FC2ブログ

「誰ひとり、見捨てない」小児神経科医・友田明美

本日もお越しいただき
ありがとうございます



11月5日放送の
NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」を見ました。



密着取材の相手は
児童相談所への相談件数が
過去最多の13万件を
記録する昨今にあって
ADHD自閉症
虐待などで負った
子供のこころの傷を
診続けてきた
小児神経科医
友田明美さんです
d18219-123-348441-0.jpg
出典:prtimes.jp





友田さんは
虐待が
脳に与える影響

世界で初めて実証し
研究の分野でも
最先端を行くそうなのですが

親のDVや
親同士のケンカ
マルトリートメントによる
自己防衛反応として
脳の聴覚野や視覚野が
受けるダメージ(受ける感覚)を
軽減させるため
委縮することがあり
なおかつそれは
回復させることができる

ということを発見した
第一人者でもあるようです




友田さんが
研究の一環として
力を入れているものに
親の子育て教室
「ペアレント・トレーニング」
というものがあります

このトレーニングのなかには
ここでもまた
アースフルネスの
生みの片親(もう片親はグーグルアースですね)
「マインドフルネス」

組み込まれていたんですね




友田さんは
子供だけを診るのではなく
子供の親や
家族全体を通して
問題の原因を
探りながら
家族全体の
風通しをよくすることを
大事にする
ことを
理念として
掲げているのですが
このこともまた
一昨日の記事
友資流★歯のメンテナンスと病のホリスティック性
ホリスティック性にも
通ずるところがあります




友田さんが
すべての親子に
伝えたい信念として
次のような言葉がありました




「人間は
失敗しない生き物じゃないですよね
人生の中で
いっぱいトライアル&エラー(試行錯誤)して
そして子供も大人も
成長していくんじゃないですか
私もいっぱい失敗してきたし
最初から完璧な親はいません
赤ちゃんがオギャーと産まれて
0歳になったときに親も0歳
赤ちゃんが育ってよちよち歩きになる
3~4歳の頃に
やっと親も3~4歳の経験になる
人生はライフサイクル
一回しか味わえない
その中で出会えた我が子ですよ
その我が子と貴重な機会を
子育ての機会を
エンジョイしていただきたい
もうそれだけですね」




この
人間賛歌的な
親子論の中で
特にぼくが
アースフルネスイズムを
感じた言葉が
「0歳になったときに親も0歳
赤ちゃんが育ってよちよち歩きになる
3~4歳の頃に
やっと親も3~4歳の経験になる」

という部分でした
この考え方は
自分の見方や
常識に縛られず
常に
あるがままを見ようと
こころがける
マインドフルネス的姿勢を
意味します




終盤には
昨日の記事
なりたい自分は「手段」前進することが「目的」 映画イコライザー
象徴となったワード
「前進」だったり
「誰ひとり、見捨てない」
「関わったら、もう身内ですよ」

といった
そんな
ヒーロー映画の主人公しか
言わないような台詞を
言えちゃう人が
リアルにいるんだ(゚д゚)

という
利他的熱量であふれる
友田さんの姿を
見ることができました




友田さんに比べたら
微力も微力ですが
有料メルマガを
始めた暁には
今よりももう少し
読者の方や
人生に行き詰まっている方に
歩み寄れるような場所を
作ってみたいなと
ぼくのなかに
そんな
前向きな余韻が残された
貴重な放送でした




今日も
ありがとうございました





人気ブログランキング
スポンサーサイト

「私は行為者ではない」歌舞伎俳優・市川海老蔵

本日もお越しいただき
ありがとうございます




10月29日放送の
NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」
見たのですが
まさかの
昨日の記事
ロックバンド「RADWIMPS」に見る
「人間賛歌」と「諸法無我」とアースフルネス
との
シンクロがあり
自分でも
「そう来たか」と
少しだけ驚いております




密着取材の相手は
歌舞伎俳優の
市川海老蔵さんです

勝ち気で
センセーショナルな印象の
世間的なイメージとは
まったく違う

繊細
かつ
孤独で
成熟された精神性が
垣間見れる
そんな
一時間でした
301128ebizo02-thumb-2229x3138-3112_convert_20181101002355.jpg
出典:mj-hall.jp





ぼくにとって
海老蔵さんで
思い出されるのが
数々の女性と
浮き名を流していた
10年以上前の頃の
海老蔵さんです




その頃のぼくは
映画俳優になるべく
養成学校や
ワークショップに
足を運んだり
たくさんの
エキストラの仕事を
こなしていましたが




その頃のぼくが
大ファンだったのが
元グラビアアイドルで
女優でもあり
現在は
一児の母でもある
佐藤江梨子(通称サトエリ)さんでした
1423252915-925995_2.jpg
出典:www.knockoutinc.net





新世紀エヴァンゲリオンの
庵野秀明監督

メガホンをとり
佐藤さんが
主役を演じた
映画「キューティーハニー」
舞台挨拶にまで
駆け付けたものです




そんな佐藤さんと
いつだったか
TVドラマのお仕事で
ご一緒することになり
パーティーシーンの
撮影で
大きなテーブルには
豪華な料理が
所狭しと
並べられていたのですが




佐藤さんが
ひとりたたずむ
エキストラのぼくのほうに
歩み寄ってきた
次の瞬間
「美味しそうですね
こっそり
食べちゃいましょっか」


いたずらっぽく
笑ってくださったんですね




当時は
まさに
天にも
舞い上がりかねない
心境でした笑




そして
疑似恋愛気分のまま
眠りについたぼくを
次の日の朝
待ち受けていた
ニュース速報が
海老蔵さんとの
まさかの
交際スキャンダル

だったのです




ハンカチを
噛む
とは
まさに
あのときのことですね笑




あれから
現在に至るまで
海老蔵さんには
ぼくが語るまでもなく
数々の順境と
数々の試練
とが
待ち受けていました




おそらく
それらは
海老蔵さんを
精神性の深みへと
いざなう
筆舌しがたい
体験だったに
ちがいありません




家族の宿命や
歌舞伎の歴史や
世間の注目や
身勝手なゴシップを
一身に背負ってきた

そんな
人間だからこそ
語りえるような
深い視座を
ぼくは
番組中の
海老蔵さんの
次の言葉に
垣間見ました




「残すのであるならば
名誉的なものでもなく
建物を残すとか
何か事業を
成し遂げたとか
そういうことではなくて
人を残すということが
一番重要なことだと
思いますね」





この言葉には
物質的な価値を
意味しないことは
もとより
跡継ぎである
5歳の長男、勸玄くんに
持てるすべてを
伝授するという
それ以上の
広くて深い
豊かな視座

垣間見えます



続けて
海老蔵さんは
こう言います




「今
私がやっていることは
私がやっている
かのようですが
父や
先祖たちが
行った行為が
そのまま私に
なっているんだと
思うんですね」




この言葉には
「1」の世界
片鱗が
秘められています




私が行為していることは
私が行為している
かのように見えて
実は違う
行為はあっても
行為者は
私ではない





これは
昨日の記事で
ご紹介した
RADWIMPSの名曲
「やどかり」
同様

「縁起」の
三つの骨子

ぼくが考える
三法印(仏教用語)
そのひとつ
「諸法無我(しょほうむが)」の世界観
そのものです




海老蔵さんもまた
数日前の記事
「授かりもの」だけしかない世界だよ
授かりものの
因果の中で
自らの行為が
起こされている
ことを
人知れぬ
深みと
重圧の中で
見い出したのかもしれませんね




今日も
ありがとうございました





人気ブログランキング

「内的行動」と「外的行動」が現実を変える バシャールとバレーボール全日本女子監督・中田久美

本日もお越しいただき
ありがとうございます

昨日は
動画撮影のための
ビデオカメラを検索してみたのですが
最低限のスペックを
備えた商品が
海外製ではありますが
いまは
5000円くらいで買えるんですね(;゜0゜)
いいのかわるいのか…
ちょっとおどろきました





10月15日放送の
NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」
見たのですが
密着取材の相手は
世界バレーで
激闘を繰り広げたことで
記憶に新しい
バレーボール全日本女子監督
中田久美
さんです
無題_convert_20181022121650
出典:www.sports-biz.co.jp



練習前に
選手が
体育館に入ってくる
その表情や
何気ない動作までをも
逃さず
観察眼を光らせ




選手にも
自らにも
言い訳を許さず
やらされてやることを
許さず
教科書どおりを
許さず

「こころなんて
折れてなんぼ」



火中の栗を
拾い続けるがごとく
能動的に
自らに問いかけ続けること

その一点のみを
求め続ける
クラクラするほどの
ストイシズムは




「意識(内)が
現実(外)を形作る」
という
スピリチュアル的な世界観に
真っ向から反して

「行動(能動性)こそが
意識(内的世界)も
現実(外的世界)も形作る」
とでも
言い放つような
力強さがあります




つくづく
この番組は
男前な女性が好きですね笑




こんなときに
思い出されたのが
チャネラーである
ダリル・アンカさんに
憑依し
地球外生命体であることを
公表しているという
バシャールの言葉でした
Bashar1_spacebg_convert_20181022122307.jpg
出典:www.bashar.org/


※( )の言葉は
前の文章がなくても
わかるように
ぼくが勝手に追加しました





映し出されるもの(外)が変わるためには
自分自身(内)が変わらなくてはならないのです。
物質的な現実も同じ仕組です。
物質的な現実は(内が)投影されたものであり
(自身を映した)鏡の部屋なのです。
外の現実に投影されるものが
変わって欲しければ、
それがどんなものであれ、
あなたの内なる現実、
あなたの意識、
あなたのヴァイブレーション、
あなたのあり方を変えることから
始めなくてはならないのです。





ぼくは
この言葉には
加筆と修正が必要
ではないかなと
思ってるんですね




なぜなら
この言い方だと
内的意識のあり方さえ
変えていければ
自分の願望や
実現したい欲求という
外的現実もまた
連動して
オートマチックに
勝手に変化するのだと
言ってるのと
同じになってしまう
からです




自分は何も
外的行動をせずとも
内的行動を
続けてさえいれば
意識する願望が
現実となって
立ち現れてくる


こんな都合がいい話が
あるのなら
中田監督や
選手たちもまた
自己実現のための
反復練習などまったくせず
ぬくい布団の中で
世界バレーの優勝を
意識し続けたことでしょう

昨日の記事
ボランティア尾畑春夫さんの
「利他的精神」に見るアースフルネス

尾畑春夫さんもまた
被災地に向かうことなく
自宅でゴロゴロしながら
被災地がオートマチックに
復興されていく様を
毎日毎日
意識し続けたことでしょう




「2」の世界においては
確かに
「内」と「外」は
疑いの余地なく
存在しております


けれども
アースフルに
「1」の世界のビジョン
拝借するなら
実は
「内」と「外」とは
きれいさっぱり
消失してしまう
んですね




それもそのはず
ぼくたち人間が
「内」と呼ぶ
意識やこころと
「外」と呼ぶ
物質世界は
「目に見えるもの」か
「見えないものか」の
違いがあるだけで
境目なんて
どこにもなく

ぼくらは
「内」にこそ「外」を見て
「外」にこそ「内」を見る
生きもの
だからです




なので
僭越ながら
友資として
バシャールの言葉を
加筆修正させていただくなら
こんなふうになります



映し出されるもの(外であり内)が
変わるためには
自分自身(内であり外)が
変わらなくてはならないのです
物質的な現実も同じ仕組です
物質的な現実は(自身が)投影されたものであり
(自身を映した)鏡の部屋なのです
外の現実に投影されるものが
変わって欲しければ
それがどんなものであれ
あなたの内なる現実と
あなたの外なる現実とを
あなたの内的行動と
あなたの外的行動とを
両方同時に変えることから
始めなくてはならないのです






バシャールさん
生意気言ってすみませんでした!
もしよければ
いつかぼくとも対談してください

今日も
ありがとうございました





人気ブログランキング

「ウソのない思いに、熱は宿る」 湖池屋代表・佐藤章に見るアースフルネス

本日もお越しいただき
ありがとうございます


9月17日放送の
NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」を見ました

密着取材の相手は
スナック菓子や
清涼飲料水
ノンアルコールビールなど
数々のヒット商品を
世に送り出し
現在は
ポテトチップスで有名な
「湖池屋」の代表を務める
佐藤章さんなのですが
1-13.png
出典:miiolo.com




今回は
いつものプロフェッショナルとは
少しおもむきが違う
「プロフェッショナル子ども大学」
という新企画で

過去に取材を受けた
プロフェッショナルのうちの一人が
小学生たちに
「仕事の流儀」
伝授するという
そんな企画でした




佐藤さんは
自社に
子どもたちを招き
商品開発の企画から
実物ができるまでの
すべてのプロセスを
体験させていくのですが

「ただひとつのこと」だけを
子どもたちに
これでもかと
しつこいくらいに
問い続けます





「自分にウソをつかない」





人の心を動かす
ヒット商品を
開発する極意は
この一点にのみあると
佐藤さんは
信じてるんですね





「自分にウソをつかない」とは
「妥協しない」ことを
意味します





とはいえ
人間ですから
やめていたお酒を
飲みたくなるときもあるし
お風呂に入るのが
面倒なときもあるし
本音にチャックをして
やり過ごさなきゃいけない場面も
あったりしますよね




生きていれば
妥協するべきときと
妥協してはいけないときとが
必ずある
わけです





では
妥協してはいけないときとは
どんな場面のことを
言うのでしょう?





答えは
簡単です

みなさんが
自分の能力の
MAX100%を
叩き出せること

しているときです




そういうとき
人間は
「妥協しないようにする」
ことなど
意識することなく
いつわりなく
無我夢中で
最善を目指します





なぜならそれは
本気で自分が
やりたいこと

だからです





つまり
アースフルに読み解くなら
「妥協ができること」
のすべては
「仕方なくやっていること」

ということなんですね





とはいえ
誰しもに常に
本気になれるものが
あるとは限りませんし

挫折や疲れから
それが失われることだって
生きていれば
何度だって
起こりえることで──




だから
そんなときは
湖池屋のポテチでも
味わいながら
曇り空が
過ぎてゆくのを
じっと
見守りましょう




晴れない
曇り空は
決して
ありませんしね(^_^)






今日も
ありがとうございました




IMG_20180921_142513_convert_20180921143920.jpg
雨降ってるけど
湖池屋のポテチ買いにいこっかな!







人気ブログランキング

「夢をもったことがない人」の強さ ブランドプロデューサー・柴田陽子

本日もお越しいただき
ありがとうございます


9月10日放送の
NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」を見ました

密着取材の相手は
ブランドプロデューサーという
いち企業の
ブランド力や
企業が持っている
潜在能力を
可能な限り引き出す
そんな手助けをする
柴田陽子事務所代表
柴田陽子さんです
0_convert_20180914002150.jpg
出典:news.merumo.ne.jp





ぼくには
コンサルタント
ブランドプロデューサー
その違いが
よくわからなかったのですが

どうやら
コンサルタントは
「受動的なポジション」
からの
アドバイス


ブランドプロデューサーは
「能動的なポジション」
からの
アドバイス

という具合に
分けることが
できるようです




それにしても
これほどまでに
人としての
総合力を
要求される仕事は
他になかなか
ないかもしれません





企業が求める
課題の
その本質

世相を
読み解く力

ビジネス別の
トレンドやノウハウ

ビジネス別に
対応した
隅々まで
目が行き届く
お客目線

徹底した
リサーチ力

これらをもとに
企業を
ブランディングするために
必要な要素を
その全体から
細部に至るまでを
見極める
視野の広さ

加えて
企業を
時代の顔にするための
「キャッチー」な
センスや感性

代表取締役としての
統率力や
決断力



こんな仕事は
よほどの
アースフルな
多角的ビジョンと
ストイックさとを
内在している方でなければ
到底
勤まりそうもありません




漠然と
専業主婦という
展望しかなかった
そんな柴田さんが
どうして
そんな人に
なれたのでしょうか




ぼくは
そんな柴田さんの
総合力の
秘密を

今までに一度も
「夢を持ったことがない」

という言葉と
「道の真ん中を、歩け」
という言葉に
垣間見ました




役員秘書時代
柴田さんは
どうすれば
かかわる人
かかわる人が
気持ちよく
仕事ができるか
喜んでくれるか
気が利いてるか

個別の
リストまで作り
考えられる
気遣いの
可能性の
細部に
いたるまで
考え抜くことを
「NOと言わない柴田さん」
という
自負を持って
自らに
課してきた
そうです



「気遣い」とは
ただひたすらに
目の前で起きている
できごとの
利他的
最善を選択する
という意味で
もっともシンプルな
行為でありながら
もっとも困難な
行為でもあります




この
あまりにシンプルな
「気遣い」の
野太い精神を
道の真ん中を
歩くように
つらぬくことで
必然的に
そのために必要な
経験や能力が
手繰り寄せられていった
その結果の
「総合力」
なわけです



「夢」
ときとして
その夢に
到達するために
必要な
いま目の前に
用意された
クリアすべき課題を
見えなくしてしまう
霧のような作用を
人間に
もたらすことが
よくあります

夢はでかいが
実行が
ともなっていない
ビッグマウスに
おちいってしまうんですね
(過去のぼくもまた
ごたぶんにもれずで笑)




二児の
わが子に対しても
「夢を持つことよりも
目の前にあることの
取り組み方の型
みたいなことを
教えたい」

そう語る
柴田さんは
まさに──

本能的に
マインドフルネスと
アースフルネスの
理想形の
直球ど真ん中

歩いていると
言えるわけです




背負う荷物が
少ないからこそ
シンプル
かつ
ストレートに
強く生きれる




そんな
柴田さんを
見習って
自分にできる
最善の道の
ど真ん中を
堂々と
歩いていきたい

そんな
今日この頃です





今日も
ありがとうございました



IMG_20180403_124144_convert_20180916122041.jpg
イエアメガエル(アメちゃん)
おまえは踏まれるから
道の真ん中歩いちゃダメだぞ





人気ブログランキング

アースフルネス「7」ビジョン

画像をクリックすると拡大します
ここをクリック

プロフィール

 友資

このブログの筆者: 友資


初めて訪問された方は、
初投稿記事
  「アースフルネス」とは? 前編
をクリックいただけましたら幸いです。

以下の
アースフルネス「7」ビジョンについての解説は、
哲学やスピリチュアルに馴染のない方は
難しく感じるかもしれません。
わからないところがあれば、遠慮なく質問してください。

  「2」の世界(因果の世界)についての解説
  「1」の世界(縁起の世界)についての解説 前編  後編
  「0」の世界(悟りの世界)についての解説 前編  後編

いずれもこのブログの
骨格を成す記事で、
このブログだけの「公理」でもあります。

ランキングに参加しております。

入力した語句が含まれる記事を探せます。

ツイッターもやってます。

直接に伝えたい用件がある方はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR