつぶ」=「自分」
とはアタシの頭(思考)では思っている(理解している)のですが・・・
友資様のような確信たる体験を
まだ体験したことが無いので実感が湧かないというのが正直なところです。
できる事なら その体感を経験してみたいのです(笑)

決して「1の世界」の事を否定している訳では
ありませんよ!
友資様 アタシの伝えたい事分かってもらえますか? 

「0の世界」についても初めて拝見した時は
???・・・でしたが
今日はスーっと心の中にお話しが入ってきて
前回よりもわかった気がしてます( *´艸`)

いつも長々とごめんなさいm(__)m

最後に1つだけ友資様に伝えておきたい事があります!
アタシが動画を拝見していて涙が流れてくるのはやっぱり同じ場面でした
「1の世界」のお話しです(*´ω`*)

友資様との必然的出会いに感謝です
ありがとうございます♪
 
非公開コメント

ランキングに参加しております。

プロフィール

 友資

このブログの筆者: 友資


初めて訪問された方は、
  vol.1「アースフルネス」ってなに?前編の動画を見ていただくか、


初投稿記事
  「アースフルネス」とは?前編
をクリックいただけましたら幸いです。

以下の
アースフルネス「7」ビジョンについての解説は、
哲学やスピリチュアルに馴染のない方は
難しく感じるかもしれません。
それぞれの世界の動画解説もあるので
まずは動画をみていただくことを
お勧めします。

  「2」の世界(天秤世界&父性世界)についての解説
  「1」の世界(縁起世界&母性世界への扉)についての解説 前編  後編
  「0」の世界(悟り世界&母性世界)についての解説 前編  後編

いずれもこのブログの
骨格を成す記事で、
このブログだけの「公理(ものさし)」でもあります。

カテゴリ

入力した語句が含まれる記事を探せます。

直接に伝えたい用件がある方はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッターもやってます。

アースフルネス「7」ビジョン

画像をクリックすると拡大します
ここをクリック

QRコード

QR