FC2ブログ

「豊かな死に方」を考えることは「豊かな生き方」を考えること

本日もお越しいただき
ありがとうございます


昨日の記事
人は「真なる受容」を求めて旅する生きもの 映画「レスラー」
映画評論家で
在米ジャーナリストでもある
町山智浩さんが
ツイッター上で
広げてくださったことをきっかけに
普段では考えられないような
反響があり
ありがたかったですね




宇多丸さんや
高橋ヨシキさん同様
今なお
その豊穣な映画評から
学ばせてもらっている
いちファンとしては
やっててよかったなあと
気持ちを新たにできた
うれしいできごとでした

つくづく
リアル人生ゲーム
何が起こるかわかりません





さて
今日の記事はというと
「死生観」について




高齢化社会の
現代にあって
日々
高齢者と接することを
くりかえしていると
多くの高齢者が
明確な死生観を
持つことがないまま
明確な思考能力が
うしなわれる年齢を
迎えている
現実に
遭遇します




そうなってからだと
自分の生活は
もちろんのこと
死生観までをも
身内の者や
介護支援専門員(ケアマネージャー)などの
解釈や判断に
身をゆだねるしかない
状況となり

ある意味
それはもう
「自分の人生では
なくなってしまう」ことを
意味します





スウェーデンもまた
日本と同様に
高齢化社会が進んでいて
認知症患者も
多くいるようなのですが
病状管理の権限が
医師にある日本に対し
スウェーデンでは
介護士に
その大きな権限が
与えられていて
介護士によって
高齢者に
本当に必要な助けだけが
くみ取られる
システムが
確立しています

swedenflagas_si_convert_20181026153740.jpg
出典:www1.cbn.com




しかも
驚くべきことに
スウェーデンにおいて
介護士は
「公務員職」
なのです




当然ながら
安定した収入を
得ることができますし
離職する人も
ほどんどいないかと
思われます




ぼくもまた
いち介護従事者ですが
日本の現状の
介護士の待遇との
雲泥の差には
驚きを隠せません




また
スウェーデンの高齢者は
子供などの親族と
一緒に暮らす
というケースが
ほとんどないそうなんですね
(それはそれで
ちょっぴりさびしいですが)




認知症の
高齢者でさえもが
一人暮らしをする方が
ほとんどで
高齢者の自宅を
介護士が巡回するか

あるいは
高齢者は
施設に入ることができて
その費用はすべて
国が負担してくれます




家族が
経済的負担を
強いられることはなく
「親の世話をするために
離職する」

というような問題も
起こるはずもありません

(スウェーデンの消費税率は
25%と高額なのですが
食料品や交通費は12%
書籍や新聞等などは6%と
軽減税率が
よく考えられて
できているようです)




スウェーデンの
施設では
とにもかくにも
本人の意思こそが
尊重されます





自由に
外に出ることもできますし
それで
事故に遭ったとしても
自己責任で
施設や
家族の監督責任が
問われることは
ないそうです




さらにスウェーデンでは
日本のような
「延命のための延命治療」という
不毛な延命治療は
施さない死生観が
しっかり根づいています





胃瘻(いろう)という
日本では一般的な
食べ物を
飲み込めなくなった人へ
直接胃に繋いだ
チューブから
栄養を送り込む
というような処置も
スウェーデンでは
当たり前にしないようです

なんと
スウェーデンで
胃瘻は
「老人虐待」に
あたる
のです




なので
スウェーデンでは
延命のための延命による
「寝たきりの高齢者」
おりません




国民が
一丸となって
介護する側も
される側も
寝たきりにならないよう
健康に配慮し
最善を尽くす





それでも
寝たきりになったら
それは
死を受け入れる時期が
来たのだと
いさぎよく受容する





そういう人生観や
死生観を
スウェーデン人は
持っているようなんですね





お年寄りの
誕生日に
「長生きしてくださいね」
言葉をかけることは
いまだに
通例とされ

ぼくの勤める
事業所でも
同様のメッセージを
寄せ書きすることが
通例ですが




現時点で
自分の力で
明確に
考えることができる
世代の人々は

ぼくたちは「健康になるため」に生まれてきたのか?
の記事にも通ずる
「健康」という
自己メンテナンス

日々
お世話になり
様々な体験を
もたらしてくれる
肉体に
丁寧に
ほどこしながらも




医療にまつわる
経済強者の
懐を肥やすだけの
「長生き」こそを
良しとする
「死生観」とはちがう




「長さ」ではない
「質」の死生観

アースフルな
ビジョンでもって
育むときなのかもしれません




いさぎよい
豊かな死に方を
模索するということは
そのまま
いさぎよい
豊かな生き方を
模索することに
ほかなりません
からね





今日も
ありがとうございました





人気ブログランキング
スポンサーサイト

目には見えないバリアフリーを施策する

本日もお越しいただき
ありがとうございます



これまで
介護の世界や
看護の世界では
認知症の方が
一人で外出したり
道に迷い
さまよう様子に対し
「徘徊(はいかい)」
という言葉が
あてがわれてきたのですが




認知症を抱える
当の本人から
その呼び方は
やめてほしいという
声があがったことで
自治体などで
「徘徊」という言葉を
使わない動き

広がっているそうです




アースフルに
多角的に
読み解くなら

認知症の方が
他者から見れば
うろうろと
同じ場所を
さまよっているだけに
見えているとしても
本人にしてみれば
目的に向かって
歩いているだけのこと
だからです




このことは
「障がい者」という言葉を
使うべきなのか
「障害者」とう言葉を
使うべきなのか
という議論にも
よく似ています




これらのことを
さらに高く(多角)
広い視点でもって
読み解くなら

同じあやまちを
くり返し
同じ感情や
同じ偏見にとらわれ
他人も
自分自身をも
傷つけることを
くり返し
ふたたび
同じ思考をさまよう
健常者もまた
ある意味では
「こころの徘徊者」
です




他者の
個性や特性を
認めることが
できない人や

偏見や思い込みで
凝り固まった人もまた
「多角」の潤滑油
メンテナンス不足とで
錆びつかせてしまった
その視点に
「障害」を持った人
ではないかと
言うことができるんですね





ぼくの家で
飼われている
鳥も
カメも
カエルも
トカゲも
カメレオンも
カタツムリも
魚たちも
貝やエビも
ミミズも
虫たちも
植物たちも

その土や
水に暮らす
目には見えない
微生物たちも




おのおのが授かった
肉体の
その特性や
個性のままに
導かれるがまま
ぼくという飼い主の
制限下ではありますが
勝手に
自分らしく
生きています




そして
おのおのの
その特性や
個性を理解し

ネットの情報や
専門書だけに
頼ることなく
直に
彼ら彼女らと
ふれあい
かかわりあいながら

加筆と修正を
くり返してゆくことで
ぼく(人間)の住まいで
彼ら彼女らと
共存する関係性は
どうにか
成立しています






人と人との
関係性も
つまるところは
同じ
だと
ぼくは思うんですね




加筆と修正を
くり返しながら
「人間肉体」という
同じ種類の
肉体を持った
相手を理解し
尊重しようという
ちょっとした努力と
思いやりが

健常者
障害者など
関係なく
思考やこころに潜む
バリアをフリーにし
アースフルな
多角的な視点は
形作られてゆき
本当の意味での
「みんなちがってみんないい」世界を
築きあげていく

そんな気がしてなりません
IMG_20181015_122246_convert_20181015123316.jpg






今日も
ありがとうございました




人気ブログランキング

「介護」の倫理基準は、理想的な人間関係の倫理基準にもなりえる

本日もお越しいただき
ありがとうございます


「日本介護福祉士会」
という組織が
定義する
介護サービスの
仕事における
「倫理基準」
というものがあります




以下は
(利用者本位、自立支援)
項目の抜粋です





1.
介護福祉士は、
利用者をいかなる理由においても差別せず、
人としての尊厳を大切にし、
利用者本位であることを意識しながら、
心豊かな暮らしと老後が送れるよう
介護福祉サービスを提供します。




2.
介護福祉士は、
利用者が自己決定できるように、
利用者の状態に合わせた
適切な方法で情報提供を行います。



3.
介護福祉士は、
自らの価値観に偏ることなく、
利用者の自己決定を尊重します。



4.
介護福祉士は、
利用者の心身の状況を的確に把握し、
根拠に基づいた介護福祉サービスを提供して、
利用者の自立を支援します。






この条文を
初めて読んだとき
ぼくは
「これ以上理想的な
他者との関わり方って
他にないかもしれないな」

思わず
膝を打ったものです





この条文の
本質を
できうる限り残した状態で
ぼくが
「人間関係としての条文」
書き換えたものが
以下のものです
(換えたところを赤くしてます)




1.
は、
他者をいかなる理由においても差別せず、
人としての尊厳を大切にし、
その人本位であることを意識しながら、
心豊かな暮らしと
その後の人生が送れるよう
関わります。



2.
は、
他者が自己決定できるように、
他者の状態に合わせた適切な
言葉や行動を選びます。



3.
は、
自らの価値観に偏ることなく、
他者の自己決定を
尊重します。



4.
は、
他者の心身の状況を
可能な限り把握し、
根拠に基づいた
言動や行動を選んで
他者の自立を支援します。






決して
簡単なことではありませんが
高齢者にかかわらず
性別にかかわらず
立場にかかわらず
子供でも大人でも
目の前の人が
その人らしくあれるための
「最善」
この四つの条文のなかには
秘められているような
そんな気がして
なりません





現時点での
自分の手札と
相手が持つ
現時点での
手札のなかで
その相手の持ち味を
フルに活かせる道筋を
サポートできるような
言葉なり行動を選ぼう

という考え方もまた
きわめて
「アースフルネス的」です




なぜなら
アースフルネスは
誰しもに
その人だけの「事情」があり
その人だけの「言いぶん」があり
その人だけの「人生」があることを
読み解き
受け容れる
スキルでもあるからです

読み解き
受け容れた
そのあとであれば
相手に対する
批判の言葉や
否定意見は
「当初予定していたものとは
まったくちがう
建設的なものになる」
可能性が
ぐっと引き寄せられます





理想の人間関係の
指針
として
この介護福祉士会の
倫理基準は
世界共通の
平和的シンボル

なりえる可能性すら
秘めていると
思えてきますね




今日も
ありがとうございました



screen-shot-2016-01-14-at-9-15-37-pm-616x440_convert_20180830135409.png
出典:www.factmag.com
ケンドリック・ラマーは
この倫理基準を
気に入ってくれるかしら





人気ブログランキング

「自分」は常に、自分の仕事を見ている一番目のお客さん

本日もお越しいただき
ありがとうございます




ぼくの普段の仕事は
介護福祉士です




サービスを提供する
対象者は
主に
認知症を抱えながら
身体機能や
運動機能の
低下や病など
様々な負の要素が
複雑に結びつきあって
自分一人だけでは
生活していくことが
困難になった高齢者と

仕事や
家庭内の事情で
高齢になった家族を
託さざるをえなくなった
その下の世代の
家族です





やりやすいスタッフや
やりにくいスタッフとも
どうにか連携しながら
理想と妥協
そして
労力と対価の
狭間のなかで

手を抜こうと思えば
際限なく
手が抜ける仕事ですし
手を加えようと思えば
際限なく
手を加えようがある仕事です




ですが
つまるところ
どんなお仕事だって
そうなんですよね





そして
どんな仕事であっても
行き着く先には
「人間のための仕事」
しかないことが
アースフルなビジョンでは
見えてくることになります





漁業だって
獲った魚を
人間に食べてもらうための
お仕事です

町工場の部品メーカーだって
人間が使う道具のための
全体の一部を形作る
そんなお仕事です

生きものを
駆除したり
保護する仕事も
人間の価値基準による
人間のためのお仕事です

プロスポーツ選手だって
観戦することを
夢を見させてくれることを
楽しみにしている
人間に対する
人間による
人間のためのお仕事です




ここでさらに
まあるい地球が
見えるところまで
高い地点から
フォーカスしてみましょう





すると実は
ぼくたち人間には
究極的な
「サービス提供対象者」
存在することが
見えてくることになります




その相手とは──
「自分」です




自分は
「自分」であるのと同時に
「他人」でもあるんですね


なぜなら
ぼくら人間は
「自分」を
100%自由に
コントロールすることができません

「明日」の自分のことを
「今日」わかることができません

100%「自分」のすべてのことを
理解することができません


よって
8月3日の記事にも記した
人は自分のことさえも最期までわからない
という真実を
どうしたってぼくらは
認めざるをえないのです




そんな
「自分」というお客さんが
誰よりも
自分のお店を
一番ひいきにしてくれる
こころから
笑顔になってくれる

自分が
生き生きと
笑って仕事ができれば
その笑顔は
他のお客さんたちにも
水面に落ちた
水滴の波紋のように
どこまでもどこまでも
波及していくのかもしれません

water_efficiency_Long_Beach_Blue_program_convert_20180816201224.jpg
出典:www.energymanagertoday.com




そうは言っても
仕事は
キレイごとばかりでは
いかないことのほうが多いし
口ではなんとでも
キレイごとを
言えてしまうわけですが

それでも
ほんのひと握りの
ちゃちな理想でも
せめてそれだけは
落とさないように
にぎりしめ
たとえ落としてしまったとしても
押し寄せる人波に
それを踏みつぶされないように
かがんで守る

そんな仕事が
できたらいいなあと
そんなことを思う
夜勤明けの朝でした





今日も
ありがとうございました





IMG_20180818_104539.jpg
ずんだシェイクより美味いシェイクはないだろうと
本気で思う




人気ブログランキング

アースフルネス「7」ビジョン

画像をクリックすると拡大します
ここをクリック

プロフィール

 友資

このブログの筆者: 友資


初めて訪問された方は、
初投稿記事
  「アースフルネス」とは? 前編
をクリックいただけましたら幸いです。

以下の
アースフルネス「7」ビジョンについての解説は、
哲学やスピリチュアルに馴染のない方は
難しく感じるかもしれません。
わからないところがあれば、遠慮なく質問してください。

  「2」の世界(因果の世界)についての解説
  「1」の世界(縁起の世界)についての解説 前編  後編
  「0」の世界(悟りの世界)についての解説 前編  後編

いずれもこのブログの
骨格を成す記事で、
このブログだけの「公理」でもあります。

ランキングに参加しております。

入力した語句が含まれる記事を探せます。

ツイッターもやってます。

直接に伝えたい用件がある方はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR