FC2ブログ

「とおりいっぺんの色ではないからこそ人生」人工ボディ技師・福島有佳子

本日もお越しいただき
ありがとうございます




11月26日放送の
NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」を見ました




密着取材の相手は
先天的な障害や
事故や病気で失った
体の一部を補う
シリコン製のボディパーツを
制作する
人工ボディ技師
福島有佳子さんです
lif14102116170020-p1_convert_20181129173136.jpg
出典:oreno-trend.biz




当代一と
世界的にも名高い
福島さんの
人工ボディは
単にリアルなだけのものとは
一線を画します





リアルなだけのものであれば
芸術家にだって
ひいては
機械にだって
作れてしまうわけですが

福島さんのそれは
福島さんの手による
完全フルオーダーでありながら

イエス
釈迦(ブッダ)
対機説法(対話術)
彷彿とさせるような
徹底された
カウンセリングのもとに
機能性や
装着感を含めた
個人個人に
限りなく適合するものを
妥協なく
目指しているため
まるで
魂が宿ったかのような
その人のための
その人だけの
人工ボディが
生み出されることになります

body_image-300x200.jpg
出典:atsumorikouwaka.com





「その人の体を
作っているんです
その人の体を
作りたいんです」

という言葉は
メタファー(隠喩)ではなく
本気で福島さんは
そう思ってるんですね




決して長くはない
制限時間の中で
緻密に
丁寧に
相談者の日常や
ひとつひとつの動作
人生観までをも
探り出していく
福島さんは

「どんな会話の中にも
無駄が何もないんですよ
お客様から聞く話って
その人が何を感じて
どう思って生きているかなんて
全然わからないので
だからその人の生活とか動きとか
そういったすべてが
いるんですよ」

そう語ります





この
ホリスティック(全体性)なビジョンは
今月前半に放送された
「誰ひとり、見捨てない」小児神経科医・友田明美
の記事における
友田医師を
思い起こさせますね




アースフルネス的に
「無駄は何もない」の視点を
ひるがえしたなら
「無駄なものしかない」
そこには
同居しているのですが




無駄の集積は
この「2」の世界においては
見る人の目的や
主観者のビジョンによっては
福島さんのように
「宝の集積」にもなりえて






「想いを
形にしたいと思ってる
お客さんの中に
言わない何かがあるんですよ
何かがあるの

こう思っている
ああ思っているとか
つらい思いとか別としても
自分では気づいていない
思ってないかもしれない部分でも
何かが絶対に
経験上にあるような気がして
それを探すの」

と語る
福島さんは




一見すると
無駄でしかない
相談者の人生の
あらゆる集積の中から
その人が
ウソいつわりなく
笑顔になれる

ただそのための手がかりを
探ろうと
日々足掻くんですね





21歳のとき
人工ボディ技師としての
スタートを切ったものの
入った会社の
技術者は
福島さん一人

制作マニュアルなど
いっさい用意されることなく
制作に関するすべてを
自分でどうにかするよう
指令をくだした社長は
その2年後
借金を残して失踪

「障害者を食い物にした詐欺だ」
詰め寄られ
社員が次々と
辞めていくなか
最後に残ったのが
福島さん
ただ一人だったわけですが──

それでも
逃げ出すことなく
踏みとどまった
あきれるほどの
福島さんの底力には
ただただ
敬服するしかありません




そこから
顧客ひとりひとりに
手紙を書き
技術と物とで
代償を支払うことを
決断した福島さんは
振り返ることも
ためらわれるほどの
屈辱を
浴びせられながら
無我夢中で
顧客と
人工ボディとに
食らいつくように
向き合い続けたというんですね




そして
3年が過ぎたころに
ようやく
感謝の言葉が
届くまでの技術を
獲得することになり
28歳の時に
大手の技師装具会社に
迎えられ
現在の工房があります




ぼくはそんな
福島さんの
一人の人生の
あらゆるすべてに
寄り添うような
独自の塗装工程の
その流儀に
人生のうまみのようなものを
見ずにはいられません




「確かにキレイじゃないんですよ
私の作るものは
ムラも多いし
いろんなムラが入って
ひとつの皮になっているイメージなので
とおり一遍の色に
しないようにしている
だからこそ
生きてみえるようになるのかなあと
思ってる」





ぼくらの人生も
まったくおんなじです




とおり一遍の
色ばかりではない
喜怒哀楽
悲喜こもごもが
あるからこそ
人生は
「生きてみえる」に
違いありません





今日も
ありがとうございました





人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

バーソさん

バーソさん、おはようございます。

バーソさんに例え話の有効性を教えていただいて、
なるほど、だから神話や昔話は途絶えることなく生き残ってきたのだな、ということが腑に落ちた気がしました。


過去のぼくは、
イエスやブッダ、ソクラテスのように、
例え話や対話術に優れている人を、
とても妬んでいるところがありました。

実はぼくは、軽度ではありますが、失語症と失読症の障害を抱えております。
だからこそ、ブログや文章といった表現形態を使っているところがありますね。

本当だったら、ぼくもそういった先人たちや福島さんのようなことがやりたかったのですが、
おのおのに、与えられた役割や宿命があることを海より深く理解できた今は、
そういう自分をむしろ楽しんで受け容れることができております。


これからも「生きてみえる人生」をこそ
歩み続けていきたいですね。

人生は喜怒哀楽の体験。

テーマと外れて申し訳ないですが、「対機説法」の言葉を見てイエスの説法を思い出しました。
イエスは「例えならでは語り給わず」と言われるほど、例え話を多用しましたが、その理由をまず・・・

第一に、人々に、難しい真理を分かりやすく理解させるためです。例え話は興味をそそり、記憶の助けになります。

第二に、人々を分けるためです。例え話は、特に隠喩は、よく考えて掘り下げなければ意味を把握できません。だからイエスから例え話の説明を聞く気がなく、心では真理を欲してない誇り高い人を去らせるのに役立ちました。イエスは「耳のある者は聞きなさい」とよく言いましたが、人は聞く気がなければ真理は理解できないのですね。

第三に、例え話は間接的に何かを言うことなので、警告や叱責が相手に穏やかに伝わるということもあります。

福島さんはメタファーでなく、「その人の体」を作ろうとしているのですね。
そうしているのは、もちろん心の中に愛という動機が強く働いているからなんでしょう。
「障害者を食い物にした詐欺だ」と言うような人は、心が暗い人ですね。哀れな人です。

> ぼくらの人生も
まったくおんなじです
とおり一遍の色ばかりではない
喜怒哀楽、悲喜こもごもがあるからこそ
人生は「生きてみえる」に違いありません


そうですね。この言葉にまったく同意します。
非公開コメント

プロフィール

 友資

このブログの筆者: 友資


初めて訪問された方は、
初投稿記事
  「アースフルネス」とは? 前編
をクリックいただけましたら幸いです。

以下の
アースフルネス「7」ビジョンについての解説は、
哲学やスピリチュアルに馴染のない方は
難しく感じるかもしれません。
わからないところがあれば、遠慮なく質問してください。

  「2」の世界(因果の世界)についての解説
  「1」の世界(縁起の世界)についての解説 前編  後編
  「0」の世界(悟りの世界)についての解説 前編  後編

いずれもこのブログの
骨格を成す記事で、
このブログだけの「公理」でもあります。

メルマガ登録ページはこちらから

ランキングに参加しております。

カテゴリ

入力した語句が含まれる記事を探せます。

直接に伝えたい用件がある方はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッターもやってます。

QRコード

QR

アースフルネス「7」ビジョン

画像をクリックすると拡大します
ここをクリック