FC2ブログ

「すべてのみえるものは、みえないものにさわっている」染織家・志村ふくみ

本当のものは、
みえるものの奥にあって、
物や形にとどめておくことの出来ない領域のもの、
海や空の青さもまた
そういう聖域のものなのでしょう。

この地球上に
最も広大な領域を占める青と緑を
直接に染め出すことが出来ないとしたら、
自然のどこに、
その色を染め出すことの出来るものが
ひそんでいるのでしょう。




染織家であり
随筆家でもある
人間国宝
志村ふくみさんの著作
「色と糸と織と」から
ひかせていただいた言葉です
志村ふくみの肖像写真_convert_20181114133113
出典:fr.wikipedia.org





ぼくも一時期
白や淡色の洋服を
安価で見つけてきては
ダイロン染料で
タイダイ染めにしたり
ムラ染めにしたりしながら
遊んでいた時期がありましたが
採集した草木だけでの
染め物は
まだ未体験ですね




ところで
最初にご紹介した
志村さんの言葉
志村さんが
何を言わんと
しているのかと言えば──




「0」の世界です




そして
映画「君の名は。」に見る「常世(とこよ)」と「現世(うつしよ)」
記事でいうところの
「常世(とこよ)」「隠世(かくりよ)」
領域のことです




さらには
イエスとパウロの言葉に垣間見る「自己愛」の真実
の記事における
「自己愛」の
領域
とも
言うことができます





すべてのみえるものは、
みえないものにさわっている。

きこえるものは、
きこえないものにさわっている。

感じられるものは、
感じられないものにさわっている。

おそらく、
考えられるものは、
考えられないものにさわっているだろう。





上記の詩は
志村さんが
共鳴することを
禁じ得なかったという
18世紀のドイツを生きた
ノヴァーリスという
詩人の言葉を
志村さんが
引用したものですが




厳密には
ノヴァーリスの原語を
渡辺格司(わたなべかくじ)という
ドイツ文学者が
日本語に訳し
渡辺格司の訳を
大岡信(おおおかまこと)という
詩人が再解釈し
それを志村さんがまた
再解釈したものです




たましいに
ふれるような
共鳴のいとなみは
ノヴァーリスと
志村さんと
渡辺格司さんと
大岡信さんと
ぼくと
読んでくださった
みなさんとが

この記事の中で
時空を超えて
ふれあったように──




ぼくたちは
みえないもの
きこえないもの
感じられないもの
考えられないものを
巡りながら
ずっとずっと
人と人とを
繋いできましたし
これから先も
繋がりの連鎖が
終焉を迎えることは
誰にとっても
心配無用のようです




というよりも
最初から
最後まで
つながりっぱなし




時間も空間も
主観も客観も
超えた領域の中で
ぼくたちは
いつだって
肉体よりも
近いところで
ふれあっています





今日も
ありがとうございました





人気ブログランキング
スポンサーサイト

「すべて」が「私のすべて」 映画「スワロウティル」

本日もお越しいただき
ありがとうございます




先日相方が
岩井俊二監督作
映画「スワロウテイル」
見ていたのを
チラリと
盗み見したのですが
SID0021639_convert_20181113120234.png
出典:cinemarche.net




改めて
1996年当時に
こんなにも
エキゾチックな手触りと
人間愛にあふれた
独自の
豊かな世界観を
日本映画として
構築した
岩井監督の手腕は
すごいなあと思いますね




それと
キャスト全員のキャラが
二度と
忘れられなくなるくらいに
立っていることも
この映画の特徴です

渡部篤郎さん
男前ですね
Swallowtail_3_convert_20181113115116.jpg
出典:eiga.michao.jp



上海マフィアの
ボスを演じる
江口洋介さんや
その部下で殺し屋の
マオフウもまた
魅力的です
CfIVYa7UYAAg52L.jpg
出典:twitter.com/rietanosa
DOKtBpYVQAAvgHO.jpg
出典:twitter.com/takinamiyukari




何度も見てきた
この映画ですが
今回
意識にとどまったシーンが
ただ一人の
家族である
母親を喪い
路頭に迷う少女
主人公アゲハ(伊藤歩)
親身に
あたたかく寄り添う
歌手のグリコ(CHARA)
「月並みだけど
グリコにとって音楽ってなに?」

インタビュアーに
質問された際に

「すべて」 

そうグリコが
答える場面が
あるのですが
141246298a7e06b96ab504a461be7617_convert_20181113124210.jpg
出典:blog.goo.ne.jp



ぼくはそこで
同じ質問を
自分に課してみたんですね




自分には
「すべて」と言える
唯一の
何かがあるだろうか─── 





ほどなくして
ぼくは
こう思いました




しいて言うなら
この世界があって
月や太陽があって
山や海
空や風があって
動植物や昆虫がいて
五感があって
あらゆる
豊饒な体験が
休むことなく
起き続けている
ことが
「ぼくのすべて」の中の
ひとつと言える




この世界の
「袋とじ(「0」と「1」の世界)」
覗くことに
なってしまったこと

そのことによって
この
異質なブログを
書く役割を
与えてもらえていることが
「ぼくのすべて」の中の
ひとつと言える




相方や息子
友人や知人
いまだ出くわしていない人々
疎遠になった人々
父親や母親
兄が存在していることが
「ぼくのすべて」の中の
ひとつと言える




嫌いな人や
困った人
苦手な人にも
出くわすけれど
その人たちもまた
「ぼくのすべて」の中の
ひとつと言える




つまずいて
転んでしまうことや
大事なことを
忘れてしまうことや
人を傷つけ
傷つけられてしまうこともまた
「ぼくのすべて」の中の
ひとつと言える




笑うことが
できるということ
悲しむことが
できるということ
喜ぶことが
できるということ
怒ることが
できるということ
畏れることが
できるということもまた
「ぼくのすべて」の中の
ひとつと言える




こうしてここに
意識として
存在することを
感受できているということ
自分の体温を
感じれるということ
呼吸をしている
血液が脈打つ
鮮度と
飢えとを
感じれるということ
それらもまた
「ぼくのすべて」の中の
ひとつと言える




ぼくにとって
「○○が私のすべて」と
言い切れる
ひとつのものは
どうやらここ(「2」の世界)には
ないらしく

代わりに
こんなことを
言うことが
できるのかもしれません



「すべてが
私のすべて」




今日も
ありがとうございました




人気ブログランキング

「なんとかならなくなる」ことはない世界だよ

かつて
なんとかならなかったことなんて
誰にとっても
一度もないんだ




たとえきみが
なんとかなることなく
行き倒れたとしても
そのときは
むろん
死んでいるのだから
なんとかならなかったら
どうしようと
思い煩う
自分はそこには
もういない




残された者は
残された者なりに
どうにかしてゆくし
なんとかなってゆくさ




とどまることなく
ながれゆく
川のみなもを
じっと
凝らしてごらんよ
1_convert_20181112113444.jpg
出典:www.shutterstock.com



いかなる川も
スタート(「2」の世界)の時点で
「海」という名のゴール(「0」の世界)へと
つながっているんだもの




その先も
もっと先も
誰にとっても
なんとかならなくなることなんて
未来永劫に
あるはずもないんだ










「だまって俺について来い / 植木等」
作詞 青島幸男
作曲 萩原哲晶

ぜにのないやつぁ
俺んとこへこい
俺もないけど心配すんな
みろよ 青い空 白い雲
そのうちなんとかなるだろう







詩で語る
アースフルネスのコーナー
でした
今日も
ありがとうございました



人気ブログランキング

「誰ひとり、見捨てない」小児神経科医・友田明美

本日もお越しいただき
ありがとうございます



11月5日放送の
NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」を見ました。



密着取材の相手は
児童相談所への相談件数が
過去最多の13万件を
記録する昨今にあって
ADHD自閉症
虐待などで負った
子供のこころの傷を
診続けてきた
小児神経科医
友田明美さんです
d18219-123-348441-0.jpg
出典:prtimes.jp





友田さんは
虐待が
脳に与える影響

世界で初めて実証し
研究の分野でも
最先端を行くそうなのですが

親のDVや
親同士のケンカ
マルトリートメントによる
自己防衛反応として
脳の聴覚野や視覚野が
受けるダメージ(受ける感覚)を
軽減させるため
委縮することがあり
なおかつそれは
回復させることができる

ということを発見した
第一人者でもあるようです




友田さんが
研究の一環として
力を入れているものに
親の子育て教室
「ペアレント・トレーニング」
というものがあります

このトレーニングのなかには
ここでもまた
アースフルネスの
生みの片親(もう片親はグーグルアースですね)
「マインドフルネス」

組み込まれていたんですね




友田さんは
子供だけを診るのではなく
子供の親や
家族全体を通して
問題の原因を
探りながら
家族全体の
風通しをよくすることを
大事にする
ことを
理念として
掲げているのですが
このこともまた
一昨日の記事
友資流★歯のメンテナンスと病のホリスティック性
ホリスティック性にも
通ずるところがあります




友田さんが
すべての親子に
伝えたい信念として
次のような言葉がありました




「人間は
失敗しない生き物じゃないですよね
人生の中で
いっぱいトライアル&エラー(試行錯誤)して
そして子供も大人も
成長していくんじゃないですか
私もいっぱい失敗してきたし
最初から完璧な親はいません
赤ちゃんがオギャーと産まれて
0歳になったときに親も0歳
赤ちゃんが育ってよちよち歩きになる
3~4歳の頃に
やっと親も3~4歳の経験になる
人生はライフサイクル
一回しか味わえない
その中で出会えた我が子ですよ
その我が子と貴重な機会を
子育ての機会を
エンジョイしていただきたい
もうそれだけですね」




この
人間賛歌的な
親子論の中で
特にぼくが
アースフルネスイズムを
感じた言葉が
「0歳になったときに親も0歳
赤ちゃんが育ってよちよち歩きになる
3~4歳の頃に
やっと親も3~4歳の経験になる」

という部分でした
この考え方は
自分の見方や
常識に縛られず
常に
あるがままを見ようと
こころがける
マインドフルネス的姿勢を
意味します




終盤には
昨日の記事
なりたい自分は「手段」前進することが「目的」 映画イコライザー
象徴となったワード
「前進」だったり
「誰ひとり、見捨てない」
「関わったら、もう身内ですよ」

といった
そんな
ヒーロー映画の主人公しか
言わないような台詞を
言えちゃう人が
リアルにいるんだ(゚д゚)

という
利他的熱量であふれる
友田さんの姿を
見ることができました




友田さんに比べたら
微力も微力ですが
有料メルマガを
始めた暁には
今よりももう少し
読者の方や
人生に行き詰まっている方に
歩み寄れるような場所を
作ってみたいなと
ぼくのなかに
そんな
前向きな余韻が残された
貴重な放送でした




今日も
ありがとうございました





人気ブログランキング

なりたい自分は「手段」前進することが「目的」 映画イコライザー

本日もお越しいただき
ありがとうございます




面白いから
ぜったい見ろよと
何度も何度も
勧められたにもかかわらず
タイミングが
合わなかったり
なにがしかが重なって
借りて見ることすらも
忘れてしまった映画を
なんらかのきっかけでもって
思い出し
その頃の熱量も
冷めた状態で
何気なく見始めたなら──


「マジか(いい意味で)」


としか
言語化できないような
生涯ベスト級の映画
出会う
というサプライズが
このリアル人生ゲーム
旅路のなかでは
稀に(いやけっこう)
起こることで




今日
ご紹介する映画
「イコライザー」もまた
ぼくのなかで
そんな映画の
一本となりました
※少しネタバレあります
8571024_sa_convert_20181110125852.jpg
出典:www.bestbuy.com



「ナメてた相手が
実は殺人マシンでした映画」

という
独自の映画ジャンルを
映画ライターの
ギンティ小林さんが
提唱されていますが
IMG_3126-600x400_convert_20181110130106.jpg
出典:www.tbsradio.jp



「イコライザー」は
そのジャンル映画の
金字塔的作品
だと言って
差しつかえなさそうです




ナメられてる相手とは
デンゼルワシントン演じる
主人公マッコール
ジャンル名のとおり
彼は
殺人のスペシャリストで
元CIA工作員という
肩書きを持つ
人物なわけですが




ナメられ要素として
普段は
読書を愛し
強迫性障害を
彷彿とさせる
規律正しさを
抱えながらも
つつましい生活の中で
周囲の
社会的弱者たちに
さりげない
おせっかいを焼く
非暴力主義的にしか
認識できないような
こころやさしい
中年おじさん
というものがあります



そんなマッコールが
同じホームセンターに勤務する
肥満体の同僚が
警備員の試験に
合格するための
ダイエットの監視役を
請け負っていることがわかる
ワンシーンがあるのですが

ジャンクフードへの欲求を
捨てきれない同僚に

「完璧より前進」

マッコールが
声をかける
そんなシーンが
あるんですね




なんどきも
哲学的な言葉を
さらりと言ってしまう
マッコールなのですが
仰々しく
語られるよりも
むしろ
さらりと語られたほうが
琴線にふれる
ということも
あるのかもしれませんね




「完璧より前進」
この言葉は
誰にとっても
あてはまるとも言える
重要な言葉です




完璧主義を
貫こうとすることは
往々にして
失敗に終わることが
多いものですが──




それもそのはず
釈迦(ブッダ)
三法印のなかの
「一切皆苦」
説いたように
この世は
「万事が万事
自分の思い通りには
いかない世界」

なので
「完璧を目指すこと」は
可能であっても
「完璧であり続けること」は
すべてのものが
変化し続ける
この「2」の世界
万物流転の法則に
反する
わけです




そんな
現実味のない
高すぎるハードルを
掲げ続け
疲弊して
やがて
意気消沈するよりも

今の立ち位置から
たったの一歩ずつでも
前進する
今の立ち位置から
一歩の距離だけの
簡単な難易度のものに
挑むことを
一日一日
繋げていくことが
遠回りに見えて
実のところ
現実的な
継続への道であり
目的への
一番の近道
のような
そんな気がしてなりません




少しずつ少しずつ
前進することをこそ
むしろ
目的化してしまい
なりたい自分というものを
前進のための
モチベーションという
手段化に
反転させてしまう

それが
アースフルネス的
「完璧より前進論」
かもしれません


なりたい自分は「手段」
前進することが「目的」

です




映画は
韓国の刃物系アクション映画や
スプラッタ映画が
苦手な方には
あまりお勧めできませんが




個人的には
「前進」への勇気をもらった
忘れがたい一作です




ちなみに
見て早速に
上映中と耳にしていた
「イコライザー2」
検索してみたところ
東京で上映する期間も映画館も
残りわずかなようです

うーん
行けるだろうか泣





今日も
ありがとうございました




人気ブログランキング

アースフルネス「7」ビジョン

画像をクリックすると拡大します
ここをクリック

プロフィール

 友資

このブログの筆者: 友資


初めて訪問された方は、
初投稿記事
  「アースフルネス」とは? 前編
をクリックいただけましたら幸いです。

以下の
アースフルネス「7」ビジョンについての解説は、
哲学やスピリチュアルに馴染のない方は
難しく感じるかもしれません。
わからないところがあれば、遠慮なく質問してください。

  「2」の世界(因果の世界)についての解説
  「1」の世界(縁起の世界)についての解説 前編  後編
  「0」の世界(悟りの世界)についての解説 前編  後編

いずれもこのブログの
骨格を成す記事で、
このブログだけの「公理」でもあります。

ランキングに参加しております。

入力した語句が含まれる記事を探せます。

ツイッターもやってます。

直接に伝えたい用件がある方はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR