FC2ブログ

宇宙を貫く「三本の柱」は「信仰」「希望」そして「愛」

本日もお越しいただき
ありがとうございます

ヤフーメールや
ツイッターから
メッセージをくださった方も
ありがとうございます




聖書において
イエス・キリスト
透徹された真意が
受け継がれたと思える
文書に
「コリントの信徒への手紙13章」
というものがあることを
以前にこのブログで
ご紹介したことがあるのですが

イエスとパウロの言葉に垣間見る「自己愛」の真実


キリスト教信徒
パウロによって
述べられている
この手紙の
最後のほうに記された
この世に
残り続けるもの
というのが

「信仰」

「希望」

「愛」


3つなのですが




ぼくが
ブログのサブタイトルに
「3本の柱」
記している
その柱とは
上記の3つを
意味します
3_pillars_oflife_convert_20181231181424.png
出典:www.ayurvedacollege.com



これまでは
「悟りの境地」というと
この世(「2」の世界)
言葉や概念では
表せないもので
人間の知覚能力では
認識不可能な
「絶対無」
あるいは
「空」であると
古くから
語られ続けてきたわけですが

ぼく個人は
必ずしも
そうは感じないんですね




実は
この3つこそが
「2」の世界にありながら
知覚できる
「0」の世界
片鱗となる部分であり
「2」の世界を
いまなお
存続させている
原動力に
ほかならない
のです

7ビジョンでは
いろいろ書きすぎると
ややこしくなるので
あえて
3本のなかの
真ん中の柱となる
「愛」のみに
スポットを当てました)




なのですが
ぼくがここで言う
「信仰」

特定の宗教を信じる
人を信じるといった
狭義の意味からは
逸脱します




「希望」もまた
前向きに生きる
何かいいことが起こることを
期待するといった
狭義の意味からも
逸脱します




「愛」に関しては
とりあえずのところ
「自己愛」すべての人間に生えた見えない翼
~⦅P7ビジョン⦆~

の記事で
お話ししたとおりですが
いずれもう少し詳しく
動画解説してみたいですね




今年は
この「3本の柱」についても
必ずや
動画解説していきますので
(文章だと
伝わらない可能性が
あまりに高いので泣)
楽しみにしていてください(^-^)





今日も
ありがとうございました


人気ブログランキング




2019年の1月から
有料メルマガ

友資の『アースフルネスビジョンで彩る豊かな人生』

創刊しました


メルマガでは
「アースフルネスライフを生きる」の
記事についての動画解説

いただいた質問に
動画でお答えするコーナー
をメインに
ブログではなかなかお話できないことや
脳科学微生物学からひも解く
アースフルネスや精神世界のお話
社会をアースフルネスに読み解くお話や
ぼく独自の健康法や体験談
その他にも
手探り手探りで
人生を豊かにしうる
思いつく限りのあらゆるトピックに
踏み込んだコンテンツを
設けていきます

くだらない質問でも
切実な悩みでも
単なる報告でも
可能な限り
動画でレスポンスさせていただき
向き合わせていただきますので
ぼくと購読者のみなさんとの
円環のなかで
ともにアースフルネスライフを
はぐくんでいきませんか


動画でお応えする
質問に関しては
こちらからどうぞ↓
すでに受け付けております
tomophex777@yahoo.co.jp
ブログのコメントから
「非公開」という形でも
大丈夫ですし
メールフォームからなんかでも
大丈夫です



不可解
かつ
敷居が高く見られてしまう
ぼくのブログですが
まったくそんなことはない
ということが
メルマガを通じて
感じてもらえると思うので
どうか気楽に
気構えず遊びにいらしてください



初月無料ということで
お気に召さなければ
いつでも解約可能です




セミナーやセッションには
もちろん
それぞれの良さが
あるのですが
それらのものは
一回だけで
何千円何万円と
決して安くはない金額を要し
まったく同じものを
くり返し見ることができませんが
メルマガ動画でのやり取りは
好きなときに
好きなだけ
半永久的に確認や復習ができるうえに
じっくりと練ってから
好きなタイミングで
好きな質問や意見を
送っていただけますし
月4回のうち2回が動画配信として
1回が300円ちょっとで
残り2回の文字の記事も併せて
何度も見れると考えれば
交通費もかからず
コスパという意味でも
申し分ないかと思います




世知辛い時代に在りながら
税抜き620円の身銭を
切ってくださる
購読者のみなさんに
620円以上の価値を
お届けできるよう
精進して参ります
関連記事
スポンサーサイト

コメント

バーソさん

ぼくの思想や言論に対し、
ここまで真摯に向き合ってくださって、
感謝の気持ちで胸がいっぱいです。


ぼくには、
ばくなりの「信頼できる人」の見分け方のようなものがあるのですが、
いただいたコメントの

>互いに意見を述べ合うことで自分の誤った考えを修正もしくは変更できればいい、
あるいは自分の考えは合っていると再確認できればいいと思っているからです。

という下りは、
まさにその条件に合致します。

正しいことを言ってる人かどうか。
が信頼の条件ではなく、
「無知の知」の謙虚な姿勢の中で、
正しいことを言おうとしてる人かどうか。
なんですよね。



実は奇しくも、
そういう記事も書いてみようと思い立ち、

「信頼できる大人」から読み解くアースフルネス

というカテゴリーを、
昨日に作ったところだったのですが。


自己保身や利権のためにではなく、
本当に正しいと思えるものを求める人は、
反証を受け入れ、
そして、
「正しいと思えるものがある。
けれども、
それは正しくないかもしれない、
という思いも常にある」
というような姿勢を大切にするように思います。

科学者のような職業の方は特に、
こういった姿勢が求められますが、
残念ながら上記のような科学者は、
極めてマイノリティですよね。



特定の宗教を信仰されていた経緯がありながら、
盲目的に「信仰」にどっぷり浸かり、
「信仰」の鎧で安全圏に身を委ねる、
受動的な道ではなく、
あえて能動的に、
「理性」でもって真実を確かめようとする、
厳しい道を選んだバーソさんには、
敬意の念でいっぱいです。
(バーソさんは
「ストイシズムではなく、
そうしたくなっただけのことです」
というようなことを仰るのかもしれませんが)


「信仰」を重んじる者と、
「理性」を重んじる者と、
その両方の理解者になれるバーソさんは、
これからの時代に必要とされるだろう、
多角性を宿した人物の、
ひとつの理想形だと思います。




仰ってくださったとおり、
ぼくが語っていることは、
精神世界やスピリチュアル界隈では異物で、
受け入れられがたいものだと思われます笑

けれども同時に、
このブログは真正面からの反論を受けることがほとんどなく、
ほとんど一方的な発信になってしまっているところがありますが、
議論する場合はなるべくなら、
直接対面してしたいものですね。
文章だと、細かいニュアンスが伝わりにくく、
誤解を招いたり、
冷たい印象を与えたりして、
お互いに嫌な気持ちになる議論も少なくないからです。
バーソさんなら、
その心配はいりませんが^^




※他の読者の方が読んでも、
嫌な気分にしかならないような、
愛がないコメントがたまに来たり、
アルファベットの羅列(いたずら?)だけのコメントがよく来るので、
ぼくは承認制にしております♪

No title

興味深く、同意できる内容でした。以下は要約のような感想です。

まず、ちなみにということで、キリスト教の説を述べておきますが、
聖書の神は、歴史の最初に、完璧な地球環境(エデンの園)を造ったが、
天使の一人が蛇を用いて反逆し、最初の人間夫婦がそれに同調したために
この完璧な地球と完全な人間に罪と悪が入り、不完全になったと教えています。
なので善の天使ミカエルが悪の天使サタンを滅ぼすまでは、不完全な状態が続きます。

愛とは何かを確認するためには、愛を映すための“鏡”が必要だった、
その鏡は地球と人間であったという「創造原理ミラー説」は興味深いですね。

愛の想いは、その逆の憎悪の思いがないなら、よく分からない。
うれしさの感情は、悲しさの感情がなければ、よく分からない。
なので、この地球は二元性の原理で成り立っているのでしょう。
であれば、確かに善と悪の二面性がある地球は完璧であると言えそうです。

これがいちばん興味深いですね。
> 「諸行無常の流動性」のなかで、
「愛(0の世界)」にはとどきそうでとどかない、
永遠に終わりの来ない「鏡の世界(この世界)」の状態を創り出すことが、
神による究極の愛の完成形なのではないか

一般的には、この世界は愛の完成形の“途中段階”であり、
人間は人生(そして輪廻転生)でいろいろ学んで漸進的に進歩していく、
すなわち人生は学びの場である、と説明する人が多いと思いますが、
友資さんはそうではなく、究極の愛の完成形であるとするわけですね。

いま、愛の欠ける地球は、急速に破滅に向かっている。
まもなく滅びそうな地球から早く脱出したほうがいい。
昔のノアの時代に、方舟に乗って救われた少数の人がいたように、
今の時代もノアの方舟のような宇宙船に乗って救われるべきだと
主張する人もいますが、
友資さんはそうではなく、今までも今もじつは完璧なのだ、
善も悪も正も邪も是も非もある人生でいいのだ、と考えるわけですね。

まあ、この人生でいいのだ、と言うと語弊があり、勘違いされやすいですが、
じつは私も、山あり谷あり波あり嵐ありのこの人生が真の人生であり、
その中で、成りたい自分になっていくのが人生の醍醐味だと思っています。
むろん、今ひどい困難に遭っている人には理解しにくい話だと思いますが。


※なお、
よく、ひとから反論や異論を言われると、悩んだり落ち込んだり不快になったり
怒ったりする人がいます。悪意のある妙なコメントだとケンカになるのが嫌なので、
コメントは承認制にしている場合もあるようです。

私は、意見を言うのも好きなほうですし、言われるのも(礼を逸しておらず、
謙遜で、論理的であるならば)好きなほうですが、
それは相手を打ち負かしたいからとか、説得したいからではなく、
互いに意見を述べ合うことで自分の誤った考えを修正もしくは変更できればいい、
あるいは自分の考えは合っていると再確認できればいいと思っているからです。
つまりは真理に関心があり、もっと深く真理を知りたいからなんですね。

なので、友資さんには、いまのところ私なりの感想を“安心して”書いているので、
どうか、それもひとつの考え方かもね、くらいに受け止めていただければ幸いです。
ですけども、意見はいいが、異見はかなり気になるのであれば、率直に言うか、
あるいは、それとなく匂わせていただければ有難いでね。(^^ゞ

バーソさん

バーソさん、いつもありがとうございます。

毎度のことながら、とても真摯なコメントをいただき、
帰省ボケしていた怠けた姿勢が一撃で正されました笑


このブログにおける見解としては、
「自由意志」で生きていると認識するビジョンが、
「2」の世界のビジョンで、
「運命論」的な認識のもとに生きるビジョンが、
「1」や「0」の世界のビジョンです。


同じ空間と時間を共有し、
触れ合うことができる、
ビジョンの違う者どうしたちなので、
一見すると矛盾しているようにも思えるのですが、
ネットの仮想空間のように、
個人個人が一ヶ所(宇宙)に多重に重なり合ってる世界だと考えると、
ビジョンが違う者どうし共存できるのも頷けたりします。



ビジョンが突き抜けると、
髪の毛一本の動き、
砂埃ひと粒の動きさえもが、
自由意志を超えた、
「縁起」的な相互作用のもとに生み出されていることが、
見えてくることになるのですが、
これは操り人形のような、
誰かが個人を操ってるようなニュアンスではなく、

以前のコメントでもお話ししたような、
「神自らが体験する」ために、
宇宙全体、地球全体が、
ひとつの巨大な生命体として、
まるい容器(宇宙)のなかで静止することなく、
目に見える球と見えない球とが、
ビリヤードのようにぶつかりあい、
「ひとつだけの命」の生命活動を維持している、
そんなイメージです(わかりにくくてすいません)。
なのでまさにバーソさんが仰る通り、
自己愛から被造物は創造されたのだと、
ぼく個人も思います。


個人的には、
神は「愛だけしかない完璧な世界」を望んでこの世界を創造したのではないのではないか、
と思っております。
なぜかといいますと、
仮にそうなら、最初から「悪」や「不幸」や「悲しみ」を、
創造することなんてなかったはずだからです。



「完璧」ということは、
そこから何かを足すことも、
引くことも不要な、
「いっさいの動きがない状態」と言えますが、
仮に「愛」がそれに該当するものだとするなら、
それはすでにこの世界(2の世界)を超えた、
0の世界に完成されていて、
けれども自身そのものである「愛」を確認するためには、
自身(愛)を映すための「鏡」となるものが必要だった。
それこそがこの世界(2の世界)であり、
「悪」「不幸」「悲しみ」などであると、
ぼくは考えます。


究極の愛の完成形は、
「いっさいの動きがない状態」ではなく、
究極の安全圏である「愛(0の世界)」によって包含された、
「諸行無常の流動性」のなかで、
「愛(0の世界)」にはとどきそうでとどかない、
永遠に終わりの来ない「鏡の世界(この世界)」の状態を創り出すことが、
神による究極の愛の完成形なのではないかというのが、
ぼくの解釈です。

ようするに、
この世界はこれまで完璧ではなかったことがなく、
「完璧の連続」のなかで、
ぼくら人間は「体験」という形で、
神の自己愛に付き合わされてるわけです。
つくづく、神様はナルシストです笑


まとまってるようなまとまってないような、
駄文を書き連ねてしまいました。
失礼いたしました。
なんだか夢中で一気に書いてしまいました。

No title

 元キリスト教徒だった者からの当該聖句についての感想です。

「それゆえ、信仰と、希望と、愛、この三つは、いつまでも残る。
その中で最も大いなるものは、愛である。」コリント第一13:13節

この文脈は、前節ではこうです。
「13:1 たとえ、人々の異言、天使たちの異言を語ろうとも、愛がなければ、わたしは騒がしいどら、やかましいシンバル。
13:2 たとえ、預言する賜物を持ち、あらゆる神秘とあらゆる知識に通じていようとも、たとえ、山を動かすほどの完全な信仰を持っていようとも、愛がなければ、無に等しい。
13:3 全財産を貧しい人々のために使い尽くそうとも、誇ろうとしてわが身を死に引き渡そうとも、愛がなければ、わたしに何の益もない。

 ここでは、しつこいほど「愛」が一番重要であると強調されています。
 これを読んだときに思ったのは、「愛」の重要性は分かります。人は自分一人だけで生きているわけではなく、人々の中で暮らしているからです。人は、愛の重要性は思いでは分かってはいても、なかなか実行には移せないからです。

 しかし「希望」と「信仰」が次に重要な特質として挙げられているのは、やはりこうしてパウロからくどくどと言われなければ、人は容易に信仰と希望を失いやすいということだろう。つまり(神の存在に対する)信仰と(その約束への)希望をしっかりと抱くために必要な確たる証拠というものは、聖書の言葉以外には無い。だからこうしてしつこく強調されているのだろう、と思いましたね。

 この「愛」には利己愛も自己愛も含まれていますが、普通は自己犠牲的な愛が最高だとされています。イエスも「友のために自分の命を捨てること、これ以上に大きな愛はない。(ヨハネ15:13) 」と言い、自分でそれを実行しています。

 しかし究極的には、利他愛は自己愛から発しているとする考えは、私も今回ブログで匂わせています。ご隠居に「自分を愛せる者が他の人を愛せるのだ」と語らせています。

 だから《P7ビジョン》のほうに書かれている「実はどれもが『自分のためにやっていること』なんですね」は、私もまさしくそうだと思いますね。
 聖書の『十戒』がそうです。第一の戒めは「あなたは私の他に神があってはならない」ですから。
 それで、この戒めの意図するところとはちょっと意味は違いますが、神が存在し、創造者であるなら、それは自己愛から被造物を創造したのだろうと思います。

 ですが、自己愛だけで完結するなら、愛の半分しか達成してないことになる。だから愛を完璧に全うするためには利他愛も行なわなければならない。それを実行して愛というものを完全に理解し体得するまで、人は人生を何度も繰り返すのだろうとも思います。そういう意味では完璧な愛の社会の到来は相当時間が掛かりそうですが。
非公開コメント

ランキングに参加しております。

プロフィール

 友資

このブログの筆者: 友資


初めて訪問された方は、
  vol.1「アースフルネス」ってなに?前編の動画を見ていただくか、


初投稿記事
  「アースフルネス」とは?前編
をクリックいただけましたら幸いです。

以下の
アースフルネス「7」ビジョンについての解説は、
哲学やスピリチュアルに馴染のない方は
難しく感じるかもしれません。
それぞれの世界の動画解説もあるので
まずは動画をみていただくことを
お勧めします。

  「2」の世界(天秤世界&父性世界)についての解説
  「1」の世界(縁起世界&母性世界への扉)についての解説 前編  後編
  「0」の世界(悟り世界&母性世界)についての解説 前編  後編

いずれもこのブログの
骨格を成す記事で、
このブログだけの「公理(ものさし)」でもあります。

カテゴリ

入力した語句が含まれる記事を探せます。

直接に伝えたい用件がある方はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッターもやってます。

アースフルネス「7」ビジョン

画像をクリックすると拡大します
ここをクリック

QRコード

QR