FC2ブログ

「信じる」の障壁を超えてその人にふれる ~エホバの証人~

確か
一昨年のことです
キリスト教系の宗教組織
エホバの証人に属する
20代の女性の方と
ゆっくりと
お話ができる機会が
あったんですね

ぼくが彼女の
夜勤における
研修教育を任された
そんな出会いでした




このチラシは
彼女との別れ際
いただいたものです
IMG_20181028_101722_convert_20181028103958.jpg





宗教上の理由で
輸血することが
できないがために
我が子を
死に至らせてしまったり
輸血をほどこした医師が
訴えられてしまったり
といった
輸血にまつわる
社会的エピソードに加え




その教義内容や
過去に受けた
勧誘の印象など
掛け合わせつつ




排他的で
偏った世界観の
宗教組織
なのだろうと
主観イメージを
ぼんやり抱いていた
ぼくでしたが




彼女との出会いは
特定の宗教に
属する人々
すべてが
排他的な考え方を
持っているわけではないし

ぼくの
一方的な
思い込みであった面も
多々あること

気づかされる
出会いでもありました




きっかけは確か
ぼくが読んでいた
仏教に関する本でした




お互いの素性は
家族構成や
出身地程度しか
知らない
距離感の中
ふと
本に目を留めた
彼女は
興味深く
本の中身についての
説明を
ぼくに求めました




「新世界訳聖書」という
独自の聖典に
忠実にあろうとし
唯一神エホバ(ヤハウェ)
信仰する彼女

こともあろうに

「神は
人称化できない」

「肉体が
命をうしなうのではなく
命が
肉体をうしなう」

などという
ぼくの話に
睡魔の誘惑を
免れない
真夜中2時3時に
熱意を持って
耳を傾けてくれたんですね




社交辞令
だったかもしれませんが
彼女は
「ブログを
拝見したい」とも
言ってくれたので
ブログ名を
伝えた覚えがあります




その場では
多くを語らず
理解することに
つとめてくれていた
彼女でしたが
こころの内は
反論を禁じえない
強い信念が
あったに違いありません




「信仰」を
何より重んじる
その人にとって
「自らの命」と
同等でもある
それを
「理屈」や
「合理性」で
「正しい」とか
「間違ってる」とか
簡単に
割り切れるものでは
ない
んですよね




なぜなら
他の誰でもない
その「信仰」こそが
自分を
護ってくれているもの
自分を
救ってくれているもの
だから
です

たとえ
他者からは
そうは見えなくとも──




もちろん
宗教や信仰を
利己的な目的で
悪用する人間が
多くいることは
事実です




ときには
信仰のいさかいが
傷つけあいとなり
果てには
戦争にまで
発展してしまう
そんなケースが
少なくないことは
歴史が
証明しております




けれどもそれらは
宗教に限らず
すべての「信じる」に
言えることですが
相手が
何より大切にする
「信じるもの」を尊重し
その人もまた
「自分と同じ
ただの人間」
であることを理解し




その人が
そのことを
「信じる」までにいたった
「経緯」にこそ
「敬意」を払うならば




「考え方の違い」
「価値観の違い」
「宗教観の違い」
という障壁を超えて




ぼくたちは
お互いの
根源に秘めたる
この世を超越した
「不抜の愛」に
同時に
ふれることが
できる
のかもしれません
hands_convert_20181029111429.jpg
出典:hrringleader.com



今日も
ありがとうございました




人気ブログランキング
スポンサーサイト

「信じる力」は使用上の注意をよく読み、用法・容量を守って正しくお使いください 後編

本日もお越しいただき
ありがとうございます

昨日の記事
「信じる力」は使用上の注意をよく読み、
用法・容量を守って正しくお使いください 前編

続きです




人は
「信じた」
その瞬間から
信じたものを
無条件に受け入れ
信じたものに対し
「考える」という作業を
停止させる

生きもの
です
(それがいいかわるいかは
ひとます置いておいて)





そして
新たな疑念や気づき
隙間が生まれたとき
いったんは
信じたものに対し
「考える(あるいは疑う)」という作業が
再稼働され
そんなときに人は
なんらかの「気づき」を得て
視点の更新(アップデート)が
自動的に成される

わけですが

「信じる」の
防壁が
ぶ厚く
頑強であれば
あるほどに
「考える」の
再稼働レバーは
核爆弾でも
動くことはありません






この
あまりに頑強な
「信じる」

オウム真理教に
代表されるような
信仰的悲劇を生み出し
金銭的トラブルや
いろごとのトラブル
小さな争いから
国家間の争いまで
あらゆる「裏切り」
生み出してきた

言ってみれば
人間同士の
「平和」や「協和」を
阻害する
深刻な
トラブルメーカー
です




何を隠そう
「信じていないもの」に対し
「裏切り」を
認識することは
どう足掻いても
できない
ことで

「裏切り」の
生みの親は
いつなんどきも
「信じる」
でしかなくて──







とはいえ
人間は
「信じる」なくして
この「2」の世界
生きることが
できない生きものです




朝目覚めた
目の前に広がる
その空間が
本当に
自分の部屋なのか
本当に
自分の家なのか

目の前にある
歯ブラシは
本当に
歯ブラシなのか
歯ブラシに擬態化した
爬虫類ではないのか

時計の針は
8時を示しているが
本当に時間は
8時で間違いないのか
そもそも
時間なんてものが
存在しうるのか



といった具合に
何から何まで
四六時中
疑い続けながら
生きていたら
通常の生活が
まったく成り立たない
ことが
おわかりいただけるかと
思います




ぼくら人間は
数歩歩いては
立ち止まって
考え込むことがないよう
必要最低限の
「信じる」を
無自覚に
オートマチックに
発動させながら
日々の生活を
いとなんでいる
わけです




では
ブッダが言う
「信じることなかれ」とは
いったい
何を意味するのか?




ブッダはなにも
じづらどおりに
何もかも信じるなと
言いたいわけではなく
ある種の「警告」のようなものを
発したのだと
ぼくは
受け止めております




人間は
弱い生き物ですから
自分のビジョンに
合致した意見や
自分のビジョンを
肯定してくれる見解や
自分にとって
得になる情報などを
耳にすると
よく考えもせずに
うのみにし
強くなった気になり
それに合致しない
考え方の人に対し
排他的になる
わるい癖があります




10箇条の
「信じることなかれ」
の行間には
「(安易に)信じることなかれ」
だったり
「(よく考えもせずに)信じることなかれ」
だったり
「(自分の目で確かめるまでは)
信じることなかれ」

といったような文言が
ひそんでいるのではないかと
そう思うわけです

これはまさに
このブログでいうところの
アースフルネス的
「結論を急がない姿勢」
そのものです




おそらくは
ブッダが生きていた頃とは
比較にならないくらいの
「情報の洪水」
溺れかねないような
あるいは
「情報との同化」
強いられるような社会を
ぼくらは
生きています




そんな
今だからこそ
カーラーマ経が
必要とされるとき
だと
ぼくは
考えるんですね




「信じる力」の
負の側面ばかりを
取り上げてきましたが

「信じる力」は
ときに
他のものでは
替えが利かない
ビッグサプライズ

もたらし

そうして
成し遂げられてきた
たくさんの奇跡が
この地球には
星くずのように
散りばめられています




過去の
あらゆる競技や
戦いにおける
感動的な
クライマックスや
奇跡的な
ドラマは
「信じる力」の先に
もたらされたもの
です

過去
しいたげられた人々を
よき方向に
導いた
数々の革命や
数々の開拓は
「信じる力」の先に
もたらされたもの
です

過去に
築かれてきた
数々の
ホンモノの友情や
ホンモノの愛情は
「こいつに裏切られるなら
本望だ」

思えるくらいの
「裏切り」をも
いとわない
おそれない
「信じる力」の先に
もたらされたもの
です





だからこそ
人類最強でありながら
人類最凶の武器でもある
「諸刃の剣」は
いざというとき以外は
さやに収めておく
必要性がある

ブッダは
警告するわけです




映画「椿三十郎」においても
椿三十郎を演じる
三船敏郎
クライマックスに
こう言います

「本当にいい刀は
さやに納まってる」


j_kurosawa12_sanjuro_convert_20181009133217.jpg




さやの
役割を
果たしてくれるものが
カーラーマ経の
「信じる」を
安売りしない姿勢
です





他者は
もちろんのこと
自分自身に対しても
致命傷を
負わせることがないよう
みなさんは
今こそ
抜くべきとき!

という
最善のタイミングで
「信じる力」を
抜きだし
自らの手で
自らの人生を
切り開いてくださいね






ぼく自身もまた
刀をさやに
納めていられる人間でありたいと
この記事を書いていて
決意を
新たにしましたよ


無題222_convert_20181007123012




今日も
ありがとうございました





人気ブログランキング

「信じる力」は使用上の注意をよく読み、用法・容量を守って正しくお使いください 前編

めったに撮影できない
インドホシガメ(ひじき)
フトアゴヒゲトカゲ(たまき)
ヒョウモントカゲモドキ(しびっと)

の三匹がそろって
スポットランプ(太陽光の代わりをするランプ)
の下で
日向ぼっこしてる画像です
IMG_20181007_070406_convert_20181007114707.jpg




おそらく
爬虫類にくわしい方の
ほとんどは
この光景に
一瞬戸惑うかと思われます




なぜなら
真ん中の
ヒョウモントカゲモドキは
夜行性なので
通常は太陽光で
体を温めたりすることは
考えられないことで
野生のヒョウモントカゲモドキも
夜行性の習性を
持っています




加えて
インドホシガメは
高めの湿度を
好むのに対し
フトアゴヒゲトカゲは
乾燥気味の環境を
好みます




なので
爬虫類飼育の常識として
この三匹が
一緒のケージで
暮らすということは
考えられない
ことで





爬虫類専門の
有名ペットショップで
この三匹を
一緒に飼ってみたいと
相談したときは
「これだから素人は…」
といった調子で
失笑されたものです





個体差も
あるかと思いますが
三匹が
傷つけあうことなく
仲良く暮らして
もう半年ほどが経ち
(もちろん
三匹が暮らせるような
工夫もほどこしてます)

ヒョウモントカゲモドキも
昼間に起きて
太陽光で体を
あたためることもある

という
知られざる真実が
こんなところにあります




教科書に
書いてあることや
マニュアルのすべて
経験豊富な
熟達者が
必ずしも
正しいとは
限らない

こんなときに
思い出されるのが

「いろんな教義を
語る人がいるので
どれを信じればいいのか
わからない」
(現状の日本と
まったく一緒の状況ですね)



と困惑する
カーラーマの人々
ブッダ(釈迦)
説いたとされる
「カーラーマ経」と呼ばれる
10箇条の教えです




聞いたからとて信じることなかれ

語り継がれたこととて信じることなかれ

人々が噂をしていたからとて信じることなかれ

教本に引用されていたとて信じることなかれ

論理だけで信じることなかれ

推論だけで信じることなかれ

様相だけで信じることなかれ

自分の見方に一致するからとて信じることなかれ

説者が堪能とて信じることなかれ

師なりとて信じることなかれ





みなさん
最後に
おどろくべき文言が
記されていることに
お気づきでしょうか

そうなのです
ブッダは
「仏教」という
信仰組織の
トップに立ちながら

「わたし(ブッダ)のことさえも
信じてはいけない」

そう語っている
のです




「信じること」を基軸として
成り立っている
宗教組織にありながら
そんなことを語る
宗教家が
かつて他にいたでしょうか





ぼくが
ブッダという
実在したのかも
定かでない人物に
ある種の信頼を
置けるようになった
きっかけの
決定的な理由のひとつに
このカーラーマ経があります





カーラーマ経において
徹底的なまでに
信じることの
有害な側面

説いた
ブッダですが

では
果たして
すべての「信じる」は
否定されるべきもので
自らの
思念や観念から
完全に
駆逐されるべきもの

なのでしょうか?




明日は
その辺について
踏み込んでいきたいと思います




今日も
ありがとうございました





人気ブログランキング

イエスだってブッダだって、一人では何もできない

読者のえびはんさんから
こんなコメントを
いただきました



先月1週間くらい、なんだか何もかもうまくいかなくて、
何してもつまんなくて、何も食べたくなくて(食べてましたが)そんなことがあって、
どこへ向かって居るのかわからなくなったことがありましたが、
ここへたびたび来て、今はアースフルネスの視点を取り戻せつつあります。
わたしもいつか人を助けられたらいいな。
これからもたくさん悩むと思うけど、今はそう思います。





どこへ向かっているのか
わからない
そんなとき人は
こんなブログを
読む余裕なんて
なかなか
持てないと思います

娯楽や
趣味のための
ブログなら
何も考えず
ただ楽しむだけでよいのですが

ぼくのブログは
理性的に
「考える」ことを
うながされる
記事が
多いと思われるので

もし
なんにも頭に
入らないくらいに
気分が落ちているときは
みなさん
スマホは機内モードにして
体を休めてくださいね




もしくは
コメントから
その日の
愚痴を吐き出したり
悩みを打ち明けてくださっても
まったく構わないですし(^-^)

ぼくが
力になれるかどうかは
そのときどきに
よると思いますが

相手に伝わるように
アウトプットするという
行為そのものが
こころの整理に
直結します







ところで
えびはんさんから

わたしもいつか人を助けられたらいいな。

という言葉を
最後にいただきましたが

みなさんだったら
人を助ける人と
助けてもらう人

どちらの人に
なりたいと
考えますか?




好きなほうを
選べば
そのとおりに
なれるのなら
人に助けてもらって
生きるよりも
人を助けて
生きれる人になりたい


そう考える方のほうが
多いのではないでしょうか




確かに
歴史をたどっても
スポットを浴びるのは
いつだって
「助けた側」の人ですし
そっちのほうが
承認欲求や
存在意義を
満たしてくれるに
ちがいありません




ですが
実はここに
ひとつの大きな
「見落とし」
があります





なぜなら
「人を助ける」
という行為は
「助けられる人」
なくして
成立せず




すべての
「助ける」
「助けられる」は
「1」の世界ビジョン
読み解くなら
どちらの側にも
優劣がない
助ける側と
助けられる側との
「共同作業」
なのです




イエスだって
ブッダだって
ナイチンゲールだって
杉原千畝だって
例外ではありません
hqdefault_convert_20181006121154.jpg
出典:noriohayakawa.wordpress.com




困っている人
助けを求めている人が
目の前に
存在しなかったなら
上の四人は
説法をすることができず
看護をすることができず
ビザを発給することができず
自分の能力を
MAX100%
活かすことができません




覚者だろうと
そうでなかろうと
可もなく
不可もない
比較対象がない
無力な一人の人間でしか
なくなってしまう
わけです




言うまでもなく
ぼくもまた
ぼくの言葉を
必要としてくれる人が
いなかったなら
あまりにあまりに無力な
一人の人間です





「1」の世界においては
すべての優劣
すべての光と影が
フラットな関係性に
結びついてしまう

これこそが
縁起の真実なんですね






なので
「助ける側の人」になりたい
という
理想を抱きつつも
そうはなれない
他人任せで
受動的な
一人の人間もまた
「替えがきかない役割」を
まっとうしている

言うことができるのです




あえて
今日は
(誰もそんなことを
言う人がいないので)
「助けられる側」の人の
功績

記してみました




そうそう
「貸してやるのではなく使っていただく」 
信用組合理事長/山本明弘さんに見るアースフルネス

の記事でも
ご紹介した
山本明弘さんもまた
ビジネスという制限の中で
「助けられる側の人」の功績を
体感的に理解している
実践者だと思います






記事のきっかけをくださった
えびはんさん
ありがとうございました





人気ブログランキング

イエスとパウロの言葉に垣間見る「自己愛」の真実

ビジネスライクに
現代社会に
大量投入され
一神教的世界でも
多く連呼され
使いふるされた感がある
「愛」という言葉に
多くの人が
うさん臭さや
ニセモノ感を
感じてしまう
その理由は




2000年前に
イエス・キリストから
放たれた
ホンモノの「愛」
様々な有力者の
様々な思惑が
2000年かけて
こびりついた
「愛」
とが
まったくの
別物になってしまったことに
あるのではないかと
思うことが
よくあります




イエスが
伝えたかった「愛」は
2人称に
分断された
「神」と「人間」とのあいだで
神の見返りを
期待しつづける
「愛」ではなく

「神」と
「人間」とを
「絶対不可分」にした

「神」による
不断(永遠)の
汎在神的
「自己愛」

ではなかったのか



今となっては
イエスの真意は
確かめようがなく
聖書に
記された言葉の
どこまでが
イエスの言葉で
どこまでが
後付けされ
脚色されたものなのか
(あるいは
イエスすらもが
フィクションなのか)
もはやそれは
その言葉を読む人
おのおのに
ゆだねられている
わけですが




イエスの真意の
その断片

聖書の言葉の
「不可視な部分」
いまだに
刻まれているからこそ
キリスト教は
曲がりなりにも
いまだに
影響力を持ち
多くの人を
魅了してやまないのだとも
思えてきます




そんな聖書に
ぼくがもっとも
イエスの
透徹された
真意が
受け継がれたと思える
文書に
「コリントの信徒への手紙13章」
というものがあります
(聖書においては
初期キリスト教の信徒
パウロ
コリント人に向けて
書いたとされる手紙です)




女優の
満島ひかりさんが
脚光を浴びるきっかけとなった
園子温監督作
「愛のむきだし」
においても
鬼気迫る勢いで
読まれた
そのシーンは
映画史に残る
名シーンとして
コアな
映画ファンの記憶にも
強く
刻まれているかと思います
hqdefault_convert_20181002132434.jpg
出典:www.youtube.com



最高の道である愛

たとえ
人間の不思議な言葉
天使の不思議な言葉を話しても
愛がなければ
私は鳴る銅鑼
響くシンバル

たとえ
予言の賜物があり
あらゆる神秘
あらゆる知識に
通じていても
愛がなければ
私は何物でもない

たとえ
全財産を貧しい人に分け与え
たとえ
称賛を受ける為に
自分の身を引き渡しても
愛がなければ
私には何の益にもならない

愛は寛容なもの
慈悲深いものは愛
愛は妬まず
高ぶらず
誇らない
見苦しい振る舞いをせず
自分の利益を求めず
怒らず
人の悪事を数えたてない

愛は決して
滅び去ることはない
予言の賜物なら
廃りもしよう
不思議な言葉ならば
止みもしよう
知識ならば
無用となりもしよう

我々が知るのは
一部分
また予言するのも
一部分である故に
完全なものが
到来するときには
部分的なものは
廃れさる

私は
幼い子供であったとき
幼い子供のように語り
幼い子供のように考え
幼い子供のように
思いを巡らした

ただ
一人前の者になったとき
幼い子供のことは
やめにした

我々が今見ているのは
ぼんやりと鏡に映っているもの
そのときに見るのは
顔と顔を合わせてのもの
私が今知っているのは
一部分

そのときには
自分がすでに
完全に知られているように
私は
完全に知るようになる

だから
引き続き残るのは
「信仰」
「希望」
「愛」
この三つ

このうち
最もすぐれているのは
「愛」





イエスの真意を
受け継いだであろう
パウロですら
「一部分」をしか
知らない

そう語る
それ(愛)
この世における
裏切りや
こころ変わりや
生死によって
うしなわれるような
ちゃちなもので
あるはずもなく





「部分」を超えた
「完全なる愛」は
肉体を持ってしては
知覚不可能な
彼岸(0の世界)から
此岸(2の世界)までをも
つらぬく
不断(永遠)の主柱




そして
「自分がすでに
完全に知られているように」


「知る側のもの」とは
「0」の世界の
ビジョンにおける
知覚不可能領域
のことです




だからこそ
ぼくらは
パウロが語ったように
遅かれ早かれ
完全に
知ることになる
のかも
しれません

ぼくらの──
鏡越しではない
真実の姿を






昨日の記事
「自己愛」すべての人間に生えた見えない翼
にもとづきました


今日も
ありがとうございました





人気ブログランキング

アースフルネス「7」ビジョン

画像をクリックすると拡大します
ここをクリック

プロフィール

 友資

このブログの筆者: 友資


初めて訪問された方は、
初投稿記事
  「アースフルネス」とは? 前編
をクリックいただけましたら幸いです。

以下の
アースフルネス「7」ビジョンについての解説は、
哲学やスピリチュアルに馴染のない方は
難しく感じるかもしれません。
わからないところがあれば、遠慮なく質問してください。

  「2」の世界(因果の世界)についての解説
  「1」の世界(縁起の世界)についての解説 前編  後編
  「0」の世界(悟りの世界)についての解説 前編  後編

いずれもこのブログの
骨格を成す記事で、
このブログだけの「公理」でもあります。

ランキングに参加しております。

入力した語句が含まれる記事を探せます。

ツイッターもやってます。

直接に伝えたい用件がある方はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR