FC2ブログ

「あなたは太陽を見たことがあるか」マイスター・エックハルトと老子

前回の記事

「神」という概念を超えた「神」
マイスター・エックハルトとスピノザ
では

マイスター・エックハルトの言葉や
その生涯から
釈迦(ブッダ)スピノザとの
類似性を見ていきましたが
下に引いた
エックハルトの言葉を
一読したなら
「おや」と
気がつく方も
いらっしゃるかもしれません




汝の自己から離れ
神の自己に溶け込め
さすれば
汝の自己と神の自己が
完全に一つの自己となる

神と共にある汝は
神がまだ存在しない存在となり
名もなき無なることを理解するであろう






「名もなき無」といえば
古代中国の
賢者とも哲学者とも呼ばれる
老子のことを
避けて通れそうもありません

老子は
エックハルトが言うところの
「無」
「道(タオ)」と呼びましたが
これを「神」と言い換えても
差し支えないと
ぼくは考えます




拙い訳で恐縮ですが
見えるものと見えないものは「道(タオ)」の胎内で踊り続ける
『老子道徳経』體道第一

という記事から
引用します

「道(タオ)」を「神」に変換し
読んでみて下さい





「道(タオ)」は
生き方だとか
人生の道しるべ
なんかじゃないんだ

「道(タオ)」は
言葉で
言い表せたり
名前が
付けられるもの
なんかでもないんだ




「道(タオ)」の
母なる愛を
継受し
湧きいづることになった
すべての言葉と
すべての万物
相対するすべての
無(見えないもの)と
有(見えるもの)とは
「道(タオ)」の
その胎内で
踊り始めたよ




だからこそ
無(見えないもの)は
常に
目には見えない形で
「道(タオ)」の
その不可思議を
見てみたいと
欲し

有(見えるもの)は
常に
目に見える形で
「道(タオ)」の
その姿形を
見てみたいと
欲し続けるのさ




この
「有」と
「無」とは
同じ
母なる「道(タオ)」を
みなもとに
名を異にしているもの
ただそれだけのことさ

言わずもがな
きみのなかにも
「有(肉体)」と
「無(こころ)」とが
宿されているだろう?




両者は別名
「2」の世界とも言い
「2」の世界の
その先には
「道(タオ)」への
扉(「1」の世界)が
ひらかれているんだ






エックハルトの言う「無」は
「0」の世界を意味し
老子の言う「無」が
「有(ある)」「無(なし)」の
相対性(「2」の世界
の中の
片側の「無」を
意味するのですが



「神」にしても
「仏」にしても
「道」にしても
「無」にしても
「ゼロ」にしても
「0」の世界を
示す言葉は
いろいろあるもので
示す言葉が
人それぞれ違う
というところに
生まれ育った風土や
独自の軌跡をたどってきた
伝達者たちの
それぞれの
「個性」や「人間」
を見ます




そして
「0」の世界を
言葉で示した瞬間に
「0」の純度が
果汁100%から
果汁10%くらいに
大幅に落ちてしまう

というジレンマが
伝達者たちの中には
常に孕んでいて

おそらくは老子も
エックハルトも
釈迦(ブッダ)も
あのイエスも
その絶対的な
「2」の世界における
見えない壁

思わず
爆笑したか
苦笑いしていたかもしれません(´Д`)




たとえば
異常気象によって
黒く厚い大気が
何十年も地球を覆うことになり
写真や画像もいっさい残っておらず
生まれてこのかた
「太陽」を一度も見たことがない
若者が大勢いたとして──

ManDogSun_Hackmann_960_convert_20190122134414.jpg
出典:apod.nasa.gov



太陽の記憶を持った
老人たちが
太陽がどんなものなのかを
言葉で説明したなら
それは
見たことがない若者たちのあいだで
伝言ゲームのように
「真実の太陽」とは違った
誤った解釈に
変化していくことは
想像にかたくありません


そしてそれが
現在にまで体系化され
組織化した
あらゆる宗教の
あらゆる宗派と
言えるのかもしれませんね




どんな言葉を
用いようとも
五感や
全身全霊で
一瞬でも体感した
太陽に勝るものは
どこにもありません





次回は
そんなまだ見ぬ太陽を
「空(くう)」と呼んだ人物を
ご紹介できればと思っております(^_^)




「宗教」から読み解く
アースフルネス
のコーナーでした
今日も
ありがとうございました


人気ブログランキング




2019年の1月から
有料メルマガ

友資の『アースフルネスビジョンで彩る豊かな人生』

創刊しました


メルマガでは
「アースフルネスライフを生きる」の
記事についての動画解説

いただいた質問に
動画でお答えするコーナー
をメインに
ブログではなかなかお話できないことや
脳科学微生物学からひも解く
アースフルネスや精神世界のお話
社会をアースフルネスに読み解くお話や
ぼく独自の健康法や体験談
その他にも
手探り手探りで
人生を豊かにしうる
思いつく限りのあらゆるトピックに
踏み込んだコンテンツを
設けていきます

くだらない質問でも
切実な悩みでも
単なる報告でも
可能な限り
動画でレスポンスさせていただき
向き合わせていただきますので
ぼくと購読者のみなさんとの
円環のなかで
ともにアースフルネスライフを
はぐくんでいきませんか


動画でお応えする
質問に関しては
こちらからどうぞ↓
すでに受け付けております
tomophex777@yahoo.co.jp
ブログのコメントから
「非公開」という形でも
大丈夫ですし
メールフォームからなんかでも
大丈夫です





不可解
かつ
敷居が高く見られてしまう
ぼくのブログですが
まったくそんなことはない
ということが
メルマガを通じて
感じてもらえると思うので
どうか気楽に
気構えず遊びにいらしてください



初月無料ということで
お気に召さなければ
いつでも解約可能です

誰が契約して
誰が解約したかといった
個人情報は
いっさいぼくは
知ることができないシステムになっているので
その点もご安心ください^^




セミナーやセッションには
もちろん
それぞれの良さが
あるのですが
それらのものは
一回だけで
何千円何万円と
決して安くはない金額を要し
まったく同じものを
くり返し見ることができませんが
メルマガ動画でのやり取りは
好きなときに
好きなだけ
半永久的に確認や復習ができるうえに
じっくりと練ってから
好きなタイミングで
好きな質問や意見を
送っていただけますし
月4回のうち2回が動画配信として
1回が300円ちょっとで
残り2回の文字の記事も併せて
何度も見れると考えれば
交通費もかからず
コスパという意味でも
申し分ないかと思います




世知辛い時代に在りながら
税抜き620円の身銭を
切ってくださる
購読者のみなさんに
620円以上の価値を
お届けできるよう
精進して参ります
関連記事
スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
非公開コメント

ランキングに参加しております。

プロフィール

 友資

このブログの筆者: 友資


初めて訪問された方は、
  vol.1「アースフルネス」ってなに?前編の動画を見ていただくか、


初投稿記事
  「アースフルネス」とは?前編
をクリックいただけましたら幸いです。

以下の
アースフルネス「7」ビジョンについての解説は、
哲学やスピリチュアルに馴染のない方は
難しく感じるかもしれません。
それぞれの世界の動画解説もあるので
まずは動画をみていただくことを
お勧めします。

  「2」の世界(天秤世界&父性世界)についての解説
  「1」の世界(縁起世界&母性世界への扉)についての解説 前編  後編
  「0」の世界(悟り世界&母性世界)についての解説 前編  後編

いずれもこのブログの
骨格を成す記事で、
このブログだけの「公理(ものさし)」でもあります。

カテゴリ

入力した語句が含まれる記事を探せます。

直接に伝えたい用件がある方はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッターもやってます。

アースフルネス「7」ビジョン

画像をクリックすると拡大します
ここをクリック

QRコード

QR