FC2ブログ

人間には「翼(高次欲求)」が生えている ~マズローの欲求5段階~

本日もお越しいただき
ありがとうございます




一昨日の記事
人間ではない生きものたちに人間を見る
~東京レプタイルズワールド2018~

補足がしたくて
今日の記事を
書きました





人間は
人間以外の
生きものたちに
(あるいは幼子に)
ある種の
純真無垢
感受する生きものです



けれども
同じ人間に対しては
それを感受する機会が
少ないのもまた
ぼくたち人間です

このことは
どうしてなのでしょうか




ぼくは
その理由のひとつを
アメリカの心理学者
アブラハム・マズロー
提唱した
欲求5段階説
ひも解くことによって
見ることができると
考えます
マズロー欲求段階_convert_20181202095207





人間も
人間でない生きものも
土台となる
「生理的欲求」を
満たすことの
その上に
次なる欲求を積み上げ
満たされるごとに
さらに上の欲求まで
登頂していくことを
日々
くりかえす存在です





「安全欲求」
「社会的欲求」
近辺までの
シンプルな欲求を
満たすことを
目的とするのが
人間ではない
生きものたちですが




そこからさらに
「承認欲求」
「自己実現欲求」

ひいては
「自己超越欲求」をも
内包し
なおかつ
それらの欲求と
密接に結びつく
多くの「言葉」
多くの「記憶」
「感情」
「思考」
よりバリエーション豊かに
発露されてしまう
人間は

だからこそ
純と
不純
とを
シンプルと
複雑怪奇
とを
併せ持った
面白い存在なんですよね

(トイレを我慢して
食欲を我慢して
自己実現や
自己超越を優先する
そんなときもある人間は
つくづく
奇妙な存在ですね)





けれどもぼくは
人間が
そうあることが
「煩悩」だとか
「穢れ」だとかいうふうには
まったく思いません





人間に
承認欲求や
自己実現欲求が
授けられていることは

鳥には
翼が生えているように
魚には
鰭(ひれ)が生えているように
亀の身体が
甲羅に覆われているように
植物には
花が咲くように
できているように──

人間には
高次の欲求が
その背中に
生えている

ただ
それだけのことではないか

ぼくは
思わずには
いられないんですね





鳥に
「飛ぶな」という者が
果たして
いるでしょうか

魚に
「泳ぐな」という者が
果たして
いるでしょうか




そうとわかれば
なんのためらいもなく
ぼくら人間は
高次欲求を
発揮させ
おおいに
飛び立ちましょう





それでも
高次欲求が
満たされず
明日への希望が見えず
苦しいときには
どうすればいいのか
ですか?




そういうときに
救いとなる
豊かなビジョンをも
併せて養うのが
このブログ
「アースフルネスライフを生きる」です(^_^)




今日も
ありがとうございました





人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

 友資

このブログの筆者: 友資


初めて訪問された方は、
初投稿記事
  「アースフルネス」とは? 前編
をクリックいただけましたら幸いです。

以下の
アースフルネス「7」ビジョンについての解説は、
哲学やスピリチュアルに馴染のない方は
難しく感じるかもしれません。
わからないところがあれば、遠慮なく質問してください。

  「2」の世界(因果の世界)についての解説
  「1」の世界(縁起の世界)についての解説 前編  後編
  「0」の世界(悟りの世界)についての解説 前編  後編

いずれもこのブログの
骨格を成す記事で、
このブログだけの「公理」でもあります。

メルマガ登録ページはこちらから

ランキングに参加しております。

カテゴリ

入力した語句が含まれる記事を探せます。

直接に伝えたい用件がある方はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッターもやってます。

QRコード

QR

アースフルネス「7」ビジョン

画像をクリックすると拡大します
ここをクリック