FC2ブログ

「1」の世界(縁起の世界)の解説 前編 ~アースフルネス「7」ビジョン~

本日もお越しいただき
ありがとうございます


本日は
アースフルネス「7」ビジョン
手掛かりに
ここをクリック





動画解説はこちらです







昨日の記事
「2」の世界(因果の世界)の解説
その続き

「1」の世界(縁起の世界)
くわしい解説を
していきたいと思います




何度でも
くりかえしますが
ビジョンの高さは
他者との
優劣を見るための
道具ではありません

しいて言うなら
「みんなちがって
みんないい」

見るための
道具でしょうか




とはいえ
もし万が一
ぼくの記事から
ビジョンが上昇してしまった
そんな方が
いらっしゃいましたら
ご愁傷さまです

もれなく
友達は少なくなり
加えて
「変人」「奇人」のレッテルが
ついてきますので笑





「2」の世界は
「過去」「未来」
「光」「闇」
「あなた」「わたし」
「原因」「結果」

といった
二又に
分かれた
たくさんの
対義のペアが
複雑に重なりあうことで
それら両極の概念の
あいだにある
立体的で
豊かな情景は
浮かび上がり

そのあいだのなかに
ぼくら人間は存在し
この世界が
構成されている

というような
そんなお話でした




ところがこれが
「1」の世界の
ビジョンへと
移行すると
地球上のすべてのもの
ひいては
宇宙全体
森羅万象のすべてが
「ひとつのもの」として
認識せざるをえない

そんな領域へと
踏み込んでいくことに
なっていきます





聖者や
仙人のような人物の
常套句として
「すべてはひとつ」
というものがありますが
この言葉は
「1」の世界のビジョンから
放たれた言葉だった

というわけです

スピリチュアル界隈では
よく
「ワンネス」
言い表されたりもしますね




この
「ひとつ」であることの意味
知識や情報として
表面だけが
切り取られ
語られている
そんな「1」の世界のビジョンは
往々にして
よく見かけるのですが





体感的な
理解に踏み込んでしまうと
誰かに
語り伝えることが
おそろしく
容易でなくなります






「縁起」という言葉は
文字通り
すべての現象が
二つ以上のものによる
相互作用という
「縁(原因)」によって
「起こされる(結果)」

というもので

ここだけ切り取ると
「2」の世界の
お話のように
聞こえますし
世間一般的な
「縁起」に対する
認識は
ここまでのものだと
思われます





ですが
「縁起」の
真実の姿を
目の当たりにしたなら
信じがたい世界が
そこには
待ち受けています






「縁起」を説いた
その張本人
ブッダ(釈迦)
こんな言葉を
経典に残していると
いわれてます




「私の悟った縁起の法は
甚深微妙にして
一般の人々の知り難く
悟り難いものである」





ブッダですら
こうですからね

みなさんのうちの
一人にだけでも
伝わるのかどうか
ぼくなりの
最善を尽くしてみます





たとえば
いまみなさんは
無自覚に
「呼吸動作」をしているかと
思われますが
その
吐き出された息は
どの程度の距離にまで
影響を及ぼすと
考えますか?





1メートル先でしょうか?





100メートル先でしょうか?






100キロメートル先でしょうか?








その答えはというと──








宇宙の
最果てまで行って
自分のもとに
還ってくるほどの

あるいは
時空を超えて
未来の最果てにまで
届くほどの
影響が
そこにはあります






目の前が
厚い壁で
隔たれていたとしたら?

確かに
単なる吐息ですから
機械では
計測不可能なほどの
超超微細な振動に
すぎませんが

それでも
壁の内側から
「壁」という
「縁」を伝って
吐息による
振動は
壁の外側の
空気へと
「縁」を伝わせ

とどまることなく
その周囲を囲む
別な空気へと
「縁」は
バトンタッチされ
その空気もまた
バトンタッチされて
次の「縁」へと
バトンタッチされて
バトンタッチされて──




まるで
ビリヤードの球が
前の球を
押し出すように
空間を
次々に「縁」は
連鎖し
光よりも早いスピードで
一瞬にして
宇宙の果てにまで
届き
そして
還ってくるんですね





なにを隠そう
この宇宙のなかに
内包された
ぼくらにとって
繋がっていない
有機物も
無機物も
空間も
こころも
どこにもひとつも
存在しません




言うなれば
ぼくら人間は
満員電車もびっくりの
100%密度の
「縁の海(宇宙)」の
海水同士の接触という
相互作用によって
「縁」の中で
形成され
「縁」の中に
消えてゆく
大海にできた
ひとつの小さな「渦」だと
そんなふうに
言うことができるのです






量子力学にも
通ずる
世界観なので
図には
そのように記しましたが

では
こんなふうに
考えてみてください




ポケットがひとつもない
宇宙規模の大きさの
立体的な円形の
ビリヤード台
があると
想像してみます
Helix-Nebula_convert_20180924130002.jpg





そこには
無限にも等しい数の
無数の球が
(何者かによって)
セッティングされていて──
banner2_convert_20180924130014.jpg
https://cuestix.com/</span>">出典:https://cuestix.com/




最初の
ひと突きが
起こった
その瞬間に──

台の中の
すべての球は
台の端にある球から
その反対側の
端にある球にまで
影響をおよぼし
また
どの球も
転がってきた
他の球から受ける
その影響を
決して
避けることができません




「空間」もまた
球ですし
「こころ」もまた
肉体を超えて
他の球から
ぶつかられたり
ぶつかったりを
くりかえす




それならば
「一個の球の動き」
「一人の人間の行動」

決定づけているものとは
いったい
なんだと言えるのか?






長く──
濃厚な記事に
突入してしまっているので
あえて今日は
ここで
ストップしておきます



それでは
続きは
後編で
(以下のタイトルを
クリックしてください)

今日も
ありがとうございました


「1」の世界(縁起の世界)の解説 後編 ~アースフルネス「7」ビジョン~



人気ブログランキング

「2」の世界(天秤世界)の解説 ~アースフルネス「7」ビジョン~

本日もお越しいただき
ありがとうございます


本日は
昨日掲載しました
7段階のビジョンをもとに
「2」の世界(因果の世界)
くわしい解説を
していきたいと思います
(ちなみに「P」は
「phase(段階)」
「P」です
ここをクリック





動画解説はこちらです







はじめに
なぜに数字の「2」
世界なのかといいますと
表向きは
この世界のすべてが
相対する
二つのもので
成り立っているから

なのですが
(二元ともいいますね
アニオタ用語の
「二次元」
とは意味がちがいます)





たとえば
「過去」「未来」
「善」「悪」
「生」「死」
「男」「女」
「幸運」「不運」
「明るい」「暗い」
「熱い」「冷たい」
「始まり」「終わり」
「上」「下」
「右」「左」
「高い」「低い」
「長い」「短い」
「うれしい」「かなしい」
「早い」「遅い」
「進む」「戻る」
「好き」「嫌い」
「白」「黒」
「入る」「出る」
「あなた」「わたし」
「引力」「斥力」

などなど





全部あげたら
きりがないほどに
見事に
二又に
分かれた
たくさんの
対義のペアが
複雑に重なりあうことで
それら両極の概念の
あいだにある
立体的で
豊かな情景は
浮かび上がり

そのあいだのなかに
ぼくらは存在し
この世界が
構成されている

それがこの
「2」の世界なんですね





固有名詞ですか?
それもまた
「地球」と
「地球じゃないもの」
「友資」と
「友資じゃないもの」
「神」と
「神ではないもの」

というふうに
二又に
分かれることになります

他のなにとも
比べることなく
「これ」と言えるものが
「2」の世界には
ひとつも存在しない

というわけです





そして
「2」の世界には
起こることすべてに
「原因」があり
「結果」があります
「過去」「未来」という
「時間軸」があるからこそ
「原因」と「結果」は
その言葉の意味の役割を
果たすことができる






だからこその
因果の世界
なのです





「P1からP3のビジョンの人が
地球全体のほとんどを占める」

書いてあるとおり
この世界は
P1からP3の
ビジョンの人々によって
成り立っていると
そう言っても
過言ではありません




自転車にたとえるなら
フレーム
タイヤ
ハンドル
といった
主役的なパーツ(役割)

担うのが
「2」の世界の
ビジョンの人々なんですね





では
「P1」のビジョンの人々とは
どんな人たちなのか

これはというと
7ビジョンの中で
最も憎まれやすい

書いてあるとおり

他者の価値観や
人生観を
受け入れられる
視点のバリエーションが
少ない人や
柔軟性がない人

ゆえに
自分とは違う
異種的存在や
様々な人生観や
価値観があることを
拒否する人
です




みなさんも
過去
職場や学校
あるいは家庭などの
いずれかの場所で
多かれ少なかれ
そんなビジョンの人に
出会ったことがあるかと
思われます

自分勝手な人や
弱者をいたぶる人
権力にしがみつく人や
サイコパス的な側面を
持った人
凶悪な殺人犯や
悪政独裁者などが
「P1」にあてはまる

解釈していいかと思います

「P2」以上の人々に
「試練を与える人々」

言い換えても
いいかもしれません






その対極にあるのが
「P3」のビジョンの人々で
7ビジョンの中で
最も愛されやすい

書いてあるとおり
ねたみやひがみ
富や権力
思想やくわだてを
おびやかす存在か
よほどの
ひねくれものでない限り
このビジョンの人を
嫌いな人なんて
なかなかいないように
思われます




このビジョンの人々で
地球があふれかえったなら
世界中の
あらゆる争いごとなど
たちまち
消えてなくなりますね




程度の差こそあれ
基本スタンスとして
イエス・キリストが説いた
「隣人を
自身のように愛せ」

持っている人々ですね

マザー・テレサ
キング牧師
ナイチンゲール
などは
代表的な
「P3」ビジョンの
住人
かもしれません
(もしかしたら
それ以上だったのかもしれませんが)





そして
「P1」と「P3」の
あいだに立つ
最も人口比率が多い
ビジョンが
「P2」の人々
です




こんなふうにして見ると
「P1」よりの
「P2」の人がいたり
「P2」よりの
「P3」の人がいたりと
様々なバリエーションのビジョンが
考えられそうです





ぼくはというと
「P7」のビジョン
体感したからこそ
こんな全体図を
書くことができたわけですが





左下に
階段を一段ずつ
上がるように
ビジョンが
上がっていくわけではない

記したとおり
「P2」に始まり
「P3」を飛ばして
「P4」へと移り
そこから
「P5」
「P6」を飛ばして
「P7」に上がった人間だと
そんなふうに
自己分析しております
(「P5」「P6」のビジョンは
「P7」に引っ張られるような形で
ついてきた感じです)



やはり
「P3」のビジョン
とても重要で
ある程度の
P3ビジョンが
備わっていなければ
どんなに高いビジョンを
見ているとしても
十牛図の
10番目
入鄽垂手(にってんすいしゅ)

生き方には
遠く及ばず
むしろ
多くの人の
害にすら
なりえるかもしれません




ぼく自身も
この先
ダークサイド側に
落ちないとも限りません

そうならないよう
「視点の羅針盤」として
精進していきたいなと
そんなふうに思います





それでは
「2」の世界についての解説は
このくらいにして
次は
「1」の世界(縁起の世界)
解説をしてみたいと思います

以下のタイトルを
クリックしてください

「1」の世界(縁起の世界)の解説 前編 ~アースフルネス「7」ビジョン~

今日も
ありがとうございました





人気ブログランキング

完成しました ~アースフルネス「7」ビジョン~

ようやく完成しました

以下の画像が
アースフルネス「7」ビジョンです

そのままのサイズだと
小さい字が見にくいので
画像をクリックすると
拡大されるようにしてあります

スマホ環境であれば
PC用画面に変更して
二本指で広げれば
拡大されると思います

もし見れない方が
いるようでしたら
対策を練りますので
教えてください
ここをクリック



明日から
この図の
くわしい解説を
行っていき
それ以降も
この図を主軸として
記事を書いていく
方向性を固めたので
サブタイトルも
「7つの視点」から
この世の仕組みを読み解く生き方


変更しました





この図は
あくまで
ぼくの主観による
独断と偏見
独自解釈によって
作成されたもので

加えて
肉眼では確認できない
すべての人の
「ものの見え方」
「視点の抽象度」

の部分に
線を引くことをしているので
ざっくりした
分け方になっておりますし
例外も
あると思うので

あくまで
「ひとつの目安」として
見ていただければと
そう思います





異論反論
あるかと思いますが
ぼくとしても
折にふれて
見直し
改善点を見つけたなら
随時
ブラッシュアップを
加えていく所存です





よ~し
明日からまたがんばろ~






人気ブログランキング



我を見失っているときにこそ「あわてるこたーない」 スラムダンク《仙道彰》

本日もお越しいただき
ありがとうございます


あと
もう一歩で
完成のところまで
さしかかった
おのおのの人間が持つ
「視点のものさし」作り
aka(別名)
アースフルネス「7」ビジョン
ですが




自分の
はやるこころの動きに
フォーカスしているとき
思い出された人物が
最近になって
新装再編版
出版された
井上雄彦さんの
伝説的スポ根漫画
「スラムダンク」に登場する
仙道彰(せんどうあきら)という
キャラクターです
o0620065913832046809_convert_20180922131304.jpg




おそらく
仙道彰という人物は
残された時間が
残り少ないという
状況であれば
あるほどに

あせって
あわてて
自分を見失っているような
状況であれば
あるほどに



「あわてるこたーない」




誰より先に
自分に言い聞かせ
そして
周囲にも言い聞かせる
そんな人物です
o0679053313832021629_convert_20180922131356.jpg
o0620044513832021518_convert_20180922131316.jpg





スラムダンクの
登場人物の中でも
もっとも
アースフルネスにおける
「結論を急がない」姿勢
大切にしているのが
仙道であると
言えるかもしれません





「あわてるこたーない」





これは
あせってる自分
落ち着かない自分を
いったん
ニュートラルへと
戻してくれる
魔法のアファメーション(潜在意識への働きかけ)
なりえるかもしれません





もちろんそれでも
あわてるしかないことだって
起こりえるのが
この
「リアル人生ゲーム」なわけですが





それでもなお
意識していきたい姿勢は
「あわてるこたーない」の
ひとことに尽きると
ぼくはそんなふうに
思いますね(^-^)





そんなわけで
今日も一日──



o0263051013832021258.png





人気ブログランキング

「ウソのない思いに、熱は宿る」 湖池屋代表・佐藤章に見るアースフルネス

本日もお越しいただき
ありがとうございます


9月17日放送の
NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」を見ました

密着取材の相手は
スナック菓子や
清涼飲料水
ノンアルコールビールなど
数々のヒット商品を
世に送り出し
現在は
ポテトチップスで有名な
「湖池屋」の代表を務める
佐藤章さんなのですが
1-13.png
出典:miiolo.com




今回は
いつものプロフェッショナルとは
少しおもむきが違う
「プロフェッショナル子ども大学」
という新企画で

過去に取材を受けた
プロフェッショナルのうちの一人が
小学生たちに
「仕事の流儀」
伝授するという
そんな企画でした




佐藤さんは
自社に
子どもたちを招き
商品開発の企画から
実物ができるまでの
すべてのプロセスを
体験させていくのですが

「ただひとつのこと」だけを
子どもたちに
これでもかと
しつこいくらいに
問い続けます





「自分にウソをつかない」





人の心を動かす
ヒット商品を
開発する極意は
この一点にのみあると
佐藤さんは
信じてるんですね





「自分にウソをつかない」とは
「妥協しない」ことを
意味します





とはいえ
人間ですから
やめていたお酒を
飲みたくなるときもあるし
お風呂に入るのが
面倒なときもあるし
本音にチャックをして
やり過ごさなきゃいけない場面も
あったりしますよね




生きていれば
妥協するべきときと
妥協してはいけないときとが
必ずある
わけです





では
妥協してはいけないときとは
どんな場面のことを
言うのでしょう?





答えは
簡単です

みなさんが
自分の能力の
MAX100%を
叩き出せること

しているときです




そういうとき
人間は
「妥協しないようにする」
ことなど
意識することなく
いつわりなく
無我夢中で
最善を目指します





なぜならそれは
本気で自分が
やりたいこと

だからです





つまり
アースフルに読み解くなら
「妥協ができること」
のすべては
「仕方なくやっていること」

ということなんですね





とはいえ
誰しもに常に
本気になれるものが
あるとは限りませんし

挫折や疲れから
それが失われることだって
生きていれば
何度だって
起こりえることで──




だから
そんなときは
湖池屋のポテチでも
味わいながら
曇り空が
過ぎてゆくのを
じっと
見守りましょう




晴れない
曇り空は
決して
ありませんしね(^_^)






今日も
ありがとうございました




IMG_20180921_142513_convert_20180921143920.jpg
雨降ってるけど
湖池屋のポテチ買いにいこっかな!







人気ブログランキング

ランキングに参加しております。

プロフィール

 友資

このブログの筆者: 友資


初めて訪問された方は、
  vol.1「アースフルネス」ってなに?前編の動画を見ていただくか、


初投稿記事
  「アースフルネス」とは?前編
をクリックいただけましたら幸いです。

以下の
アースフルネス「7」ビジョンについての解説は、
哲学やスピリチュアルに馴染のない方は
難しく感じるかもしれません。
それぞれの世界の動画解説もあるので
まずは動画をみていただくことを
お勧めします。

  「2」の世界(天秤世界&父性世界)についての解説
  「1」の世界(縁起世界&母性世界への扉)についての解説 前編  後編
  「0」の世界(悟り世界&母性世界)についての解説 前編  後編

いずれもこのブログの
骨格を成す記事で、
このブログだけの「公理(ものさし)」でもあります。

カテゴリ

入力した語句が含まれる記事を探せます。

直接に伝えたい用件がある方はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッターもやってます。

アースフルネス「7」ビジョン

画像をクリックすると拡大します
ここをクリック

QRコード

QR