FC2ブログ

「神」という概念を超えた「神」マイスター・エックハルトとスピノザ

本日もお越しいただき
ありがとうございます




タイトルの
マイスター・エックハルトという人物は
「聖書」
絶対的権威を持つ
社会体制の中
それに異を唱える者には
極刑をも辞さない
13世紀のドイツ(神聖ローマ帝国)を生きた
キリスト教神学者であり
神秘主義者です
18637c1d86baf0804583d308dae3bdfd_convert_20190121115024.jpg
出典:www.pinterest.es

(現代のスピリチュアルメッセンジャーに
エックハルト・トールという
著名な人物が現存しますが
その方とは別人です)






そんな社会体制のなか
しかも自身が
キリスト教神学者という
立場にありながら
「言葉で表せる神は幻想にすぎない」
といったニュアンスの
宗教改革的発言をした
エックハルトは
火刑に処される直前に
亡くなった
ということなのですが
(死因は不明です)

「自己からの離脱」
だったり
被造物(森羅万象)は「無」である
といった表現をする
西洋の宗教人や哲学者を
ぼくは他に知らない気がします




「離脱(解脱)」や
「無」と言えば
東洋の哲学者でいうところの
あの人
釈迦(ブッダ)の十八番
ですもんね




「被造物(人間もふくめた万物)」は
それ自体では
存在すらできない
純粋な無である」
とは
エックハルトの言葉ですが





この言葉は
「神(0の世界)」という「実体」から
映写機のように
投影された世界が
この世界(2の世界)だ
ということを
意味します




「神」という概念を
追い続ける限り
どこまで行ってもそれは
映写機から映し出された
幻想であり
「神」をかたどった
「神ではないもの」であり
それでは決して
「神」に辿り着くことはなく




個人個人が
思い描く「神」という言葉
「神」というイメージや
固定概念を
きれいさっぱり
捨て去ったところに
初めて
『「神」は顕現する』 

そう言っているわけです
(釈迦(ブッダ)の解脱のプロセスに
そっくりですね)





そんな思想を
エックハルトの時代と場所の
状況下で
公言したなら
有神論の仮面をかぶった
「無神論」
と受け取られても
いたしかたなく





教会や聖職者といった
神と人とを仲介する
場所や人間は
不要になってしまいますから




とうぜんながら
聖職者や
信者の人々から
強い反発を受けますし




聖書と信仰によって
国の統制を保っていた
時の権力者が
放っておくはずもありません




ぼくはここで
西洋人であることや
その思想哲学もふくめ
連想してしまう
一人の人物を
思い浮かべます




それが16世紀の
オランダを生きた
哲学者スピノザです





彼もまた
哲学(理性)は
神学(信仰)の
婢女(召し使いの女)でなければならない

といった
一神教的神(信仰)を
理性的にとらえようものなら
「非国民」と同義の
社会体制にあって
身の危険を顧みず
「神即自然(「1」の世界の神)」を提唱し
ユダヤ人共同体を破門
追放され




聖書(信仰)の権威を守りつつ
理性的に生きる道(真理への道)

民衆というよりはむしろ
社会体制に理性を奪われた
同志(他の哲学者)たち

提唱することを
こころみますが




志を同じくする
リベラルな政治指導者
ヤン・デ・ウィット
暴徒と化した民衆に惨殺され
スピノザ自身もまた
「無神論者」
「危険人物」

レッテルを貼られ
命を狙われながら
数少ない理解者しか得られない
生涯を送ることになったと
言われています
(その優れた人柄から
「有徳の無神論者」
というあだ名もあったようです)




その思想哲学の
表現方法や
伝達手段はちがえど
2人が言いたいことの
行き着くところは
一緒ではないか

ぼくにはそう見えます




ところが
エックハルトの見た
神との一致は
釈迦(ブッダ)とスピノザ
とどまりません




次回もまた
「マイスター・エックハルトの見た神」
同じ神を見ていたと思える人物を
ご紹介します(^^♪

25日配信の
「2」の世界とは何か?字幕付き動画解説
メルマガ動画でも
エックハルトとスピノザのお話を
少しだけしております




「宗教」から読み解く
アースフルネスのコーナー
でした
今日も
ありがとうございました


人気ブログランキング




2019年の1月から
有料メルマガ

友資の『アースフルネスビジョンで彩る豊かな人生』

創刊しました


メルマガでは
「アースフルネスライフを生きる」の
記事についての動画解説

いただいた質問に
動画でお答えするコーナー
をメインに
ブログではなかなかお話できないことや
脳科学微生物学からひも解く
アースフルネスや精神世界のお話
社会をアースフルネスに読み解くお話や
ぼく独自の健康法や体験談
その他にも
手探り手探りで
人生を豊かにしうる
思いつく限りのあらゆるトピックに
踏み込んだコンテンツを
設けていきます

くだらない質問でも
切実な悩みでも
単なる報告でも
可能な限り
動画でレスポンスさせていただき
向き合わせていただきますので
ぼくと購読者のみなさんとの
円環のなかで
ともにアースフルネスライフを
はぐくんでいきませんか


動画でお応えする
質問に関しては
こちらからどうぞ↓
すでに受け付けております
tomophex777@yahoo.co.jp
ブログのコメントから
「非公開」という形でも
大丈夫ですし
メールフォームからなんかでも
大丈夫です





不可解
かつ
敷居が高く見られてしまう
ぼくのブログですが
まったくそんなことはない
ということが
メルマガを通じて
感じてもらえると思うので
どうか気楽に
気構えず遊びにいらしてください



初月無料ということで
お気に召さなければ
いつでも解約可能です

誰が契約して
誰が解約したかといった
個人情報は
いっさいぼくは
知ることができないシステムになっているので
その点もご安心ください^^




セミナーやセッションには
もちろん
それぞれの良さが
あるのですが
それらのものは
一回だけで
何千円何万円と
決して安くはない金額を要し
まったく同じものを
くり返し見ることができませんが
メルマガ動画でのやり取りは
好きなときに
好きなだけ
半永久的に確認や復習ができるうえに
じっくりと練ってから
好きなタイミングで
好きな質問や意見を
送っていただけますし
月4回のうち2回が動画配信として
1回が300円ちょっとで
残り2回の文字の記事も併せて
何度も見れると考えれば
交通費もかからず
コスパという意味でも
申し分ないかと思います




世知辛い時代に在りながら
税抜き620円の身銭を
切ってくださる
購読者のみなさんに
620円以上の価値を
お届けできるよう
精進して参ります
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ランキングに参加しております。

プロフィール

 友資

このブログの筆者: 友資


初めて訪問された方は、
  vol.1「アースフルネス」ってなに?前編の動画を見ていただくか、


初投稿記事
  「アースフルネス」とは?前編
をクリックいただけましたら幸いです。

以下の
アースフルネス「7」ビジョンについての解説は、
哲学やスピリチュアルに馴染のない方は
難しく感じるかもしれません。
それぞれの世界の動画解説もあるので
まずは動画をみていただくことを
お勧めします。

  「2」の世界(天秤世界&父性世界)についての解説
  「1」の世界(縁起世界&母性世界への扉)についての解説 前編  後編
  「0」の世界(悟り世界&母性世界)についての解説 前編  後編

いずれもこのブログの
骨格を成す記事で、
このブログだけの「公理(ものさし)」でもあります。

カテゴリ

入力した語句が含まれる記事を探せます。

直接に伝えたい用件がある方はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッターもやってます。

アースフルネス「7」ビジョン

画像をクリックすると拡大します
ここをクリック

QRコード

QR