FC2ブログ

アトロク「俗流アンビエント・ミュージックとは何か?特集」に見るアースフルネス

本日もお越しいただき
ありがとうございます




11月13日放送の
TBSラジオ「アトロク」にて
俗流アンビエント・ミュージックとは何か?特集
なるものが放送され
アンビエント・ミュージック(環境音楽)
商業的にも
実用的な意味でも
注目され始めていることを知った
ぼくなのですが




アイスランドを代表する
アーティスト
BJORK(ビョーク)
無題_convert_20181122161213
出典:www.marieclaire.co.uk

今日のトピックの
アンビエント的な要素を
主軸に活動するバンド
SIGUR ROS(シガー・ロス)
※2018年現在は下の二人だけになってしまいました
main_convert_20181122162017.jpg
出典:www.music-lounge.jp

全盛期の00年代前後頃
その周辺の国々の
IDM(インテリジェント・ダンス・ミュージック)や
アンビエント・ミュージック

しこたま聴いていたぼくは
「とうとう
アンビエント・ミュージックが
日の目を見るときが来たか」

感慨深く
ラジオを聴いていたのですが



ゲストの
今回の特集の
提唱者であり
音楽ライターで
音楽ディレクターの
柴崎祐二さんも
201602-tokyomusicodyssey-photo4_l_convert_20181122155429.jpg
出典:www.cinra.net


ロックバンド
Base Ball Bearの
小出祐介
さんも
photo10_convert_20181122154741.jpg
出典:natalie.mu


ヒットチャートや
音楽ビジネスを
席巻する
「強い音楽」
対極にある
「弱い音楽」
その本質の断片を
「自己主張がない音楽」
「印象に残らない音楽」
「聴いてて邪魔にならない音楽」
「聴かないための音楽」
ニューエイジ的(癒しの音楽)」

様々な角度から
表現されていました




たとえば
以下のアルバムは
アンビエント・ミュージックの先駆者
Brian Eno(ブライアン・イーノ)のものです




こちらは
仏具として
古い歴史を持つ
シンギングボウル
取り入れられた
アンビエントミュージックですね





このアルバムは
ぼくがさんざん
聴き倒してきた
テクノミュージック界の奇才
APHEX TWIN(エイフェックス・ツイン)による
アンビエント・ミュージックです





あの坂本龍一さんもまた
アンビエント・ミュージックを
数多く制作してます
(手掛ける多くのサウンドトラックが
すでにその要素を含んでますよね)






スピリチュアルや
精神世界
瞑想行為と
アンビエント・ミュージックが
相性がいいのは
自我を働かせた
活動をくり返す
「2」の世界とは
真逆のベクトル

自我の縮小や
二元性の縮小に
方向性が向いた
「0」「1」の世界
ベクトルへといざなう
音楽であるからに
ほかなりません






ラジオを聴いてる最中に
ひとつ
思いついたのです




「自分で作った
アンビエント・ミュージックに
詩を乗せ朗読し
youtubeに
アップしていったら
ちょっと面白そうだな」






これまでのような
「視覚」に訴える
伝達だけでなく
「聴覚」からも
「0」や「1」の世界を
お届けできるというのは
アースフルネスビジョンの
伝達手段としての
広がりと
奥ゆきが
豊かになるかもしれないと
思えた
んですね




展開めまぐるしい
複雑な曲を
作るような時間も
知識もなく
歌の才もない
ぼくですが



シンプルなフレーズを
リフレインしていくだけでも
どうにか成立する
アンビエント・ミュージックと
まごころを込めた
朗読であれば
ぼくにも
できなくもないかもしれないと
思案しているところです




音楽機材は
ずぶの素人ですが
ブログとメルマガの
その合間に
少しずつ
使い方を学んで
いつかみなさんに
お届けできたらと
また新たなビジョンが
ぼくのなかに芽生えました




何か
進展がありましたら
その際にまた
ご報告させていただきます





今日も
ありがとうございました





人気ブログランキング

「AIにはコピーできないものを育む」日産カルロス・ゴーン社長の不正に見るアースフルネス

夕刻だったでしょうか
施設の
高齢者のみなさんと
お話しているとき
そのニュース速報は
飛び込んで参りました
colin-cg-20_convert_20181121160404.jpg
出典:www.straitstimes.com




強欲な本性や
前妻へのDVなど
ここぞとばかりに
メディアは
吊し上げておりますが
どこまでが
ことの真実で
どこまでが
ことの誤認なのかは
結局のところ
誰にもわかりません




このことは
すべての報道
日常での
すべての噂話などにも
言えることで
その気構えが
「信じる力」は使用上の注意をよく読み、
用法・容量を守って正しくお使いください 前編

の記事における
ブッダイズムであり
アースフルネスの
基本姿勢
でもあります




カルロス・ゴーン社長が
報道のとおりの
不正を行ったのだと
仮定して
お話したいことは
そういった
モラルハザードの問題と併せた
正しさのコモディー化
という
これからの未来の
社会的な側面です





人工知能が
ますます発展してゆき
あらゆる情報や
あらゆるデザインや
あらゆる成功法が
シェアされ
デジタルコピーされていく
これからの時代
にあって
言語化できる
すべての情報は
コモディー化(オリジナリティの消失)
していく
ことが
目に見えている
昨今なのですが




なぜに
目に見えているのかというと
サイエンス(理屈)の部分は
人工知能が
請け負っていく時代へと
移行している
ことが
目に見えているからなんですね




ビジネスの世界は
論理的に
いい商品
いいサービスであることは
当たり前の前提となっていき
「理屈上の正しさ」の部分での
他者との差は
今よりもっと
フラットになっていきます





すると今度は
コストだったり
スピードだったりの
勝負になっていくわけですが
それすらもが
最善手段を
一括検索できてしまう
そんな時代
ですから
もはや
サイエンス(理屈)
それだけで
生き残れる企業は
皆無となり




サイエンスばかりに
傾倒する
視野の貧しい人間や
成果主義の
新興ベンチャー企業は
ゴーン社長のように
あるいは
過去の
三菱自動車のように
リコール隠しをしてでも
実利を優先するという
グレーゾーンを超えた
ブラックゾーンへと
踏み込んでいくことに
なってしまいます





なぜなら
そういう人は
「お金では買えない
価値あるもの」に
価値を感じれる
感性センサーが
育っていないから
です
(もちろん
例外なくとは言えませんが)




そんな
時代だからこそ
ビジネスに
たずさわる人間のみならず
すべての人が
「言語化できないもの」や
話し言葉や
文字に限らない
「言葉と言葉の行間」を
育んでいくことが
より一層
大切になってきている

痛感するんですね




何を隠そう
それこそが
「より豊かな言語化」を
生み出す
原動力であり
AI(人工知能)が
どんなに進化しようとも
どう足掻いても
コピーできない
人間だけの
最後の砦
だからです




そして
このブログは
ぼく自身のための
そして
読者のみなさんのための
「言語化できないもの」を
育むための
無期限の育成場
でもあります




「0」の世界
人工知能が
表現することですか?




未来永劫に
不可能です(^_^)




今日も
ありがとうございました




人気ブログランキング

「スピノザの神」を信じたアインシュタイン

本日もお越しいただき
ありがとうございます



昨日の記事
「1」の世界(縁起の世界)の先に
「神」を導き出そうとした哲学者「スピノザ」
では
17世紀オランダの哲学者
スピノザ
取り上げましたが




実は
このスピノザ哲学を
こよなく愛した
著名な物理学者がいます
スピノザと同じ
ユダヤ人である
相対性理論
生みの親
アルベルト・アインシュタインです
43060130_convert_20181120123812.jpg
出典:acfreemasons3821.blog.jp





ユダヤ教の
宗教指導者(ラビ)から
「あなたは神を信じますか?」
質問を受けた
アインシュタインは
「私は
スピノザの神を信じている
それは
この世界の
秩序ある調和の中に
自身があらわされる神であって
人間の運命や
行動にかかわる神ではない」

返答したという
逸話があります




この話を
小耳に挟んだとき
ぞわっと
鳥肌が立ったのを
忘れることができません




なぜなら
相対性理論もまた
「1」の世界的な
発想に基づいた
理論である

ということだけは
数学的な教養がない
ぼくでも
把握できていた
ことだからです



天動説と
地動説にまつわる
人間の思い込み

同様に
それまで
自明の真理であり
常識であり
絶対とされてきた
「時間と空間は
永遠に変わらない」
という
思い込み


グーグルアースのように
より高い地点と
より俯瞰した
全体性から
時間や空間
質量やエネルギーを
とらえ直した

アインシュタインの
アースフルなビジョンは
スピノザなくしては
なかったのかもしれません
(あるいは逆に
そのビジョンの素質を
すでに持っていたからこそ
スピノザに共鳴を
覚えたのかもしれませんね)




この辺のお話に
さらに踏み込んでいくと
もっと面白いお話が
できるのですが
おそらく
あまりに
濃い内容になってしまうので笑
今回は
この程度にとどめて
なんらかの形で
お話ししたいと思います




というよりも
そもそも
「1」の世界
そのものが
いまだに
わからないという方が
ほとんどなのに
読者のみなさんを
さらに
置き去りにしかねません




「1」の世界の
動画解説などと
併せて
お話するのが
もしかしたら
いいかもしれませんね




楽しみに
していてください(^-^)

今日も
ありがとうございました



人気ブログランキング

「1」の世界(縁起の世界)の先に「神」を導き出そうとした哲学者「スピノザ」

見えるものと見えないものは
「道(タオ)」の胎内で踊り続ける 
『老子道徳経』體道第一
の記事の
アースフルネス訳の一部に
こんな箇所がありました




この
「有」と
「無」とは
同じ
母なる「道(タオ)」を
みなもとに
名を異にしているもの
ただそれだけのことさ

言わずもがな
きみのなかにも
「有(肉体)」と
「無(こころ)」とが
宿されているだろう?





老子
この言葉と
類似する哲学を
書き残した人物に
17世紀オランダを
生きた哲学者
バルフ・デ・スピノザ
という人物がいます
o0500048213825489940_convert_20181119140129.jpg
出典:blog.despinoza.nl



ぼくが知る限りですが
「1」の世界
1人称の神
ここまで徹底して
理詰めで
表そうとした人物を
他に知りません




ユークリッドという
古代ギリシアの
数学者の手法に
のっとって
仮に
神が存在すると
仮定するなら
この世界は
こういうロジック(論理)で
成り立ってなきゃおかしい

という
なんとも大胆な
出発点から
神を導き出そうとした
そんな人物なんですね




この手法は
ぼくが
アースフルネス7ビジョンという
このブログだけの
仮定の真理(公理ともいいます)
示すところから
出発して
この世の仕組みを
他者と
共有しようとしたことに
どこか似ています




スピノザは
道(タオ)であり
と呼ぶしか
ほかに言いようがない
それを
プラトン
デカルトなど
先人の哲学者が
使った言葉を
あえて踏襲して
「実体」と呼び定め

有(見えるもの)であり
無(見えないもの)であるものを
「属性」と呼びました




これを例えるなら
「お酒」を
「実体」とするなら
「ビール」
「焼酎」
「ワイン」は
「お酒」から
枝分かれした
「属性」になるわけです




老子の言い回しを
借りるなら
母なる「実体」を
みなもとに
名を異にしているもの
それこそが
「肉体」であり
「こころ」という
属性
なわけです




そして
とどまることなく
姿かたちを
変化させていく
諸行無常の
属性(森羅万象)たち

その様を
スピノザは
「様態」
そう呼びました





感情や
自我など
人間的な要素を
可能な限り
排除しようとした
主著「エチカ」
あまりに難解すぎて
とてもじゃないけど
まったくお勧めできないのですが笑

「1」の世界の
緻密な設計図

その一冊には
込められています




7ビジョンの
「1」の世界の図が
示すとおり
1人称としての

証明しようとした
その設計図(エチカ)
遺稿となった
スピノザは
汎神論者(神以外のほかに何もないとする思想)
理神論者(人格的神を否定する思想)

あるいは
2人称の神を重んじる
多くのキリスト教徒には
無神論者
さげすまされ
権威者に危険視され
命まで狙われた
哲学者ですが




ぼくは
徹底して
人間的な要素を
打ち消し
「1」の世界を
表すという
そのこころみのなかで

実は
スピノザは
「0」の世界
すでにとらえていて
言葉で表すことが
不可能なそれを
どうにかして
表したかった
あるいは
次世代へと
託したかった
その結晶が
「エチカ」だったのではないか

そんなふうに思えて
仕方がないんですよね




哲学的な
理性と論理の
いとなみのなかで
イエス・キリスト
示したような
「0」の世界の
「汎在神」的な境地の
その鋳型を
表現するために
その領域への扉となる
「エチカ」を
書き上げた





そのことを
このブログのなかで
いつの日か
理性的に
証明することが
ちょっとした野望です( ̄▽ ̄)




今日も
ありがとうございました




人気ブログランキング

2019年1月からメルマガ始めます

本日もお越しいただき
ありがとうございます




やるかどうか
いろいろと思いを
めぐらせていた
有料メルマガなのですが
もう
「やる」ってことで
決めちゃうことにしました




作家が
締め切りの日を
指定されないと
いつまでも
始動できないのと一緒で
「やる」ということと
「いつから始める」という制限を
自らに課さないことには
どうやらいつまでも
怠けてしまうようです笑




そんなわけで
2019年の1月
年明け
から
タイトルはまだ未定ですが
メルマガを
始めることにしました




最初の数ヶ月は
手探り状態で
至らないところだらけかと
思いますが
「初月無料」ということで
お試しいただける期間を
設けますので
興味を持ってくださった方は
ひと月だけでも
遊びにいらしてみてください





二ヶ月目からの価格は
税抜き620円
ということで
予定しております

ぼくのようなジャンルの
メルマガは
まぐまぐ営業部の方によると
税抜き800円という
価格設定が
一番多いそうなのですが
「友資」の名前の
由来でもある
友人の誕生日(6月2日)にちなんで
620円にすることに
決めました





今のところ
月に4回の配信で
そのうちの2回を
動画配信にする予定ですが
このことはケースバイケースで
その月ごとによって
変わるかもしれません





ふたたび
メルマガについての
決定事項など
このブログから
お知らせさせていただきます




IMG_20180403_124144_convert_20181118140022.jpg
今日も
ありがとうございました






人気ブログランキング

プロフィール

 友資

このブログの筆者: 友資


初めて訪問された方は、
初投稿記事
  「アースフルネス」とは? 前編
をクリックいただけましたら幸いです。

以下の
アースフルネス「7」ビジョンについての解説は、
哲学やスピリチュアルに馴染のない方は
難しく感じるかもしれません。
わからないところがあれば、遠慮なく質問してください。

  「2」の世界(因果の世界)についての解説
  「1」の世界(縁起の世界)についての解説 前編  後編
  「0」の世界(悟りの世界)についての解説 前編  後編

いずれもこのブログの
骨格を成す記事で、
このブログだけの「公理」でもあります。

メルマガ登録ページはこちらから

ランキングに参加しております。

カテゴリ

入力した語句が含まれる記事を探せます。

直接に伝えたい用件がある方はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッターもやってます。

QRコード

QR

アースフルネス「7」ビジョン

画像をクリックすると拡大します
ここをクリック