FC2ブログ

「人気ブログランキング」をやっててよかったと思えること

本日もお越しいただき
ありがとうございます




数日前まで
人気ブログランキングの順位が
安定してよかったのですが
上がるときがあれば
下がるときもあり
いいときがあれば
わるいときもあるのが
人生の摂理
なので
いいときが長く続けば
必ずや
下がるときはやってきます
そして
イヤでも
再び上がるときはやって来るし
また下がるときはやって来る
人生は
そのくりかえしです




ランキングに参加していて
よかったなあと思える瞬間は
納得がいかない記事や
よくなかったのだろう記事を
掲載したときに
唯一
読者のみなさんの本音
垣間見れることですね




一ヶ月以上
ブログを更新していない
にもかかわらず
不思議なことに
まったくランキングが下がらないような方も
たまにお見掛けしますが
ぼくのブログの
読者のみなさんは
「無条件で応援してるよ!」
というような方は
ほとんど皆無のようで

ぼくは常に
いばらの道を
歩かされております笑




なのですが
ぼくのブログは
どういうわけか
コメントや反応が少ないブログ
ということもあるので
ブログランキングは
読者のみなさんの
「率直な反応」
を読み取るのに
ひと役
買ってくれております




面白いくらいに
ジェットコースター並に
ランキングが急降下するので
みなさんほんと
リアクションが顕著で
わかりやすいですね笑




今回の
FUJIYAMAクラスの
急降下を受けて
やはり
「1」の世界の
踏み込んだ
文章的な説明は
現時点のぼくには
まだ早いか
読者の視点で
粘り強く
寄り添ってくれるような
編集者でもついてくれない限り
不可能ということが
よくわかったので




いま現在の
ぼくの手持ちの手ふだのなかで
できることとして
やはり
動画での解説
力を入れて行こうと
方向性を絞れる
いい機会になりました



動画で選択した
言葉や表現が
文章にフィードバックされ
相乗効果を生む

というようなことも
間違いなくありますからね





それでは
今年も残り半月となりましたが
忘年会での
暴飲暴食などで
体調を崩されないよう
みなさんご自愛ください^^
IMG_20181207_131651_convert_20181215115512.jpg




今日も
ありがとうございました



人気ブログランキング




2019年の1月より
有料メルマガ

友資の『アースフルネスビジョンで彩る豊かな人生』

創刊します


メルマガでは
「アースフルネスライフを生きる」の
記事についての動画解説

いただいた質問に
動画でお答えするコーナー
をメインに
ブログではなかなかお話できないことや
脳科学微生物学からひも解く
アースフルネスや精神世界のお話
社会をアースフルネスに読み解くお話や
ぼく独自の健康法や体験談
その他にも
手探り手探りで
人生を豊かにしうる
思いつく限りのあらゆるトピックに
踏み込んだコンテンツを
設けていきます

くだらない質問でも
切実な悩みでも
単なる報告でも
可能な限り
動画でレスポンスさせていただき
向き合わせていただきますので
ぼくと購読者のみなさんとの
円環のなかで
ともにアースフルネスライフを
はぐくんでいきませんか


はぐくんでいきませんか

動画でお応えする
質問に関しては
こちらからどうぞ↓
tomophex777@yahoo.co.jp




不可解
かつ
敷居が高く見られてしまう
ぼくのブログですが
まったくそんなことはない
ということが
メルマガを通じて
感じてもらえると思うので
どうか気楽に
気構えず遊びにいらしてください



初月無料ということで
お気に召さなければ
いつでも解約可能です




セミナーやセッションには
もちろん
それぞれの良さが
あるのですが
それらのものは
一回だけで
何千円何万円と
決して安くはない金額を要し
まったく同じものを
くり返し見ることができませんが
メルマガ動画でのやり取りは
好きなときに
好きなだけ
半永久的に確認や復習ができるうえに
じっくりと練ってから
好きなタイミングで
好きな質問や意見を
送っていただけますし
月4回のうち2回が動画配信として
1回が300円ちょっとで
残り2回の文字の記事も併せて
何度も見れると考えれば
交通費もかからず
コスパという意味でも
申し分ないかと思います




世知辛い時代に在りながら
税抜き620円の身銭を
切ってくださる
購読者のみなさんに
620円以上の価値を
お届けできるよう
精進して参ります
スポンサーサイト

「私はすべてである」その理由と「1」の世界について

一昨日の記事
「明日のことは明日自らが思い悩む」
~イエスと池田晶子~
を受けて
ツイッターのほうから


私は誰でもない

はなんとなーく分かる。けど

裏を返せば
「私はすべてである」

にどう繋がるのかその間のことが解らなくて、
なんだこんな難しい話はムリ
って思ってしまうんだと思います。



というダイレクトメールを
読者の方から
いただいたのですが
その方が
そういう気持ちなら
他の多くの読者のみなさんも
同じ気持ちかもしれないと
思い立ち
急きょ
今日の記事を
書き上げるに至りました




置いてけぼりにされたと
感じた方は
申し訳ありませんでした

今日の記事で
伝わるといいのですが
仮にもし
今日も伝わらなくとも
自分を卑下したり
自分には縁がなかったんだな

なんて
思う必要性は
まったくないです



まず第一に
それは
ぼくの力不足
ですし

第二に
ぼくが発信している
言葉やメッセージ
特に
「1」や「0」の世界の
お話は
なかなか水が
滲み込んでいかない
石のように固いスポンジに
長い月日をかけて
時間をかけて
ゆっくりじっくり
水を滲みこませていくような
そんな過程を経ないと
知識から⇒体感へ
そしてさらに深くへと
浸透して行かないような
人間の
もっとも根源的なところの
お話
なので

ほんの短い期間で
「もういいや」となることは
とても
もったいないことのように思います




なのでこれからは
メルマガと動画を併用しながら
みなさんとともに
「こう言えば伝わるんだな」とか
「こういう言い方だと
独りよがりになっちゃうんだな」
とか
「そうかそういう見方もあるのか」
ということを
読者のみなさんから
教えていただいたり
学んだりしながら
ともに成長していきたいなと
考えている次第です




さて
池田晶子さんや
釈迦(ブッダ)がいうところの
「私はいない」
自分の「肉体」と「精神」
そして
そのふたつを超えた
この世界にあるもの
どれを照らし合わせてみても
「私」と呼べるものは
見当たらない

といった意味が
含まれているのですが




「過去」「未来」
「善」「悪」
「生」「死」
「男」「女」
「幸運」「不運」
「明るい」「暗い」
「熱い」「冷たい」
「始まり」「終わり」
「上」「下」
「右」「左」
「高い」「低い」
「長い」「短い」
「うれしい」「かなしい」
「早い」「遅い」
「進む」「戻る」
「好き」「嫌い」
「白」「黒」
「入る」「出る」
「あなた」「わたし」
「引力」「斥力」
などなど
隣り合わせの
ふたつのペアが
複雑にからみあい
骨組みを成しているのが
この「2」の世界です





すべてのものを
照らし合わせてみても
「私」と呼べるものが
見当たらない
ということは

そのペアとして
すべてのものが
「私」と呼べるものとして
見当たってしまう

ということが
ペアのもので構成された
この「2」の世界においては
もう片方の骨組みとして
同時に含まれることを
意味することになります



聞く人によっては
単なる言葉遊びのようにも
聞こえてしまうかもしれないのですが
新約聖書に
「初めに言葉があった」
と記されるだけの力が
「言葉」には
やはりあるんですよね





そして
いま一度
「私はすべてである」の世界
「1」の世界
についての
説明記事の
その一部を
以下に引きます
(お時間がある方は
後編もぜひ)




ポケットがひとつもない
宇宙規模の大きさの
立体的な円形の
ビリヤード台があると
想像してみます
Helix-Nebula_convert_20180924130002.jpg




そこには
無限にも等しい数の
無数の球が
(何者かによって)
セッティングされていて──
banner2_convert_20180924130014.jpg
https://cuestix.com/">出典:https://cuestix.com/




最初の
ひと突きが
起こった
その瞬間に──

台の中の
すべての球は
台の端にある球から
その反対側の
端にある球にまで
影響をおよぼし
また
どの球も
転がってきた
他の球から受ける
その影響を
決して
避けることができません




「空間」もまた
球ですし
「こころ」もまた
肉体を超えて
他の球から
ぶつかられたり
ぶつかったりを
えんえんくりかえす




それならば
「一個の球の動き」
「一人の人間の
そのときどきの
思考や感情や行動」

決定づけているものとは
いったい
なんだと言えるのか



それはというと
「私」以外の
すべての球の
相互のぶつかりあいが
「私」という一個の球の
その動きのすべてを
決定づける

ということになるのですが




厳密に言うと
「私」は
もっともっと
細分化することができます





脳や臓器
腕や足
骨格や性器
様々な肉体パーツが
数多の細胞によって
構成されております
人間の肉体ですが
もし
この一個一個の細胞もまた
「球」だとするなら

さらにその
一個の細胞を
構成する
あまたの素粒子もまた
「球」だとするなら

「今夜はキムチ鍋にしようかな」
「明日仕事行きたくないなあ」
「え~とこの問題は
この式を使ってこうやって…」

といった一個一個の
気持ちや感情
思考や創造の過程もまた
「球」だとするなら──

「私」と呼べるものは
やはり
どこにも見当たりません





けれども
大海にできた
ひとつの小さなうず
であるかのように
2d333f263d11e1b06a11ffb6cf3a4ae1--sea-shells-snails_convert_20181214134730.jpg
出典:pictasetex.pw



「海」の中の一部として
形成された
「私(うず)」は
言うまでもなく
外の他の
人間や森羅万象(海であり他のうず)から
切り離され
なんの影響も受けない
完全に独立したものとして
存在することは

「海」の中の「うず」
あるいは
「箱(宇宙)」の中の「球」として
停止することなく
相互に影響しあう
この世界の法則(縁起の法則)にあっては
起こりえないことで




球のぶつかりあいによって
存続できている
「私」は
その「私」以外の
すべての球にもまた
影響を与えている
だからこその──

「私はすべてである」であり
アースフルネス「7」ビジョンにおける
「1」の世界の
「宇宙全体」が「個人」の「運命」を切りひらくという認識

なのです
アースフル7ビジョン完成形_convert_20180923154229




「1」の世界の説明は
つくづく
難しいです

メルマガ動画で
果たして
どこまで伝えることが
できるのか
ほどよいプレッシャーを感じつつも
なんだか
わくわくもしますね^^




今日も
ありがとうございました





人気ブログランキング




2019年の1月より
有料メルマガ

友資の『アースフルネスビジョンで彩る豊かな人生』

創刊します


メルマガでは
「アースフルネスライフを生きる」の
記事についての動画解説

いただいた質問に
動画でお答えするコーナー
をメインに
ブログではなかなかお話できないことや
脳科学微生物学からひも解く
アースフルネスや精神世界のお話
社会をアースフルネスに読み解くお話や
ぼく独自の健康法や体験談
その他にも
手探り手探りで
人生を豊かにしうる
思いつく限りのあらゆるトピックに
踏み込んだコンテンツを
設けていきます

くだらない質問でも
切実な悩みでも
単なる報告でも
可能な限り
動画でレスポンスさせていただき
向き合わせていただきますので
ぼくと購読者のみなさんとの
円環のなかで
ともにアースフルネスライフを
はぐくんでいきませんか


はぐくんでいきませんか

動画でお応えする
質問に関しては
こちらからどうぞ↓
tomophex777@yahoo.co.jp




不可解
かつ
敷居が高く見られてしまう
ぼくのブログですが
まったくそんなことはない
ということが
メルマガを通じて
感じてもらえると思うので
どうか気楽に
気構えず遊びにいらしてください



初月無料ということで
お気に召さなければ
いつでも解約可能です




セミナーやセッションには
もちろん
それぞれの良さが
あるのですが
それらのものは
一回だけで
何千円何万円と
決して安くはない金額を要し
まったく同じものを
くり返し見ることができませんが
メルマガ動画でのやり取りは
好きなときに
好きなだけ
半永久的に確認や復習ができるうえに
じっくりと練ってから
好きなタイミングで
好きな質問や意見を
送っていただけますし
月4回のうち2回が動画配信として
1回が300円ちょっとで
残り2回の文字の記事も併せて
何度も見れると考えれば
交通費もかからず
コスパという意味でも
申し分ないかと思います




世知辛い時代に在りながら
税抜き620円の身銭を
切ってくださる
購読者のみなさんに
620円以上の価値を
お届けできるよう
精進して参ります

「明日のことは明日自らが思い悩む」 ~イエスと池田晶子~

本日もお越しいただき
ありがとうございます




ぼくが
拝読させていただいてる
ブログのひとつに
「バーソは自由に」
という
自身の豊富な経験や
勤勉な知性から
紡ぎ出される
信仰と真理への
あたたかいまなざしと
大人の品格や
さりげないユーモアを
感じさせてくれる
素敵なブログがあるのですが




マハトマ・ガンジー
「キリストが
山上の垂訓の中で
述べた教えについて
インドと英国が
意見の一致を見るなら、
両国の問題のみならず
全世界の問題も
解決することになるでしょう」

と述べたとされる
イエスの垂訓のなかの
こんな言葉を
最新記事で
扱われていたんですね



「明日のことまで
思い悩むな
明日のことは
明日自らが思い悩む
その日の苦労は
その日だけで十分である」
―――――マタイ6:34 新共同訳





ぼくは
イエスの
この言葉の中の
「明日のことは
明日自らが思い悩む」

という部分に
特に着目します




「明日」とは
地球が自転し
一度の夜を超えた
次の日の
「未来」
を意味する
人間で共有する
概念のひとつですが




「明日」が
人格を持ったかのように
「思い悩む」ことを
請け負ってくれる

とは
いったい
どういうことなのでしょうか




ぼくは
イエスのこの言葉に
釈迦(ブッダ)が
「私はいない」と説いた
「自己の不在」の教え

重ね合わせて
見ることを
避けることができません




「明日」のことは
明日自らが
思い悩む
ということは
「過去」のこともまた
過去自らが
思い悩む
ということを
意味することになり

つまるところ
このことは
「その日」のこともまた
実は
「その日自ら」が
思い悩んでいることに
ほかならなくなるんですね





おそらく
「そんなこと言われたって
思い悩んでるのは
疑いの余地なく
『自分』だし
『私』じゃないか」

というのが
多くの意見だと思います




ですが
「自分」
「私」
突き詰めていったなら──

『これ』が自分
『これ』が私
そう言えるものなど
ひとつもないことが
明確に
露呈することに
なっていきます





それでは
結局のところ
「自分」
あるいは
「私」とは
いったいなんなのでしょうか




かつて
池田晶子という哲学者が
こう言いました
※( )はぼくが足しました
o0387056711836955286.jpg
出典:ameblo.jp

(「自分」「私」を)
どこまでも疑っていくと、
「私を私と思っている『これ』」というのは、
実は誰でもない、
非人称の意識であるということに、
必ず気がつくことになります。
つまり、
私は誰でもない、
ノーボディ。
裏を返せば
「私はすべてである」
ということになります。


池田晶子著「人生のほんとう」





イエスのように
釈迦のように
そして
池田晶子さんのように
「自己の不在」を
知識としてだけでなく
体感的にも
感受した──
そのとき

そのひとは
「私はいない」
のと同時に
「すべてである」

という
「1」の世界
その扉の向こうへ

すでに
足を踏み入れています




怖い ですか?
恐れることはありません
その領域は
遅かれ早かれ
誰しもが例外なく
帰還する
ぼくらの故郷であり
真実のぼくらの姿
そのもの
です




みなさんが
ぼくが差し出した手に
ゆだねてくださるなら
その
もう片方の手を
イエスは
釈迦は
池田晶子さんは
多くの
「1」以上のビジョン
垣間見てきた
先人たちは
その人を
放っておきやしません




成功や失敗
幸運や不運
喜びや悲しみといった
「この世のものさし」が
土足では
踏み入れない
踏み入れさせない
豊かなものを
ともに
形作りましょう^^






今日も
ありがとうございました





人気ブログランキング





2019年の1月より
有料メルマガ

友資の『アースフルネスビジョンで彩る豊かな人生』

創刊します


メルマガでは
「アースフルネスライフを生きる」の
記事についての動画解説

いただいた質問に
動画でお答えするコーナー
をメインに
ブログではなかなかお話できないことや
脳科学微生物学からひも解く
アースフルネスや精神世界のお話
社会をアースフルネスに読み解くお話や
ぼく独自の健康法や体験談
その他にも
手探り手探りで
人生を豊かにしうる
思いつく限りのあらゆるトピックに
踏み込んだコンテンツを
設けていきます

くだらない質問でも
切実な悩みでも
単なる報告でも
可能な限り
動画でレスポンスさせていただき
向き合わせていただきますので
ぼくと購読者のみなさんとの
円環のなかで
ともにアースフルネスライフを
はぐくんでいきませんか


はぐくんでいきませんか

動画でお応えする
質問に関しては
こちらからどうぞ↓
tomophex777@yahoo.co.jp




不可解
かつ
敷居が高く見られてしまう
ぼくのブログですが
まったくそんなことはない
ということが
メルマガを通じて
感じてもらえると思うので
どうか気楽に
気構えず遊びにいらしてください



初月無料ということで
お気に召さなければ
いつでも解約可能です




セミナーやセッションには
もちろん
それぞれの良さが
あるのですが
それらのものは
一回だけで
何千円何万円と
決して安くはない金額を要し
まったく同じものを
くり返し見ることができませんが
メルマガ動画でのやり取りは
好きなときに
好きなだけ
半永久的に確認や復習ができるうえに
じっくりと練ってから
好きなタイミングで
好きな質問や意見を
送っていただけますし
月4回のうち2回が動画配信として
1回が300円ちょっとで
残り2回の文字の記事も併せて
何度も見れると考えれば
交通費もかからず
コスパという意味でも
申し分ないかと思います




世知辛い時代に在りながら
税抜き620円の身銭を
切ってくださる
購読者のみなさんに
620円以上の価値を
お届けできるよう
精進して参ります

「ちゃんと自分という人間でいられる場所」 乳腺外科医・明石定子

本日もお越しいただき
ありがとうございます




12月3日放送の
NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」を見ました




密着取材の相手は
11人に1人の
女性がかかると言われる
乳がん治療に
25年ものあいだ
向き合ってきた
卓越した技能と
豊富な経験と知識に
裏打ちされた
医学的ビジョンと
多角的ビジョンでもって
患者の希望に寄り添い
最善の治療法を導き出す
明石定子医師です
ダウンロード-5_convert_20181210115346
出典:anogate.jp



『治すか
治さないかだけじゃ
ダメなんですよね
そのあとの人生が
あるということを前提とした
治療をやっていかないといけない

本人が「よし これで行こう」と
思ってくれれば
そのあと
前向きに生きられるとか
「この選択でよかったな」
「これでよかったんだ」
と思ってもらえるような
「納得」
のちの人生を支える』

明石医師は
語るのですが




実は
ぼくら人間は
毎日が
「納得」によって
支えられることになる

言っても
過言ではありません




ここでいうところの
「納得」は
ぼんやりとしていて
はっきりと見えていなかった
人間関係だったり
仕事上の問題だったり
過去のトラウマだったりの
その本質が
はっきりと見えること

意味します




ぼくら人間の
こころを苦しませる
その根本原因は
常に
ありのままの現状が
「感情」や
「思い込み」の
フィルタリング
によって
はっきりと見えないからこそ
どうしていいのかわからず
不安がぬぐえないまま
途方に暮れ
怒りや悲しみに
さいなまれる

というところが
出発点なんですね




ぼんやりしていて
はっきりと見えない
自分を苦しめるものの
その真の姿に
ピントが合い
よく見えることによって
自らを納得させ
自らを救う力
それこそが
マインドフルネスや
アースフルネスの力の
その一端です




ファーストオピニオンで
「温存はできないから全摘だ」
と突きつけられ
他の医師も訪ね歩き
やがて
明石医師にたどり着き
他のいくつかの選択肢を
導き出してもらい
今なお
明石医師と
ともに癌と戦い続ける
花嫁着物コーディネートサロン
「CUCURU」代表取締役の
安東夏子さんは
こんなふうに
明石医師を語ります
ando.jpg
出典:wecolle.jp



「自分らしく生きなさい」と
言ってくれてる気がしていて
選ぶってことも選択肢も
ちゃんと与えてくれるじゃないですか
なんかそれがいいんですよね
あんまり重くないのもいい

先生とのやりとりっていうのは
私の中ですごい
気持ちを保つのに
すごくよくて
ちゃんと自分っていう人間でいられるのが
先生との対峙だなと思っているので」





「ちゃんと
自分という人間でいられる
対峙の場所」





ぼくが
このブログと
メルマガとで
目指すところを
明石医師と
安東さんに
示してもらった気がしました




今日も
ありがとうございました





人気ブログランキング




2019年の1月より
有料メルマガ

友資の『アースフルネスビジョンで彩る豊かな人生』

創刊します



メルマガでは
「アースフルネスライフを生きる」の
記事についての動画解説

いただいた質問に
動画でお答えするコーナー
をメインに
ブログではなかなかお話できないことや
脳科学微生物学からひも解く
アースフルネスや精神世界のお話
社会をアースフルネスに読み解くお話や
ぼく独自の健康法や体験談
その他にも
手探り手探りで
人生を豊かにしうる
思いつく限りのあらゆるトピックに
踏み込んだコンテンツを
設けていきます

くだらない質問でも
切実な悩みでも
単なる報告でも
可能な限り
動画でレスポンスさせていただき
向き合わせていただきますので
ぼくと購読者のみなさんとの
円環のなかで
ともにアースフルネスライフを
はぐくんでいきませんか


不可解
かつ
敷居が高く見られてしまう
ぼくのブログですが
まったくそんなことはない
ということが
メルマガを通じて
感じてもらえると思うので
どうか気楽に
気構えず遊びにいらしてください



初月無料ということで
お気に召さなければ
いつでも解約可能です



世知辛い時代に在りながら
税抜き620円の身銭を
切ってくださる
購読者のみなさんに
620円以上の価値を
お届けできるよう
精進して参ります

メルマガ登録ページが公開されました

本日もお越しいただき
ありがとうございます





ようやく
メルマガ登録ページを
公開できる段階まで
漕ぎつけました

タイトルをクリックすると
そのページが開きます↓



友資の『アースフルネスビジョンで彩る豊かな人生』





実際に
どういったメルマガが
どういった形で届くのか
その「サンプル」として
動画でのご挨拶と
サンプル用に書いた記事を
登録ページから
楽しんでいただけるようになってます




動画は18分ありますので
ご興味がある方
お時間がある方は
もしよければ
覗いてみてください




また
動画でも述べておりますが
初月無料
お試しいただけますし
不要となれば
いつでも
解約することが可能です




いただいた質問や
ご意見から
1月からの
動画記事を
組み立てていこうと
模索中なので
お力を貸していただけましたら
とてもありがたいです

メルマガで取り上げてほしい
質問やご意見は
こちらのメールアドレスで
承っております
tomophex777@yahoo.co.jp




こういったメッセージを
発信し続けて来て
何より困難だと
痛感してきたことは

読者のみなさんが
ぼくの言葉の
何を難しく思うのか
何を求めてくださってるのかが
「具体的に
わからないこと」
です




ぼくと一緒に
動画を作りあげていくような
そんな共同作業な感覚で
暇つぶしと思って
ぜひとも
メルマガのほうにも
遊びにいらしてください




IMG_20181203_150438_convert_20181208151059.jpg
今日も
ありがとうございました





人気ブログランキング

プロフィール

 友資

このブログの筆者: 友資


初めて訪問された方は、
初投稿記事
  「アースフルネス」とは? 前編
をクリックいただけましたら幸いです。

以下の
アースフルネス「7」ビジョンについての解説は、
哲学やスピリチュアルに馴染のない方は
難しく感じるかもしれません。
わからないところがあれば、遠慮なく質問してください。

  「2」の世界(因果の世界)についての解説
  「1」の世界(縁起の世界)についての解説 前編  後編
  「0」の世界(悟りの世界)についての解説 前編  後編

いずれもこのブログの
骨格を成す記事で、
このブログだけの「公理」でもあります。

メルマガ登録ページはこちらから

ランキングに参加しております。

カテゴリ

入力した語句が含まれる記事を探せます。

直接に伝えたい用件がある方はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッターもやってます。

QRコード

QR

アースフルネス「7」ビジョン

画像をクリックすると拡大します
ここをクリック