FC2ブログ

アイヌと沖縄 中野「チャランケ」祭りに見るアースフルネス

本日もお越しいただき
ありがとうございます



予定通り
昨日は
中野チャランケ祭り
足を運ぶことができました

IMG_20181103_172232_convert_20181104133150.jpg

まずは迷わず
オリオンビール↓
IMG_20181103_172543_convert_20181104133202.jpg




最北アイヌと
最南沖縄の文化が
同時に味わえる

なんとも贅沢な時間
IMG_20181103_173727_convert_20181104133228.jpg
IMG_20181103_173743_convert_20181104133243.jpg




アイヌの歌舞(ウポポ)
沖縄のエイサー
宴もたけなわになると
自然に人が
舞台の方に
集まっていって
輪になって
踊り始めたので
ぼくも混ざって
しばし時を忘れながら
その輪に
身を任せました
IMG_20181103_175503_convert_20181104133257.jpg
IMG_20181103_180213_convert_20181104133308.jpg





アイヌのウポポを
伝承する活動をする
アイヌルトゥムテさんたちの
ムックリ演奏
圧巻でしたね
IMG_20181103_182251_convert_20181104133330.jpg



昨今
音楽業界で流行の
ボイスエフェクト
彷彿とさせました
※昨日の演奏のものでなく
ごめんなさい







リーダーの女性の
いななくような
けれどもあたたかい
生命の躍動を
感じる歌声も
たまらなく
心地よかったです



アイヌ文様も
たまらなく好きです
世界各国
宗教でもなんでも
神を象り
表現しようとしたものって
どうしてこう
素敵なんでしょうね
ainu-660x350_convert_20181104135820.jpg




どちらかというと
ぼくら大和人
沖縄の文化のほうに
接する機会が
多いのですが
もっと
アイヌの文化も
広く
認知されるようになると
いいですね




個人的には
特に食に力を入れて
広めていくことが
一番浸透しやすいように
思います

視覚や聴覚は
選り好みが
出やすいものですが
食べることは
どんな人も
みんな大好きですからね



ところで
チャランケとは
ヒップホップと縄文とアイヌ、そしてアースフルネス 前編
の記事でもお話したとおり
神との直談判と
人間同士の調停

つまり
「話し合い」を
意味する言葉
ですが

なんの因果か
沖縄にも
「チャーランケー」という
言葉があるようで
そこには
「消してはいけない」という
意味があるそうです




神との
そして
人間同士での
「話し合い」の場を
「消してはいけない」





アイヌと
沖縄とで
ひとつの意味に
繋がりましたね




人と人とが
顔を合わせる時間が
減少していっている
こんな時代だからこそ
誰しもが
人と人との
間にある
人間にとって
もっとも普遍的とも言える
大事な行為を
絶やしてはいけないことを
ふたつの文化は
必然的に示すべく
25年前に
出逢った
のかもしれません




25周年という
このお祭りが
来年再来年と
繋がっていきますように




今日も
ありがとうございました

本日17時まで
中野チャランケ祭りは
開催しております





人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

ささげくんさん

ささげくんさん、コメントありがとうございます。

歴史の中に共通項を見つけることって面白いですよね。
点と点を線で繋げていくみたいで。

ぼくも日々、様々なことから勉強させていただいてます。

なんの因果か 沖縄にも 「チャーランケー」という 言葉が

>アイヌと沖縄とでひとつの意味に繋がりましたね

〇なんの因果か沖縄にも「チャーランケー」という言葉が

 なるほどです。
 やはり、沖縄とアイヌ、出発は同じ民族で、それが言葉に残っている。今回も勉強になりました。
 草々
非公開コメント

アースフルネス「7」ビジョン

画像をクリックすると拡大します
ここをクリック

プロフィール

 友資

このブログの筆者: 友資


初めて訪問された方は、
初投稿記事
  「アースフルネス」とは? 前編
をクリックいただけましたら幸いです。

以下の
アースフルネス「7」ビジョンについての解説は、
哲学やスピリチュアルに馴染のない方は
難しく感じるかもしれません。
わからないところがあれば、遠慮なく質問してください。

  「2」の世界(因果の世界)についての解説
  「1」の世界(縁起の世界)についての解説 前編  後編
  「0」の世界(悟りの世界)についての解説 前編  後編

いずれもこのブログの
骨格を成す記事で、
このブログだけの「公理」でもあります。

ランキングに参加しております。

カテゴリ

入力した語句が含まれる記事を探せます。

ツイッターもやってます。

直接に伝えたい用件がある方はこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR